読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【千葉ロッテ】千葉市長曰く「QVCさんには道路標識の交換の為の費用とか違約金とか請求する考えだけどね」と。

千葉ロッテ 雑談

スポンサーリンク

QVC Marine Field

ロッテ本拠地新スポンサー獲得に自信、球場命名権で千葉市長語る ― スポニチ Sponichi Annex 野球

先日の記事の話の続きになります。

www.muroktu.com

千葉市の熊谷俊人市長は28日の記者会見で、プロ野球千葉ロッテマリーンズの本拠地千葉マリンスタジアム(千葉市美浜区)の命名権を得ている通販番組運営会社「QVCジャパン」が契約解除を申し入れたことについて、「関心を寄せている企業はある」と述べ、新しいスポンサー獲得に自信を示した。

 市によると、命名権を持つ企業が変わると道路標識の交換などで1千万~2千万円の費用がかかる。市はこうした費用や違約金をQVCに請求する考えだ。

 熊谷市長は「これまでいただいたお金で球場の環境が改善されたことは感謝している。市が損害を被らない形で問題を収拾したい」と強調した。

とのことで。

これは千葉市長殿。「話が違う」って困惑してるなー。

えーと、この前の記事の話でも少し書いたんですけど、

www.muroktu.com

↑の記事でも少しだけ書いたんですが、QVCマリーンフィールド=千葉マリンスタジアムの所有者ってのは千葉市なんですね。

ただし、厳密には、土地は県立公園(県立幕張海浜公園)の中なので地主は千葉県なもので、球場の管理業務は千葉市・千葉県、そしてロッテ球団が出資している第三セクターの「株式会社千葉マリンスタジアム」が業務管理を受託して、運営管理は指定管理者として千葉ロッテ球団が請け負っている…という関係なんですね。

「QVCさんのおかげで球場も整備できたから勿論感謝はしてる。けど、これは困るわー」ってとこなんでしょうね。

街中の看板や道路標識の交換だって必要だし…。

画像検索で探してみたら、↓例えばこんなのがあるそうで…。

f:id:tony_togo:20160728204557j:plain

お借りしてきました。元はこちらのブログさんの記事の写真のようです(多謝)。

まあこれだけじゃなくて街中にある「←QVCマリーンフィールド 0.5km」みたいな標識などもそうなんでしょうね。確かに「いきなり」言われたらそりゃ困るわ、千葉市も。だってあそこのスタジアム、ロッテの試合だけじゃなくて、高校野球の千葉大会とか、ロックフェスティバルの「サマーソニック」とかでも使われてるわけで。

ついでに書くと、QVCジャパンさんが毎年払ってたのは2.75億円。これの10年契約だったんですが、6年目限りでそれを「やめたい」とのことで。それを折半してもらってた(1億3750円ほど)ロッテ球団からしても痛いけど、やはり折半してもらってた千葉市からしてもこれは痛いんでしょうな…。千葉市も財政難でしたから。

で、千葉市長の「道路標識とかを替えるのだってタダじゃないんだし」との意見。さすがに2.75億円ほどにはならないにしても、果たして協議の末に、QVCさん払うかなあー。

実は「違約金の取り決めが無かった」らしい…。

そこで違約金とかの契約はどうなってたんだろうか…と思って調べてみたんですが、

QVCが千葉マリン命名権の契約解除申し入れ - 野球 : 日刊スポーツ

7/21付の日刊スポーツの記事では、

千葉市によると、QVCは2011年3月から20年11月末まで、市とロッテに計2億7500万円を毎年支払う契約で命名権を獲得し、千葉マリンスタジアムは「QVCマリンフィールド」の愛称で呼ばれてきた。

  同社から今年6月、「知名度の向上など一定の成果を得た」として契約解除の申し入れがあった。契約には違約金に関する規定はないという。

とのことで。…いやあこれは揉めそうだ(大汗)。てか、次の命名権を得た企業さんと契約を結ぶときは、違約金の規定等は想定して書いといてねって感じなんすけどね(苦笑)。

あとは2010年の時に「選ばれなかった」企業さんにも失礼ですしね。

この前の記事で、私はこんなことを書いたんですが…。

でもQVCジャパンからすると過去の5年とちょっとの間に、千葉市やロッテ球団との間でいろいろあったんかもしれないしね。そこはなんとも言えないですな…。

もしくは、テレビショッピングでたまーにQVCのそれを見かけるんですが、やはりちょっとロッテ戦に見に来るようなお客さんが買うような年齢層とは違うようで(苦笑)。zozoタウンとかだったらまだわかるんですけどね(考えて見ればここの運営会社も幕張でしたな…)。

すんません。調べたら、2010年末に公募に応募したのが4社ありまして、そのうち、選ばれなかった3社の中にZOZOタウンを運営するスタートトゥディさんが含まれておりました。

で、Wikipediaの「千葉マリンスタジアム」の項目はこんな記事も。

選定から漏れたスタートトゥデイの前澤友作代表取締役は結果に関し「当社、僕自身の地元愛がなんら揺らぐことはございません」と引き続き地域貢献策を進めるとし、選定が決まったQVCジャパンに対しては「一緒に幕張を盛り上げましょうね」と共闘を誓い、その上で前掲の「千葉マリンスタジアム基金」にふるさと納税制度を利用して寄付した旨を表明した。

いや、ロッテ球団&千葉市、今すぐ頭下げてこい(号泣) 

そういえば前に、横浜国際競技場(日産スタジアム)の命名権では、当初、日産自動車が5年間で総額23億5千万円で契約したんですが、日産の経営悪化で一旦は契約更新断念→同じ金額で他の企業を募るが名乗り出ず→年間1億5000万円に引き下げる→日産が再公募に名乗り出て再契約…って経緯があったんですね。で、現在も日産自動車が命名権を保持してる状態なんですけどね。

いやあもし、改めてスタートトゥディさんにお話が回ってきたら、「2億7500万のとこを2億5000万円ぐらいで…」とか、少しは値下げ交渉をしても文句は言われないと思うけどな…。そしたらその分をレプリカユニとか、グッズとか、アパレル系とかを全てZOZOタウンに委託するとか、もしくはコラボするとか、お互いロッテ球団とはWin-Winの関係を模索してほしいと思うんだけどね。

そこはロッテ球団も千葉市も「一度落とした企業さんにはさすがに…」と、プライドがあるから厳しいかなあ…。そしたら親会社のロッテがポンと億単位のビッグマネーを出すしかないねえ。そこらへんはいろんなアイデアを出してくる辣腕の球団社長が千葉市との橋渡し役でどう間に入って動くかだな、と思うんですけどねー。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ