今しがた「amazon.com」ならぬ「amazones.com」から、いかにも怪しいメールが来てた(爆)

スポンサーリンク

今日は午後から息子が通う療育センターの保育園と幼稚園を足したような通所の先生との面談があって出かけてたんですが、帰宅後、使用しているヤフーのメールアドレスにこんなメールが来てました。

とまあ、こんな英文のが。

とりあえずGoogleで英訳してみたら、

こんにちは、

アマゾンでは、お客様のセキュリティとプライバシーを非常に真摯に受け止めています。定期的な監視の一環として、オンラインで投稿された電子メールアドレスとパスワードのリストを発見しました。このリストはAmazonとは関係ありませんが、多くのお客様が複数のWebサイトでパスワードを再利用していることがわかりました。あなたの電子メールアドレスとパスワードはリストにあると考えているため、Amazon.comアカウントには一時的なパスワードを大量に割り当てています。

Amazon.comサイトに戻ったときにパスワードをリセットする必要があります。パスワードをリセットするには、Amazon.comのページ上部にある「Your Account」をクリックしてください。 [サインイン]ページで、[パスワードをお忘れですか?]をクリックします。リンクをクリックしてAmazon.comのパスワードアシスタンスページにアクセスしてください。メールアドレスまたは携帯電話番号を入力すると、パーソナライズされたリンクが記載されたメールが送信されます。メールからリンクをクリックして、指示に従ってください。

新しいパスワードはすぐに有効になります。ウェブサイトで一度も使用していないパスワードを選択することをお勧めします。

AmazonのTwo-Step Verificationを有効にすることもできます。これは、アカウントに余分なセキュリティ層を追加する機能です。パスワードを入力するだけでなく、2段階認証プロセスでは、サインイン時に固有のセキュリティコードを入力する必要があります。2段階認証の詳細については、Amazon.comのヘルプにアクセスし、アカウントの管理に進み、 [アカウント]をクリックし、[アカウントの設定]の[詳細]をクリックします。

敬具、

Amazon.com

…という、見た瞬間0.5秒でわかるような、

いかにも「怪しい」メールが。

「はいはい、どうせamazonを騙ったフィッシング詐欺でしょう?だって俺、こないだamazonの登録してるメールをヤフーから別のに替えたもん」とか失笑しながらそのメールを眺めていたら、その発信元の名前を見てお茶吹きそうになった。

ぶはははは、「amazones.com」だってよ(爆笑)

アマゾンならぬアマゾネスか…、いやいや子供だましにしてはもうちょっとネーミングを捻れ(号泣)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク