読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】中日に3連勝できたのは幸い…で、今日から「我が家では緊迫する」巨人vsロッテ3連戦へ(泣)

千葉ロッテ

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160531114559j:plain

ロッテ二木5勝目「最終的に10勝になれば」 - 野球 : 日刊スポーツ

昨日もJ Sports 2でちょこちょこと見ておりました。まあまさか中日相手に3連勝するとは正直思ってませんでしたが(大汗)

<日本生命セパ交流戦:中日1-3ロッテ>◇16日◇ナゴヤドーム

 ロッテ二木康太投手(20)が、5回1/3、7安打1失点で5勝目を挙げた。

  1-0の4回に1点を失い同点とされたが、味方が5回に2点を勝ち越し、勝利投手の権利を得た。ただ、6回1死から松井佑に二塁打を打たれ降板。そのため「最低でも、あとアウト2つ取って次の投手へつなぎたかった」と反省した。それでも、自身3連勝で、目標の2ケタ10勝の半分まで来た。5勝5敗と成績も五分に戻した。「10勝というより、1つでも貯金をと考えて、最終的に10勝になれば最高ですね」と話した。

見た感じ、ヒットは打たれてた(7安打だったそうです)が、最終的には点を殆ど取られずに済んでたもので、四球が少なかったのと、低め低めをうまーく突いてたのが良かったですね。てか、ロッテ打線はこんなに点を取られたりしたら早々とリカバーできるチームだったのか(をい)。

「欲を出して2ケタを狙って欲しい」/伊東監督 - 監督談話 : 日刊スポーツ

今のとこ、ロッテの先発ローテが右投手しかいないのは気になるんすけどね。

<日本生命セパ交流戦:中日1-3ロッテ>◇16日◇ナゴヤドーム

 中日打線を5回1/3、7安打1失点に抑え、5勝目を挙げた二木についてロッテ伊東勤監督のコメント。

  「いい時、悪い時もある中で5勝。これからは欲を出して2ケタを狙って欲しい」。

  マーリンズのイチローが日米通算4257安打に到達したことについては「米国に行っても自分の野球スタイルを貫いたことを誇りに思う。(現役時に捕手として対戦し)調子が良い時は、どこに投げても打たれた」。

ルーキーの関谷と3年目の二木が2ケタ勝ってくれるとソフトバンクに追いつくのは厳しいかもしれませんが、2位にはかなり余裕をもって滑り込めそうな気がしますな…。ついでにいえばこの二人で今年の新人王争いをしてくれれば。

で、我が家的には緊張感溢れる巨人対ロッテ戦に(泣)

【巨人】坂本「いい気もらえた」長嶋さん傘寿祝い弾 : スポーツ報知

そして今日から巨人戦というわけで。我が家としては嫁さん一家(大の巨人ファン)vs私(ロッテファン)の戦いが(自爆)。

◆日本生命セ・パ交流戦 巨人10―7楽天(16日・東京ドーム)

 巨人が主将の一発でシーソーゲームを制し、勝率5割に復帰。2位に浮上した。1点を追う8回1死二塁、坂本が逆転の14号2ランを左翼席にたたき込んだ。先発の大竹寛が3回途中5失点KOされるなど、投手陣が楽天打線に4発を浴び7失点する苦しい展開だったが、打線は1番・橋本到が4安打を放つなど、今季最多タイの18安打でカバー。3カードぶりの勝ち越しで、交流戦は貯金1とした。

 打った瞬間、スタンドをオレンジ色に染めたファンが総立ちになった。坂本はその場で、左翼席に飛び込む打球を見届けた。「前の打席で打つことができていなかったので、チャンスで一振りで仕留めることができて良かったです」。1点を追う8回1死二塁、青山の難しい内角直球を完璧にとらえ、逆転の14号2ラン。ここぞの場面で試合を決める。千両役者ぶりは、まるでミスターだった。

 この日、長嶋茂雄終身名誉監督の傘寿(80歳)を祝うイベントが実施された。本人も観戦に訪れ、6回表前にはスタンドから手を振り、場内は大盛り上がりだった。遊撃の守備位置からその光景を見ていた坂本は、ミスターのほうへ一礼すると、両手で自分の頭を仰ぐようにして御利益を授かっていた。「ショートから吸い取っていたんですけど。いい気をもらえました」。2月のキャンプでは右足の太ももを10回タッチされ、軸足で打つように指導されていた通りに一発を放った。

 この日、マーリンズのイチローがメジャー記録を更新する4257安打をマーク。達成の瞬間やニュースなどは見られなかったが「4000何本ですか?」と目を丸くしていた。一発の前の4打席は凡退し、先発野手で唯一の無安打。「スコアボードを見ながら自分だけヒット打ってないなあとさみしい思いをしていました」。最後の最後で試合を決めた。

 試合前には楽天ベンチを訪れ、同じSSK社のバットを使うオコエと初対面。「まだ1年目やろ? それであれだけ振れたらすごいね」と褒め、ルーキーが打撃フォームについて質問すると、スイング時の左半身の使い方などをアドバイス。かつて自分がミスターやイチローに憧れたように、有望な若手に目標とされる存在になった。

 今季最多タイの18安打で4月27日阪神戦(甲子園)以来の2ケタ得点。勝率を5割に戻し、2位に浮上した。お立ち台でキャプテンは「野手みんながチャンスで打てない、打率が低いと言われていますが、もっともっと頑張ります」と声を張り上げた。

で、スポーツナビさんを見たら予告先発が↓

f:id:tony_togo:20160617075446j:plain

いやしゃれになんねえな<エース涌井(;゚д゚)

つーか、菅野は防御率0点台かよ(泣)。涌井の2.59だって決して悪い数字ぢゃないんだけどな。でも0.59で2敗ってことは自責点0や1で負けてるってことか…。

ある意味で似たもの同士の対決とも言えるんだけど、ヘタすると投手戦になったら6時試合開始なのに早々と8時ぐらいに試合が終わりそう。つーか、他の先発陣の時みたいに打撃陣、涌井に援護を頼むよ。相手が相手だから厳しいかもしれないけどさー(´-ω-`)

…しかしどうしよう。あまり晩飯喰いながらG+見つつ、ロコツに一喜一憂するわけにもいかないし。一歩間違えたら家庭争議が勃発するわ(をい)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ