読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

永六輔氏が亡くなったのか…。

雑談

スポンサーリンク

Tokyo - Tokyo Tower at Sunset

永六輔さん死去…放送作家・作詞など多方面活躍 (読売新聞) - Yahoo!ニュース

こないだTBSのラジオ番組が終わったばかりだったんですが…。いきなりすぎて絶句しましたわ。

草創期のテレビ界で放送作家として活躍し、「上を向いて歩こう」をはじめ多数のヒット曲を作詞するなど多方面で才能を発揮した永六輔(えい・ろくすけ、本名・永孝雄=えい・たかお)さんが死去したことが11日分かった。

  83歳だった。

  東京・浅草出身。10代の頃のNHKラジオへの投稿がきっかけで放送作家の道へ進む。ラジオや草創期のテレビ番組に携わり、1961年から66年まで放送されたNHK「夢であいましょう」などの人気番組の脚本を書くかたわら、自らも番組に出演し、独特の早口なしゃべりで人気者になった。

  作詞家としては、中村八大さんが作曲し、水原弘さんが歌った「黒い花びら」が59年に第1回日本レコード大賞を受賞。以後も中村さんとのコンビで「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」「遠くへ行きたい」などの国民的ヒット曲を送り出した。

個人的には作詞家や放送作家…の側面よりも、ラジオパーソナリティのイメージが強くて、つい先年までTBSラジオの午前中のワイド番組を長く続けておられていて、仕事が休みの日や家にいる日、車を運転してる時は、午後の久米宏氏の番組とワンセットで聞いてたんすけどね毎週…(その頃は土曜日の番組以外では全国を回って講話とかをされていたそうで、旅噺を楽しく語られてましたね)。

ただ、近年は喋りのロレツが回らなくなったりしていて、アシスタントの人が代わりに喋ったりしてたので、御年なのかなあと思ってたら、番組が終わり、夕方の時間帯に移動されて、その番組もこないだ終わったばかりだったんですが…。

「大沢悠里のゆうゆうワイド」での永さんの番組もそうでしたが、小沢昭一さんも亡くなられて久しいし、今では毒蝮三太夫氏が健在ですけどマムちゃんももうすぐ80歳ですしね…。こうして昭和、平成初期が少しずつ遠くなっていくんですね…。

で、大橋巨泉氏も長く入院されているそうですし…。うーん、いきなりすぎてびっくりしましたわ。

f:id:tony_togo:20160711141806j:plain

↑NHKのニュースサイトでも「速報」が出ておりました。

 

何より長い人生、お疲れ様でした。ご冥福をお祈りいたします。