読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

米国の解体業者、グーグルマップのミスで辿りついた別の家を取り壊すの巻(爆)

ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/61338164@N02/14656102374

photo by haru__q

グーグルマップにミス、解体業者に自宅壊される 米 (CNN.co.jp) - Yahoo!ニュース

前日以前に現場の下見ぐらいしっかりしろよ(呆)

ニューヨーク(CNNMoney) 米テキサス州で昨年、竜巻により自宅が損壊する被害に遭った女性が、今度は解体業者に誤って自宅を完全に破壊される憂き目に遭っていたことが26日までに分かった。解体業者は米検索大手グーグルの地図サービス「グーグルマップ」を使い誤った住所に誘導されていた。

 解体予定の住宅があったのはテキサス州ローレットのクストー通りだったが、グーグルマップは1区画離れたカリプソ通りの女性の自宅に作業チームを案内した。女性によると、解体業者は住宅の番地や角地の立地、竜巻による損傷を確認していたが、通りの名称の確認を怠っていたという。

 女性はCNNMoneyの取材に、「(グーグルマップの)ミスで家を失った」と話した。

グーグル社は電子メールでグーグルマップの誤りを認めた。原因を調査中としている。同社の広報担当者によると、今回の2軒の住所はグーグルマップ上で同一の場所(7601カリプソ通り)に表示されていたという。報告を受けてすぐにこれを修正したとしている。

グーグルマップは衛星からの情報と空や地上から撮影した画像やデータを組み合わせ、地図を表示。修正リクエストを受け付けるなどして地図を最新の状態に保っている。

ただ、解体する家を間違えるのとパーティーに行く家を間違えるのは大きな違いだ。地図技術よりも業者の確認不足が問題だったとみられる。女性は解体業者の経営者夫妻と会い、謝罪を受けたと語った。

 解体予定だった住宅も近く取り壊されるという。

そりゃ米軍も空爆で「誤爆」するしな。アバウトなのは国民性か?(-_-;)

たぶん米国の空軍が戦闘機で中東とかかつてのユーゴとかを「誤爆」した時もこんなノリだったんだろうな。「おい、なんでこんなとこに中国大使館があるんだよ」「いっけねえ。3年前の地図データ使ってた」とかで(失笑)。

ン億ドルかけて作った最新鋭の戦闘機ですら地図ミスやヒューマンエラーで誤爆する(それがうっかりなのか半ば確信犯なのかは知らんけど)わけだから、無料のグーグルマップなんかあてにしてると(以下略)。

さて解体業者はどう弁償するんだろう?

これがグーグル相手だったら「話は全て裁判所へ」とかになるんだろうね。さすがに「ごめん、間違えちゃった(てへぺろ」じゃ済まないしなあ、これ。

もちろん日本のお役所だったら謝罪や弁償よりも先に広報担当が「再発防止策を(反省も謝罪もするとは言ってない)」のお題目を唱えるのがお約束なんでしょうが(-_-;)

Destroyer

Destroyer

 
うっかりペネロペ ひとりでできるよ編 [DVD]

うっかりペネロペ ひとりでできるよ編 [DVD]