JR中央快速線の「2020年にグリーン車導入」計画が数年ほど延期されるそうで…。

スポンサーリンク

JR東「中央線グリーン車」計画延期 駅工事に時間、開始時期見通せず(SankeiBiz)

中央快速線…と共に導入される予定の青梅線沿線に住んでる身としては「あと3年で全駅のホーム拡張工事がほんとに終わるんかいな?」と懐疑的になってたとこだったんで、特段、驚きはないのだが…それでもちょっと残念かなと。

JR東日本が、2020年度を目標に進めている中央線快速電車(東京-大月)へのグリーン車導入計画を延期することが23日わかった。現在の10両編成を12両化することに伴う駅工事などに想定以上の時間を要すると判明したため。首都圏の主要通勤路線のうち唯一グリーン車がない中央線での「着席サービス」開始は21年度以降にずれ込む。

 同社は15年2月に同計画を発表。全快速電車の東京寄り4、5両目にグリーン車(定員約200人)を増結し、青梅線(立川-青梅)にも直通させる予定で、投資額は数百億円に上る。

 快速が停車する44駅のホーム延長工事などの詳細設計を行ったところ、御茶ノ水駅のバリアフリー化工事と干渉することや、江戸城の遺構調査など文化財保護対策に時間を要することがわかった。「5年も遅れることはない」(冨田哲郎社長)見通しだが、いつサービスを開始できるかはわからないという。

 中央線のラッシュ時の混雑率は188%。国土交通省の交通政策審議会は「180%以下が望ましい」としているが、抜本対策となる三鷹-立川間の複々線化計画は、3000億円に上る費用確保が壁となり進んでいない。

スポンサーリンク

まああと3年では無理だろうなあ。

記事にもあるように、中央線快速の車両を10→12両にして、前の4-5号車をグリーン車にするという話だったんで、おそらく現在の中央線ホームで12両編成に対応してるのは、特急の「あずさ」「スーパーあずさ」の停車駅であり、すでに最大12両編成に対応している東京・新宿・立川・八王子、あとは快速のグリーン車が来るという中央本線の大月駅ぐらいだろうから(しかも新宿の場合は特急のホームと快速のホームが分離されてるから実質上、東京、立川、八王子、大月だけという説も)、残りの全駅と、更に青梅線の全駅を4両分ホームを拡張するのはなかなか大変な作業なんだろうねえ…と思ってた矢先のこのニュースでしたから。

※ついでに調べてみたら、「あずさ」は通過するけど「かいじ」が停まる三鷹駅は最大で11両までしか停まることが出来ないのでやはり拡張工事をする必要があるんだそうです。

それと記事にも書いてありますが、現在、御茶ノ水駅がバリアフリー化とかの大規模工事中なんですね。あの駅は元々のホームが細長くて狭い上に、一方が神田川、一方が駿河台の崖の上で果たしてどうやって工事するんだろうと思ってたら、神田川の上の水道橋寄りに物々しい足場とかを作ってそこに重機を置いたりして作業してまして、「うわー、これは随分と手間の掛かった工事だ」といつも電車で通るたびに驚いてたので、まああれとバッティングするんだったらしょうがないのかな…と思っているところです。

いざとなったら立川から特急に乗っちゃう私が(大汗)

朝夕の通勤でここの路線は使ってないので、やはり通勤で中央快速線に乗ってるお客さんからするとこの半端ない混雑率、人身事故が起きやすい安全性とかを考えると「もうちょっと「うまい」やりようはないのか?」って言うツッコミも禁じ得ないんですけどね。特に代替路線がないに等しい、西八王子、豊田、国立、武蔵小金井とか東小金井の沿線住民からするとねえ。青梅線の場合は中央線が止まったりした時は立川からの直通運転を中止にしたり、拝島から西武線、立川からモノレールという代替手段がある分、まだ幾分マシ、なんでしょうけどね。

で、それをとりあえず横に置いといて(苦笑)、個人的な願望だけで語らせてもらえば、まあ中央線快速のグリーン車があると青梅線直通の青梅行きや河辺行きを狙ってそれに乗ってのんびり帰ってこれるっていう「ありがたい」のはもちろんなんですが、いやあ新宿止まりの「かいじ」「あずさ」「スーパーあずさ」を全部とは言わないけど更に半分ぐらい東京駅まで延伸してくれねえかなあ?っていうのもたまに思うんですけどね。上野東京ラインで常磐線の快速や特急が東京駅・品川駅のあたりまで来るようになったみたいに…。

まあ前にも書いたんですが、新宿駅は快速のホームと、特急用のホームを分離していてその場で清掃が入って20-40分ぐらい待って折り返しで、という事ができるんですが、東京駅は快速も特急も同じ1-2番線になるんで折り返しでそのまま20-40分待って東京駅始発で松本行きや甲府行き…とかにできなくて確実に回送列車になるから、まず無理なんでしょうけどね。

ただ、去年あたりからでしょうか、立川で中央特快に乗り換える回数が「増えた」ような気がします。15分に1本ぐらいの割合で中央特快の便が増えたような気がするんですね(それに加えて青梅線から来る「青梅特快」もありますし)。昼間の立川→新宿間だと、まあ立っていてもそれほど苦ではないですし。あとはたまたま立川で青梅線ホーム→中央線ホームで乗り換える時にやってきた「かいじ」「あずさ」「スーパーあずさ」に510円投資して乗り換えちゃうってことも。私自身、あの路線でいちばん苦手なのが三鷹→中野間、特にいうと吉祥寺駅のとこが混みすぎてて辛くなるので、そこを510円投資して回避できるだけでもありがたいなー、なんて。たぶん三鷹以東の住民になるとしたら、中央快速線は使わずに、総武緩行線の各駅停車で「のんびり」三鷹から始発で座っていくんでしょうね。

それと最近は生活の知恵、というのか、上りの青梅特快に乗る際には「(比較的すいている)一番前の車両の、進行方向左側のドア横」に立つ習慣ができましたので…。これだと、進行方向左側のドアが開くのが、自分が乗る牛浜駅を起点にすると、中神・東中神・国分寺・新宿「だけ」なんですね(始発の青梅駅を起点にすると、河辺と小作(おざく)駅もそうらしいんですけど)。で、新宿でお客さんがうまく入れ替わるんで無事に東京駅までの約15分は座れることになるんですけども。これが下りになると不思議なもので左右の開くドアの割合が半々になってしまうんですが(苦笑)。

※最近は時間的に急いでない時は中野まで総武・中央緩行線or地下鉄東西線でのんびり座って、そこから中央線快速へ…という事が増えました。または夜に帰宅する際には東京駅始発の21:45発の「かいじ」に乗ってのんびり立川まで、とか。

2年前にもこのニュースを取り上げたことがありました。

ここのブログでも2年ほど前に記事で紹介したことはあったんすけどね。

で、この当時にこんな事を書いてました。

仕方ないので、行きは中央特快・青梅特快で比較的改札から遠い1両目に乗ったりとか(立川で座れることもあるが、ドア横に立ち続けるにしてもゆったり立てるから楽だったりする)、立川から510円ぐらい投資(?)して「あずさ」「かいじ」に乗ったり、拝島から始発で座れて寝ていける西武拝島線を使ったりとか。江戸川区とか城東地区から帰る時は東西線で中野まで出て、そこから特快乗ったりとか…をしてたので、これで東京駅から悠々と青梅行きの快速で、グリーン車に乗ってのんびり帰ってこれますわ。

まあ数年後だからその時まで毎月1回程度、城東地区でやっているクイズサークルが続いてるかどうかは知りませんが(自爆)。

ま、その「城東地区でやってるクイズサークル」は今も続いてるんですが、私自身は辞めちまったからなあ(苦笑)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク