【千葉ロッテ】いい選手なんだけど怪我が多い荻野(貴)よ、その「バトミントントレ」で怪我しないでおくれよ(泣)

スポンサーリンク

ロッテ 伊東監督が侍ジャパン解説、石川に期待「欲を出してほしい」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

五右衛門が先発してましたが…さすがに本当はシーズンオフだし体が重い感じでしたけどね。

ロッテの伊東監督が12日、侍ジャパンの強化試合・オランダ戦(東京ドーム)でテレビ中継のゲスト解説を務めた。ロッテで今季14勝を挙げた侍ジャパンの先発・石川について「唯一わがチームから選んでいただいた。本来は欲がない選手だけど、欲を出して(WBC)本戦に残るような好投を見せてほしい」と期待したが、2回に先頭打者に死球を与えてから3失点。「シンカーが抜けて死球になってから、微妙に制球を乱している。勝負球のシンカーも高めに行った」と解説した。

 09年の第2回WBCで総合コーチを務めた指揮官は「相手投手の調子を見極めて、(戦術を)瞬時に判断しないといけない。国際大会では点は取れるときに取っておかないといけない」と話し、投球については「アンパイアの癖をつかむことも必要」など、短期決戦の心得を明かしていた。

わざわざロッテの秋季キャンプやってる鴨川から東京ドームまで出かけたんだな…ご苦労様です<伊東監督。

結局、降板した後に打撃陣が点を取ってくれて負けは消えたんですが(その後も結構乱打戦になって延長タイブレークまで持ち込んだようですけど(苦笑))。まあ個人的には「あんなもんは”流して”やっとけ。本番はシーズンの方だから」と言いたくなる人選、特に監督(爆)。

スポンサーリンク

バドミントントレで怪我するなよ…。

ロッテ 荻野、清田と白熱バドミントントレ「普通にしんどい」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球

いやあ荻野(貴)、バトミントンでも怪我しそう(意味不明)

ロッテの荻野と清田が12日、ロッテ浦和室内練習場でバドミントントレを行った。全体練習後、ネットを立ててラインを引いて行われた試合は白熱。前後左右へのフットワークやスマッシュの連続は全身のトレーニングになったようで、荻野は「普通にしんどい」と話していた。

まあとにかくこの選手は怪我→活躍→怪我→活躍→怪我…の繰り返しで、このブログ始めて2年間だけでもこんな数の記事が(泣)。 たぶん本人もよーくわかっていて日頃のケアと、ストレッチ等は欠かさないで頑張ってるんでしょうけども、とにかく「残念」の一言。こういうので少しでも怪我に強くなる選手になれればいいんですけどね。

ちなみにバトミントンは大学の体育の授業でよくやりましたわー。1年の時の体育が実技とレクリエーション論という座学で、実技の方は晴れたらグラウンドでソフトボール、天気が悪かったり寒暖がひどかったら体育館でバトミントンやってましたね。まあテニスとかバリボーとかバスケという選択肢もあったんだけど…。あれを1時限90分はきつかった(^^;)

キミも侍ジャパンになれる! 世界で通用する野球の技術指導論

キミも侍ジャパンになれる! 世界で通用する野球の技術指導論

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク