「過払い金の請求」…の広告を打ちすぎて破産する司法書士法人が出てくるとは(爆)

スポンサーリンク




司法書士法人のぞみ(東京)/破産開始決定(JC-NET)

なんつーか本末転倒というか先見の明がない、というか(爆)

司法書士事務所の司法書士法人のぞみ(東京都中央区日本橋室町1-5-15、特定社員:佐藤和廣)は2月15日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、北秀昭弁護士(電話03-3231-4105)が選任されている。

負債額は約2億5千万円。

過払い金請求の広告をやりすぎて行き詰った。過払い金請求はその主力は遠に終わっている。

スポンサーリンク

てか、「広告を打ちすぎて破産」とは、実にマヌケな(;゚Д゚)

確か司法書士って自己破産の手続きや債務整理の仕事もできるようになった…という記憶があるんですが、まあ2億5千万円だと規模が大きすぎてさすがに弁護士先生の手を煩わせることになるんだな…。ま、確か裁判所で破産手続きをする際に裁判官の人と「面談」をすることもあるんですが(全てのケースではないんですけど)、この時は自己破産や債務整理しようとする人の代理人として司法書士は同席できない(弁護士は同席できる)とかの違いもあるらしいんですけどね。

それにしてもインバウンドの「爆買い」でV字回復的に過去最大の収益を記録したラオックスがその勢いで店舗の拡大や拡充を決めた途端に、インバウンドおよび爆買いの激減で”逆V字的に(?)”またまた経営が苦しくなって「中国怖えなあ」「流れを読めてねえなあ」ってツッコミを禁じ得なかったんですけど、こちらの司法書士さんもまた凄い。ま、時効が10年って散々CMで言ってたぐらいなんで、この過払い金請求ブームも最大で10年が限界なんだろうな、とは思ってましたけど、ビジネスとしては競業他社が多すぎてそれ以前の話だった、と。

いや、昼間にラジオ聞いてると、法律事務所も司法書士事務所も結構な頻度でCMを流しまくってますしね。車を運転しながらFM横浜を聞いてて「横浜でも新宿事務所」のフレーズには失笑しましたけどwあれもあんだけ盛大にCM打ちまくってるってことは、それなりに広告費もかかってんだろうし、顧客が増える分、相談料は無料で報酬がだいたい後払いな事が多いだけにトラブルもそこそこあるんだろうなあ、みたいな雰囲気は否めませんけどね。

ご利用は計画的に。いや、それはCMや広告とかもね(苦笑)

↑ここの司法書士法人への出資者は「回収」できるんだろうか…。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク