読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

つーか、いかにも「ゴルゴ13」でありそうな話だな<ロシアのドーピング問題の幹部抹殺(汗)

ツッコミ スポーツ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/15379067@N06/4133489575

photo by Xoan Baltar

ロシア 反ドーピング機関の関係者 相次ぎ死亡 NHKニュース

つーか、はてなブックマークのコメントに「おそロシア」って書こうと思ったら、同じことを考えた連中があまりにも多数いて「おお同志!!」と思いつつも止めた(爆)

ロシア陸上界の組織的なドーピングが問題になるなか、ドーピング検査などを行う機関の関係者2人が、今月に入り相次いで死亡したことが分かりました。

この問題は、WADA=世界アンチドーピング機構の第三者委員会が、ロシア陸上界で組織的なドーピングが行われていたと認定したもので、このうちロシアの反ドーピング機関は、抜き打ち検査の日程を選手に漏らすなど、規則違反をしたと指摘されています。
こうしたなか、この反ドーピング機関は15日、地元メディアに対し、元幹部のニキータ・カマエフ氏がモスクワ郊外で死亡したことを明らかにしました。
カマエフ氏は前日の14日の午前中からスキーを楽しんでいましたが、突然、体調不良を訴えたということで、一部のメディアは死因は心臓発作だと伝えています。
この機関を巡っては、2010年までの2年間、組織のトップを務めたビャチェスラフ・シネフ氏も今月3日に死亡していて、関係者2人が相次いで死亡したことになります。
ドーピング問題でロシア陸上競技連盟は国際陸連から資格停止処分を受けていて、ロシアの陸上選手はことし8月のリオデジャネイロオリンピックに出場できないのではないかという懸念の声も出ています。

なんかいかにも「ドーピング検査の日程を選手に漏らした」元幹部が「スキーを楽しんだ後に突然体調不良を訴えて死ぬ」ってのが、ソ連→ロシアらしいというかなんつーか、秘密警察とか国家保安委員会みたいなカーゲーベーだのゲーペーウーだのが一枚も二枚も噛んでいて(以下略)

なんかゴルゴ13では定番っぽいパターンだなと(爆)

ま、ロシアは怖いのは、こういう「ドーピングの責任者」みたいなのを抹殺するのと同じように「真相解明に挑む」ような組織の人も、朝、ごみの日に生ごみを集積場に捨てにいくかのように「軽いノリで」抹殺しかねねえってのが凄いなと(;゚д゚)

実際にゴルゴ13であった話としては、東ドイツのドーピングの責任者に、狙撃する相手が頑丈な窓のない刑務所の中にいて、外からだといくつかの条件が重ならないと10時間に1度ぐらいしかない狙撃のチャンスに対してずっと同じ姿勢で銃を構えて無くてはならない、というシチュエーションで、瞬発力は減るけど持続力が増すような筋肉増強剤を作らせてそれを実行した、という話はありましたけどね。「36000分の1」というタイトルの話でしたかな。

ま、旧ソ連も含めて新旧の社会主義国系はそれこそ五輪とかで「国家の威信」をかけてドーピングやらをやってきただけに奥は相当深そうですわ。

↑アニメ版では第45話、1時間07分25秒のあたりからです。 

ゴルゴ13 (Volume94) マークのリクエスト (SPコミックスコンパクト)

ゴルゴ13 (Volume94) マークのリクエスト (SPコミックスコンパクト)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ