読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

東京地裁で、「元ボクサーが妻と不倫してた弁護士のち×こを切った」事件の判決が出ていた。

雑談 ツッコミ

スポンサーリンク

Junior Moar and Billy Bailey

弁護士の下腹部を切断 元プロボクサーに実刑判決 | NHKニュース

あー、あの元プロボクサーの嫁がただひたすら"鬼畜"だった一件の判決が出たのか。

東京の法律事務所で妻と不倫関係にあった男性弁護士を殴り、下腹部を切断したとして傷害などの罪に問われた元プロボクサーに対し、東京地方裁判所は「被害者に回復不能の傷害を負わせた結果は重大だ」として、懲役4年6か月の実刑判決を言い渡しました。

東京の元プロボクサー、小番一騎被告(25)は、去年8月、妻が勤務する東京・港区の法律事務所で、妻と不倫関係にあった男性弁護士を殴り、持っていたはさみで下腹部を切断したとして、傷害などの罪に問われました。
裁判で被告は起訴された内容を認め、弁護士が執行猶予の付いた判決を求めたのに対し、検察は懲役6年を求刑していました。
5日の判決で、東京地方裁判所の家令和典裁判官は「被害者に回復不能の傷害を負わせた結果は重大で、被害者は肉体的にも精神的にも苦痛にさらされている」と指摘しました。
そのうえで「被害者は被告の妻と関係を持ったことを認めて謝罪していて、刑の重さを左右するような落ち度は認められない。被告が犯行を決意したいきさつには一定程度くむべき事情はあるが、刑事責任は重い」として懲役4年6か月の実刑を言い渡しました。

で、この事件、以前も何度か取り上げたことがありましたが…。

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

www.muroktu.com

この「元ボクサー」の妻の「鬼畜」っぷりと、不倫相手の弁護士の(誤解を恐れずに書くけども)「自業自得」っぷりが凄まじくて、「どうせこの不倫妻、ダンナが実刑判決でムショに入ってる間に、別の男を作るつもりだろ?」感がありありと(爆) 

おそらく、この被告人は、事件の直後から「覚悟」はしてたと思うんすよね。だって「弁護士の卵」な法科大学院の学生だったわけだから。刑法や刑事訴訟法を熟知してるからこそ、自分がどんぐらいの懲役がついて、これ以上の年数だと執行猶予もつかない、とかね。ゆえに弁護士と相談してポーズ的には控訴することはあるかもしれないけど、8割9割覚悟してムショに行くつもりでいるのは間違いないと。

で、気になるのはこの不倫妻。さすがに不倫相手の弁護士の奥様とかから訴えられても文句は言えないわな。そこらへんの「社会的制裁」はこれからなんでしょうけどね。

てめえで旦那騙して犯罪者にしといて、旦那がムショに入ってる間に不倫とかしてたらそりゃもう黙ってないでしょうよ…週刊文春さん、そこらへんのチェックは頼むよ(をい)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ