読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

【VF甲府】2016年のキャプテン・副キャプテンが決定しますた。

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

数日前にこんな記事をアップしたんですが…。

www.muroktu.com

で、例年2月上旬に発表されるんですけども今年も例にたがわず(?)、ヴァンフォーレ甲府のキャプテン・副キャプテンが発表されました。

www.ventforet.jp

この度、2016シーズンにおけるチームのキャプテンと副キャプテンが決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。
  なお、山本選手は2009シーズンから8シーズン連続のキャプテンとなります。

◆キャプテン
 DF 4 山本 英臣 選手
  コメント:
  今シーズンもキャプテンを務めさせてもらいます。VF甲府として、再び新しい歴史を作る年に信頼してもらったことが光栄ですし、やりがいを感じています。プレッシャーはありますが、また皆に助けてもらいながら頑張ろうと思います。

◇副キャプテン
 FW 10 クリスティアーノ 選手
  コメント:
  副キャプテンに指名してもらい光栄です。皆が尊敬し合い、良い信頼関係を築けていけるように皆の手本になれるようにします。

  MF 8 新井 涼平 選手
  コメント:
  今シーズン副キャプテンを務めさせて頂きます。若手とベテランを繋ぐパイプ役となり、行動や姿勢で表現出来るように頑張ります!

8シーズン連続キャプテンってのは凄い(汗)

というわけで、山本英臣キャプテンが

8シーズン連続でキャプテン

…という次第になりました。いやあ私は自宅にスカパーを入れたのが2009年でして、甲府の試合をほぼ毎試合見始めた年からずーっと甲府は「山本キャプテン」ですわ。その年からメインで応援してるチームが浦和→甲府に替わったんですけどね。まさに精神的支柱、つーか、代わりになる選手が誰もいねえってのが凄い(大汗)。でもさ、例えば大学のラグビー部でいえば、キャプテンってよりも「監督」の任期年数ですもん、8年って(爆)。

※大学ラグビーの監督でいえば、明治の北島忠治御大や、早稲田の大西鐡之祐先生、関東学院の春口廣先生のようにそれこそ数十年・半世紀単位で監督を続けられた方も何人もいらっしゃいますけどね。

で、副キャプテンの人選がまた興味深い。

去年は阿部翔平・畑尾大翔両選手が副キャプテンだったんですが(なるほどだから山本キャプテンが怪我で欠場してる時はアベショーが、アベショーも欠場してる時は畑尾がキャプテンマークつけてたのか…って今さら気づくな<ヲレ(爆))、今年の副キャプテンは、柏から戻ってきたクリスティアーノ選手と、ボランチやCBを守れる新井涼平選手が就任、ということになりました。

いや、これは結構「おもしろい」人選だなあ(笑)。

というのは、クリスティアーノは2年前は前線でいい仕事をする反面、相手の守備網ががっちり守られた時は味方を使わずに結構強引、というかかなり無茶に攻め込んでチャンスをつぶしてた感が強かったのと、新井涼平の場合は、いい仕事をする時は物凄くいいんだけど、アレな時はアレ、という「好不調の差が激しすぎる」選手でもありましたので。ひどい時は「おい、お前前半戦、全くテレビに映ってねえぞ」的なこともたまに(大汗)。

ゆえに彼らにある程度のチーム内での「責任を持たせて」、その上で彼らの覚醒も施すやも、という意味ではこの人選はなかなか「興味深い」なあと思う次第ですね。

ついでに書くと、山本キャプテンは昨季怪我で(中盤戦に欠場もしてましたが)、シーズン終盤戦は欠場続きでキャンプも確か途中から合流、みたいな感じでしたしね。シーズン開幕戦のスタメン起用に間に合うのかどうかは正直微妙って感じだと思うんですが、いかんせん山本キャプテンがいるといないとでは守備の統率力に歴然とした差が(号泣)。

そこらへんのフォローと、バウル氏・モリツァ師範・石原克哉・津田琢磨、そして山本キャプテンなどの40代・30代後半の大ベテラン陣と、若手の橋渡し役として新井涼平には期待しておりますわ。そして、攻撃のかなめとして、クリスティアーノにも彼なりの「他の選手の活かし方」にもね。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ