読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【断腸亭日常】昨日今日とはてブでコメントをつけたぐらい、興味深かった記事をご紹介してみたり、と。

断腸亭日常

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/95978841@N00/2062169740

photo by bibicall

いつもだとニュースへの短信ツッコミが中心の「断腸亭日常」なんですが、昨日今日と、はてなブックマーク経由で「いやあこれはおもしろい記事だなあ」とコメントまでつけちゃって、その後いろいろと好奇心につられてしまい(?)調べものをしてしまったほど、「おもしろかった・興味深かった」記事をご紹介したいと思います。

1.昔「近畿グレートリング」というプロ野球チームが…。

「変態」大学おさらば 近大が英語名変更 でも直訳は…:朝日新聞デジタル 「変態」大学おさらば 近大が英語名変更 でも直訳は…:朝日新聞デジタル

「へー、Kinkiはスラング的にアウトなんだー」って初めて知りましたわ(爆)。

で、ふとこんなことを思い出してはてなブックマークのコメントに書いてしまいました。

そうか進駐軍は「グレートリング」も笑ってたけど、「キンキ」も笑ってたんだなと。 つーか、そもそも南海、だめだろこのネーミング(誤爆)。

※ちなみにこの時の「グレードリング」の意味は、南海電車の列車の動輪・鉄輪をイメージしてたそうです。

あと、昔、女優の加賀まりこの、「加賀まりこ」という発音がスペイン語かポルトガル語で「オカマがトイレで大きい方をする」というスラングと同じ発音である…ってのを聞いたことがありますね。確かクイズダービーの問題で出たような記憶が…。 

2.昭和64年の存在が平成生まれにとっては…。

「わずか1週間の昭和64年が存在していた」というまとめページが話題に「平成生まれにとっては驚きなのか……」 - Togetterまとめ 「わずか1週間の昭和64年が存在していた」というまとめページが話題に「平成生まれにとっては驚きなのか……」 - Togetterまとめ

私自身、機嫌が物凄く悪いと「そんなことも知らねーのか、バカ」と、全く歯牙にもかけない記事になりがちなんですが、むしろ逆にこういう記事が立ったことが妙に印象に残り、いろいろと読んでしまった次第でした。

私は昭和49年生まれなので昭和天皇が崩御した時が中学2年生でしたが、まあ28年も時間が経てばそりゃジェネレーションギャップもあるよねえって感じ。昭和49年の28年前って、昭和19年。まだ戦時中ですもの。そんぐらいの時間の長さはありますしね。

むしろその世代間の差とか、単なる無知…かどうかは判断するのはあれだけど、「そういう見方をする人がいるのかあ」という点では非常に興味深いです。「明治は遠くになりにけり」とは中村草田男が残した名言ではあるけども、「昭和も遠くに…」ですしね。昭和で言えば今年は「昭和91年」だそうですから。

www.muroktu.com

↑以前、昭和元年も昭和64年も7日間しかなかったという記事を書きましたが…。 

ま、個人的にはこれを見て、

とブックマークにコメントを書いちゃったくちでしてね(爆)

でも佐野眞一氏の「ドキュメント昭和が終わった日」なんかでは、平成生まれの若者が「へえー、昭和天皇って男性だったんですか」と発言して筆者が本当にびっくりしたってエピソードも出てるぐらいなんで、まあそんなもんなんでしょうね。

3.私は根っからの人間性悪説論者でして…。

やらぬ善よりやる偽善とか言うけどさ - Punk&Game やらぬ善よりやる偽善とか言うけどさ - Punk&Game

ま、昔、具体的には小学生の頃から、根っからの人間性悪説論者かつ偽善者だと自認してる私からすると、「うーん、やはり危機管理マニュアルは必要だよね。でもそれですら超越するような天災が起きることもままあるけどなー」って感じなんすね。

てなブックマークのコメントを書いちゃったんですけどね(苦笑)。

ちなみに私自身はこれを拝読しまして、昔、国語学者の金田一春彦先生が、バブル期に当時の竹下内閣の園遊会に招かれた際に、こう発言したのを思い出したんすね。というか、忘れられない一言なんすけども…。

「今の日本は文化が発展している。天平文化や元禄文化など我が国の歴史上で文化が発展したのはその殆どが悪政が敷かれた時代。現在の文化発展は政府による悪政のおかげ。」

ちょうど折しも世間ではリクルート事件が発生して竹下内閣の支持率が当時導入されたばかりの消費税と同じ3%まで落ちた頃だったんすけどね…。ま、当時これを聞いて「本当にうまいことを言うなあ」って感じでしたね。

4.「東日本大震災発生時時の首相は菅直人でしたが、では関東大震災発生時/」

日本政府が東日本大震災にどう法的に対処したかに関する米国連邦議会図書館の調査報告 - Togetterまとめ 日本政府が東日本大震災にどう法的に対処したかに関する米国連邦議会図書館の調査報告 - Togetterまとめ

で、これを見た私は、

てなことを調べて呟いてみたりと。意外にリツイートがついちゃって逆に「へえー」的な感じになりましたね。つまりは冒頭の「関東大震災発生時の日本の総理は誰?」に続くだろう問題の正解は「(先代の加藤友三郎が一週間前に死んじゃって)いない」になるという次第で。

で、補足的に書いたのが、

この「紛糾しました」は勿論冗談ですが、↓の話です。

www.muroktu.com

でもこうして相棒たる米国が客観的なデータを残してくれてるのはありがたいですね。どうしても日本だと客観的なデータを残す文化がないもので。どこかにフィルターが入って話が歪むのは言霊思想とかいろいろと歴史的事情もあるんでしょうね。 

あと予備知識的に書くと、関東大震災の時は総理の臨時代理が立っている状態での発生だったんで、山本権兵衛が総理に就任する時に天皇(当時は大正天皇は病気だったために摂政皇太子が代理だったそうです)拝謁の内閣親任式は停電真っ最中の宮中でロウソクの火が照らされる中で行われたとか。

それと山本権兵衛は総理になるのはこれが実は二度目で、最初は大正初期に大正政変で倒閣した桂太郎の後継で就任したんですが、海軍の汚職事件「シーメンス事件」で倒閣されてしまい、今回の2度目の就任も、この3か月後に、のちの昭和天皇、当時の摂政皇太子が国会に向かう途中に虎の門の前でテロリストに襲撃される、いわゆる「虎の門事件」でやはり総理辞職に追い込まれる…という、日本の歴代総理の中でも唯一「2度の総理就任が、2度ともスキャンダル・事件の引責で辞任に追い込まれる」という稀有なほど運が悪い総理大臣だった…というエピソードもあったりするわけですね。いやはや(大汗)。

たぶんこの次に運が悪いのは…やはり「総理になりたくてなりたくてなりたくて」みたいな感じでやっとこ総理になったのに、東日本大震災を喰らってしまい大いに評価を下げた菅直人氏なんでしょうな…。人はやはりその人の持つ人徳とかも(以下略)

最後に。 

でもこうして「話が広がる」ような記事は総じて好きですねー。勿論「意見には個人差があります(byさだまさし(謎))」的なのは前提ではありますが。

ぶっちゃけ、単なるPV狙いの中身の薄いライフハックやノウハウ系、明らかに狙っている安っすい炎上芸人的な記事…なんかよりも、私自身はこういう、たまには自分とは意見が異なることもあり、ちょいと極論もスパイス的に混じった「その人の意見・パーソナリティが垣間見える系」の記事は大好きですね。いやはや、勉強になりました。

このような「断腸亭日常」も、また機会があればぜひぜひ。ではまた。

ドキュメント 昭和が終わった日

ドキュメント 昭和が終わった日

 
南海ホークス栄光の歴史―1938ー1988 (B・B MOOK 847 スポーツシリーズ NO. 717)

南海ホークス栄光の歴史―1938ー1988 (B・B MOOK 847 スポーツシリーズ NO. 717)

 
ことばの歳時記 (新潮文庫)

ことばの歳時記 (新潮文庫)

 
亡国の宰相―官邸機能停止の180日

亡国の宰相―官邸機能停止の180日

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ