読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】7回無失点で孤軍奮闘してた五右衛門の頑張りを、中継ぎ投手が思いっきり「ぶち壊し」ちゃって…。

千葉ロッテ

スポンサーリンク

036-ishikawa-goemon-xiii

ロッテ石川、7回87球0封も首に張り出て無念降板 - 野球 : 日刊スポーツ

五右衛門が7回までどうにか完封ペースで孤軍奮闘してたのに、中継ぎが2イニングで9点も取られて試合ぶち壊し、という試合でした。

※あ、例によって冒頭の画像と本文はあまり関係ありません(をい)

<ロッテ0-9楽天>◇29日◇QVCマリン

ロッテ先発の石川歩投手(28)は、7回5安打無失点だった。防御率は1・69となり、再びリーグトップに立ったが、打線の援護がなく11勝目は逃した。

  3イニングで先頭打者を出し、リズムに乗れなかった。それでも、得点圏に走者を背負ってから踏ん張った。降板後は「今日は調子自体はあまり良くなかったのですが、キャッチャーの田村がうまくリードしてくれました。先頭打者に打たれてランナーを出してから、何とか粘ることができ、試合を作ることは出来ましたが、もう少し長く投げなくてはいけないですね。すいません」とコメントした。

  首の左側に張りが出たため、87球で降板した。状態については「大丈夫です」と、次回登板への影響は否定した。

うーん、内がいない現状では厳しいんかもしれないが、2軍に「1イニングぐらいだったら任せろ」的な活きのいい奴はいないのか。

打撃陣もだがな。

ロッテ・伊東監督、打撃不振で3連敗に「ちょっと重症」 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

ま、毎年1度は「こういうこと」が来るんですけどね、ここのチーム。

(パ・リーグ、ロッテ0-9楽天、14回戦、ロッテ9勝5敗、29日、QVC)

ロッテは得点圏に5度走者を進めながらホームが遠く、3連敗となった。3試合続けて1点以下と打撃不振が続き、伊東監督は「ちょっと重症。なかなか突破口を開けない」とさえない表情だった。

 今季安定感抜群の益田が八回に2点を失い、九回は5四死球が絡んで7失点。監督は救援陣を責めず「点が取れないから、投手も我慢できなくなる。中継ぎに重圧がかかってくる」と敗因を打線に求めた。

相手の投手のピッチングが良かったのもあるんですけど、まあ打てねえ打てねえ。五右衛門があんだけ0点に(しかも7回で100球行かないような形で)抑えてるのになあ…。

そういえば昨年はこの時期、7連敗の後の7連勝とかで勝率5割をキープしてたような記憶があるんですけど、トータルで見れば上出来なシーズンなのかもしれないけど夏場にズルズルって感じも否めないので、やはり抜擢と再調整を兼ねた1-2軍の入れ替えは適時必要なんでしょうね。打撃陣も投手陣も。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ