読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

志賀高原の某ホテル窃盗事件。前の学習塾合宿の時の事件も同一犯だったらしい…

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

逮捕の男 同じホテルの去年の事件も認める供述 | NHKニュース

こないだの記事の続きですね。

www.muroktu.com

結局、この前に起きた、

www.muroktu.com

この事件も同じ犯人だったそうで…。ま、そうだろうな、とは思いましたけどね。

ことし1月、長野県の志賀高原にあるホテルで、高校生およそ170人の財布などを盗んだとして、このホテルの元アルバイトの男が逮捕された事件で、男は去年8月に同じホテルで学習塾の生徒およそ340人の財布などが盗まれた事件についても、「自分がやった」と話していることが警察への取材で分かりました。

長野県山ノ内町の建設作業員、高山憲一容疑者(47)はことし1月、数年前までアルバイトをしていた志賀高原のホテルサニー志賀で、スキー合宿に来ていた川崎市の高校生およそ170人分の財布などの貴重品490点余りと現金合わせて101万円を、保管されていたフロントから盗んだとして、7日に窃盗などの疑いで逮捕されました。

警察によりますと、このホテルでは去年8月にも、東京の学習塾の合宿で訪れていた中学生およそ340人の財布やスマートフォンなどが盗まれる事件があり、警察が関連を調べていましたが、高山容疑者がこの事件についても「自分がやった」と話していることが警察への取材で分かりました。

また、高山容疑者の自宅からは、学習塾の中学生のものとみられる財布など数点が見つかっているということで、警察は持ち主の確認を進めるとともに、高山容疑者が以前勤めていたホテルを狙って、盗みを繰り返していたとみて調べています。

そりゃ(「元」も含めて)内部犯行だろうな、とは思ったけどね。

でも不思議なのはホテル関係者が「辞めたあいつは怪しい」とか思わなかったのにね。こんだけ「手癖」が悪い奴だったら、在職中に何らかのことを「やらかして」でもおかしくないとは思うんだけど…。

ま、辞めたのが数年前だったし、「まさかこんな志賀高原の山の上まで盗みに来るとは」って感じだったんだろうかね。

で、気になるのは「どう持ちだしたか」だよね、これ。

だって財布1つ2つじゃないわけですしね。それこそテレビアニメや古いドラマの泥棒みたいな物凄く大きな風呂敷、とか、サンタクロースのような大きな袋とかじゃないと、モロバレじゃないすか。それに保管庫のある部屋からどうやって裏口まで抜けたのとか、とか。まあ保管庫のある部屋からダイレクトに外に出られれば話は別だけどね。

あとはセキュリティの問題だよね、と。

一度ならずとも二度まで「盗まれた」ホテル側の管理責任もちょっとアレだしね。保管庫の暗証番号が実はそのままだったとか、もしくは保管庫がある部屋への出入りが自由だったとか(犯人がマスターキーを盗んでスペアキーを作ってたとか)、そこらへんのわきの甘さは否めないんすけどね。

いずれにしてもわざわざ志賀高原にまで来て数百人分のブツを盗むとは…しかも一度ならずとも二度まで。よっぽど内部事情に精通してた上に「あそこはカモだ」と思われたんだろうな。

ちなみに早稲田アカデミーの時は塾側が責任を感じて全額弁償したそうなんですが、高校のスキー合宿の時はどうだったんだろう…学校側が全額弁償したのかねえ?

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

 
怪盗グルーの月泥棒 [DVD]

怪盗グルーの月泥棒 [DVD]