読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

思うに2kgの「隠しモーター」って、走るにはかなり重いと思うんだけどな…<自転車レースのインチキ騒動

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

<シクロクロス> レース用自転車に「隠しモーター」を仕込むことは可能? (THE PAGE) - Yahoo!ニュース

以前書いた記事の話の続き…なんすけども。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

どうも昨晩来、これらの記事(特に前者)のアクセスがやけに多いなあと思ったら、こんな記事がヤフーに載ってましたわ。 

ベルギーで今年1月開催されたシクロクロス世界選手権で、女子の「U-23」に出場していたファンデンドリーシュ選手(ベルギー)が使用していた自転車から、小型モーターやバッテリーが発見されたことが報じられました。

  シクロクロスとはオフロードの周回コースで行われる過酷な自転車競技。コース内には自転車を担いで階段を駆け上がるような障害物も設けられています。当然、選手たちは徹底的に軽量化された高性能な競技用自転車を使用しています。はたして、そんな自転車に外見ではまったくわからないような電動アシスト機構を仕込むなどということが可能なのでしょうか。日本国内最高のロードレースとして知られる『ツアー・オブ・ジャパン』大会ディレクターの栗村修さんに聞きました。

市販品を使用していた?

 栗村さんによると、自転車レースの世界では、電動アシスト機構を使用することを「メカニカル・ドーピング」と呼び、2010年頃からロードレースやシクロクロスの競技で使用している選手がいるのではないかと疑いの声が出ていたようです。ヨーロッパではすでにシートチューブにモーターを仕込むタイプのものなどが市販されていて、今回も「おそらく市販品を使用していたのではないかと思われる」とのことでした。

  『VIVAX ASSIST』というオーストリアメーカーのウェブサイトを確認すると、モーターの出力は約200ワット。バッテリーを含めた重さは2キログラム弱で、1時間ほど電動アシストを使って走ることができるようです。ちなみに、自転車競技の選手が自らの肉体から絞り出す「出力」は「6時間走るレースで平均250ワットくらい(瞬間最大出力は1400~1500ワット=約2馬力)」といわれています。モーターの出力をたとえば50ワット程度に抑えたとしても、極限のレースにおいては大きな差が生まれることは明らかです。

  今回の問題で、当事者のファンデンドリーシュ選手は「メカニックが間違って友人の自転車を準備してしまった」と弁明しているようですが、栗村氏は自身のブログで「突っ込みどころが満載すぎてまったくもって言葉がでません……本当に恥ずかしいです」と切り捨て、「モーターを仕込んでまで勝とうとする行為は自転車競技を根底から否定する行為で、断固として許すことはできません」と憤慨しています。

  また、ヨーロッパなどでの大会では「以前から高周波探知機などを使った検査が行われていた」そうですが、最近では「リム部分にマグネットを仕込んでホイールそのものをモーターにしてしまう新型のシステムが存在しているということが自転車競技界の『都市伝説』になっている」といいます。そして、「そうしたシステムによる不正は、現在の検査システムでは発見できないだろう」と指摘。さらに『ツアー・オブ・ジャパン』など日本での自転車レースでは、ヨーロッパのようなメカニカルドーピングの検査は実施されていないという点も、栗村氏は懸念しています。

スポーツサイクルの電動化は時間の問題

 競技に電動アシストを使用するのは言語道断。とはいえ「一般向けのスポーツサイクルに電動アシスト機構が普及していくのは時間の問題」で、すでに時代の流れになっていると栗村氏。実際に、ヤマハが2015年の年末に発売した電動アシスト付きのスポーツサイクル『YPJ-R』は、「ロードバイクに電動アシスト?」という疑問の声がある一方で、電動アシストがあるおかげで気軽にロングツーリングが楽しめると人気になっているそうです。

  ただし、ヨーロッパで市販されている『VIVAX ASSIST』のように、後付けで電動アシスト機構を装着する改造タイプのものは日本ではまだ市販されていないようです。都内の電動アシスト自転車専門店に電話で尋ねてみたところ、「何か事故が起きたときに責任が持てない」ので、「今後も輸入や改造の受注などは考えていない」とのことでした。

  本気の競技で使えてしまう性能を持ち、外見的にもスマートな電動アシスト機構が手軽に買えればヒットしそうな気もしますが、『VIVAX ASSIST』の値段は標準タイプで2858ユーロ(約36万円)。ヤマハ『YPJ-R』の定価が税込みで約25万円なので、コストパフォーマンス的にも改造タイプは割高感が否めません。健全にサイクルスポーツを楽しみたい一般ユーザーとしては、メーカーが完成品を市販してくれる『YPJ-R』のようなスポーツタイプの電動アシスト自転車のバリエーションが増えるのを待つのが賢明かもしれません。

なんかもう「説明不要」ってなぐらい簡潔にまとまっていて、もう自分が言いたい事のほとんど書かれているので「ボクもそう思います(完)」で終わりにしてもいいぐらいの記事でして(をい)。

ただ「2kg」の重さは結構レースに支障きたすと思うけどね?

競馬のレースなんかでもハンデ戦では斤量、つまりはジョッキーが重りを装着して馬に騎乗してレースに挑むわけですけど、400-500kgもある競走馬をしても、その数キロの差は結構でかいもので、ましてや体重が60-80kgぐらいの自転車のプロ選手がいくら「走るのが楽になる」かもしれないけど、その重さを思うと、本当に2kgの隠しモーターって意味があるんかなあ…ってのが最大の素朴な疑問なんですよね。あくまでもペダルをこぐもので、勝手に走ってくれる原付じゃないんだから。勿論、バレた時のリスクも。落車転倒→モーターの部品が散らばって!!みたいな。

ましてや以前も書きましたけども、トップ選手になるとスポンサーやメカニックなどが専担で付いて、その選手の体格や、手足の長さなどでオーダーメイドで自転車を作ってもらってそれに乗る、というのがほぼ常識ですしね。そもそも世界選手権クラスのレースで市販の自転車なんか乗ってんじゃねえよ!!ってツッコミも禁じ得ないわけですが。そこらへんはどうなんだろうねえ。

昔の高橋名人の「逮捕説」の後日談を思い出した(爆)

で、思い出したのが、小学校の頃、本当に学校で噂になったのがファミコンの高橋名人の逮捕説の話。いわく「16連射のボタンにバネが仕掛けてそれがバレて逮捕された」云々と。「お前、ファミコンなんかやんないぐらい優等生だったろうが」みたいなまじめ少年の同級生が神妙な顔して「こういう話を(他の小学校の)塾の友達に聞いたんだけどさー」と運動会の練習の最中に話をしてたのを思い出しますわ。確か小5-6の時だから…昭和60-61年とかそこらへんの話ですけどね。もう30年前の話なのか。早いもんだ。今から思うとそれが全国区で噂が流れていた、と聞いて、「子供の口コミって怖いわー」って改めて思いましたけどね。

ちなみに、実際に高橋名人はその話を聞いて「それはおもしろい」と、試しにコントローラーにバネを入れてみたら「むしろバネが重くて16連射なんか無理」っていうオチがついた、という後日談もあったそうで…なんかこれと同じオチになりそうだ(苦笑)。

高橋名人 ソングコレクション ~16連射20TH ANIVERSARY~

高橋名人 ソングコレクション ~16連射20TH ANIVERSARY~

  • アーティスト: 高橋名人,宇宙ヤング with 高橋名人
  • 出版社/メーカー: サイトロン・デジタルコンテンツ
  • 発売日: 2005/10/05
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 62回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る
 
公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間 (ファミ通ブックス)

公式16連射ブック 高橋名人のゲームは1日1時間 (ファミ通ブックス)

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ