読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

自県の甲子園代表校に「1回戦負けしろ」と言い放った県議どのの弁明で、更に泥沼化してたの巻(爆)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

選抜出場校に怒鳴った県議釈明 「負けるぞという趣旨」:朝日新聞デジタル

昨日の記事の続きになります。

www.muroktu.com

馬鹿だねえ。頭下げるなんてタダでもできるんだからさっさと頭下げちゃえばいいのに(失笑)

第88回選抜高校野球大会に初出場した滋賀学園の送迎バスに大声で怒鳴った滋賀県の吉田清一県議=自民党=が31日、県庁で会見し、「私が『1回戦負けをしろ』と発言したとする一部報道は事実と異なる。こんなことをしていたら1回戦で負けるぞという趣旨だった」などと釈明した。

 学園側の説明では、大会開幕前の16日、選手らが県庁であった激励会を終え、県庁西側の議会棟玄関前に停車したバスに乗り込んだところ、吉田県議が運転席に「誰の許可を得てん」「初戦で負けてしまえ」などと怒鳴ったという。停車したのは県教委が指示した場所だった。

 吉田県議は停車場所が駐車禁止という認識があったとし、「議員の一人として注意せねばあかんと思った」「発言がどのように伝わったかは心配している。誤解された面があるとしたら大変残念」と述べた。吉田県議は6期目で自民党県議団の代表を務める。

昨日、知り合いのブロガーさんに引用されておりまして。

最近はありがたいことに増えたのですが、以前からのはてなブロガーのお友達はあまり多くないんですが、結構前から交流のあるsakiさんがこんな記事を書かれてました。

honeysuckle.hatenablog.jp

「うわー、地元だったんすか、あなた。」と、思わず同情を禁じえず。

で、思わず、

そしたら、sakiさんのコメントが凄かった。

 ま、マジすか(;゚д゚)

出身地が全国でも有名な金権選挙の区で(苦笑) 

もっとも、私が子供の頃に住んでいた千葉県成田市界隈も、昔の衆議院の中選挙区では、全国屈指の金銭選挙で有名だったエリアだったんだそうで、その名も、

金権2区

なんつー凄いあだ名がついてたスキャンダル満載な選挙区(旧・千葉2区。エリア的には成田・佐倉界隈から佐原・成東・銚子のあたりまででした)でして、それこそ物凄い剛腕な政治家が多かったらしいですね。毎回、選挙違反で誰かしらの運動員が警察のお世話になったり、警察があちらこちらを探りを入れるという話は有名だったようです。

今日は「よど号ハイジャック事件」が起きた日なんですが…

ついでに書くと、奇しくも今日が3月31日が、その事件が発生した日だったそうですが…昭和45年に起きた日本初のハイジャック事件「よど号ハイジャック事件」で、人質と交換によど号に乗って「男・山新」「身代わり新治郎」などと全国に名前が知られた、当時の運輸政務次官の山村新治郎という議員もここの選挙区でした。てか、うちの親父の地元・千葉県佐原市(現在は千葉県香取市)の出身で、実はうちの親父の高校の大先輩にあたる人なんだそうで。

※ま、北朝鮮に行って生きて帰ってきたのに晩年は自宅で身内に刺殺されるという最期だったんすけども(汗)

まあ叩き上げはアクの強い人が多いもんですよ。

育ちの良い世襲議員は別にしても、今は減ってしまいましたが、村議・町議・市議・区議から都議・県議、更に国会議員とステップアップしていった議員さんは大概、アクの強い人ってのが相場みたいですね。 例えば地元の商店のオヤジとか、土建屋のワンマン社長とか。地元の商工会や商店街の利益誘導を目的に擁立されたような議員さんは概して、アクが強いもんですね。そうじゃないと利害関係者が入り乱れる地方行政の世界の中で、自分ひとりの問題ではないわけですから。

でも「ここで頭を下げられる」という人が有能な人だ、と。

ただ、「頭の良い」、もっといえば「その上の世界(この場合は国会議員を主に指しますかね)」にまで昇れる人は、とにかく柔軟なとこは柔軟で、「自分の立場はどうなってるのか」というのを計算できるしわかっている人である、という点も。つまりは冒頭に書いた「頭を下げるのはタダだし」で、頭を下げられる。もっといえば「火消しがうまい」というのもやはり「能力」である、と私は思うわけですけどね。それは「3年先の自分を見据える」とか「ここで自分がこのような言動をしたらどうなるか」とかをしっかりわかっている人であれば、有権者は見放さないでしょう。でもその逆は…というのが、この議員さんとか、暴言・妄言を繰り返すような輩のような各種議員さんの根本的な問題なんでしょうね。

この人だって有権者には頭を下げるでしょう?(皮肉)

でも、この人だっていくらなんでも選挙の時は有権者に頭を下げてるんでしょう?元がどんな傲慢なワンマン社長だって、自民党が莫大な資金と組織票を持っているからといったって…ねえ。

まあ昔の政治家だと、戦後貴族院がなくなり、全議員が衆議院ないし参議院で選挙に出るようになって以後は、「もともと外務省出身で外交官生活が長く政治家になる気はないが頼まれて総理になっちゃった」吉田茂と、「もともとは警察官僚出身で読売新聞社のワンマン社長だったが政治家にも転身した」正力松太郎だけは、「ワシは国の為に動くんじゃ。有権者なんかに頭は下げん」と公言して選挙スタッフを困らせてたらしいですけどね。それでもなんとか当選し続けてたんだから凄いけど(爆)

そして知名度だけは全国区になって、最後は謝罪することになるんでしょうけどね。ネットやニュースをナメてると大変な事になるのはここ数年で何人も経験してるのにねえ(失笑)。 

泥沼劇場(2)

泥沼劇場(2)

 
泥沼はどこだ―言葉を疑い、言葉でたたかう

泥沼はどこだ―言葉を疑い、言葉でたたかう

 
泥沼流人生相談―あなたの人生に「実力」をつける本 (Nesco books)

泥沼流人生相談―あなたの人生に「実力」をつける本 (Nesco books)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ