読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

試合終盤にフリースローで2点差→残り0.9秒→3ポイントを決めて逆転勝ち…って凄いな、おい(;゚д゚)

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160606223515j:plain

点差は2点、残り時間は0.9秒…… インターハイ予選の決勝、絶望的な状況から大逆転した試合がすごすぎると話題 - ねとらぼ

まさに「あきらめたらそこで試合終了ですよ。」のスラムダンクの安西先生の言葉通りの事が起きたわ、これ。

山口県で行われた女子バスケットボールのインターハイ予選。その決勝戦で当たったのは徳山商工高等学校と誠英高等学校。63対63のスコアで迎えたラスト2分間の攻防が、その劇的な展開で大きな話題となっています。YouTubeにはその時の様子を映した動画も投稿されています。

 フリースローを外し絶好のチャンスを逃す徳山商工、スコアは変わらず63対63……という場面から動画はスタート。残り時間はあとわずか、インターハイ出場の権利をつかむべく一気に攻める誠英に対し、防戦一方の徳山商工は痛恨のファールを受けてしまいます。これによって2本のフリースローの権利を得た誠英は大喜び、残された時間はたったの0.9秒。

 ここで決めれば、インターハイ出場はほぼ確実。そんな極限状態にもかかわらず2本のフリースローを連続できっちり決める誠英、誠英側ベンチが再度湧きます。これによってスコアは63対65、徳山商工は3ポイントシュートを決めれば逆転できますが、残された時間は0.9秒……。会場の誰もが「決まった」と思う場面ですが、徳山商工の選手は諦めていませんでした。

 ボールを受けた徳山商工の選手はすぐさま9番の選手にパス、ボールを受けた選手はコートの中央付近から遠く離れたゴールめがけてボールを投げます。普通はそんな距離から投げても入るはずがないのですが……なんとボールはそのままゴールへと吸い込まれていき、見事3ポイントシュートを決めてしまいます。

 これによって徳山商工は7年ぶり2度目の優勝を果たし、インターハイ出場の権利を得ました。徳山商工の最後まで諦めない姿勢が実を結んだ見事な逆転優勝でした。

"奇跡"と呼んでいいのか、"練習の賜物"と呼ぶべきなのか

で、記事にも書いてある通り、YouTubeにもアップされてまして。

白いユニフォームが徳山商工、青いユニフォームが誠英高校で、奇しくもこれを撮影してるのは、誠英を応援してる側の方だったらしく、フリースローを貰って2本決めて残り0.9秒…だったらまあ普通は勝ちを確信しますわな。まさか最後の最後、センターライン付近から打ったロングシュートが入ってそれがブザービーターになるだなんて(大汗)

で、ついでにNBAとかのブザービーター集でも無いかなあと思って探してみましたらいくつかありまして、

↑どれも凄え…。ちなみに1分50秒すぎからのシーンは、↑の徳山商工の最後のブザービーターと非常によく似た展開(残り1.5秒、1点差で負け、センターライン付近からの遠距離からの3ポイント)/シュートだったりします(笑)。 

「引退がのびたな」

しかしまーインターハイの山口県予選の決勝という事は、この試合が3年生で最後の試合って選手もいただろうに(チームに残って冬の選抜に出る人もいるかもしれませんが)、この一発のシュートで、

f:id:tony_togo:20160606223842j:plain

「引退が延びた」湘北のメガネくんのような感じになった選手も、そしてそのまた逆の選手もいると思うと、やや胸が熱くなるやもですな…。

余談

ちなみに冒頭の安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ」の画像およびアイキャッチャー。確か過去に使ったことあったなあと思って調べたら(基本的に同じのはかぶらないように調整はしてるんですけどね)、以前2回もありまして、

www.muroktu.com

www.muroktu.com

「スコアは2-3、9回2死ランナーなしから角中逆転満塁弾」

「対湘南戦スコアは1-1、後半ロスタイムからクリスティアーノが2得点」という 

共に「安西先生、まさにおっしゃる通りです」と感涙した試合の時でした(泣) 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ