読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

松戸市の小学校が、プロ市民から配布を依頼された反戦チラシを「本当に」配布しちゃって新聞沙汰に、の巻(呆)。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/7940758@N07/5848764404

photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

小学校が児童に反安保チラシ配布「チェック不足」 - 社会 : 日刊スポーツ

んなもん、子供をダシにしてんじゃねえよ。

千葉県松戸市立の小学校が安全保障関連法廃止の署名を求めるチラシを1年生の児童94人に配布していたことが7日、分かった。同法廃止を訴える女性団体から配布の依頼を受けたが、校長や教頭による内容確認が不足していたという。市教委が明らかにした。

  学校は保護者に書面で謝罪。市教委は「学校に政治的な意図はなかったものの、チェック不足で偏った内容のチラシを配布した」として週明けにも校長らを厳重注意する方針。

  市教委によると、団体から4月12日の入学式に配布したいと依頼があり、いったんは断ったものの、再度要請があった後に教頭が受け取り、校長の許可を得て入学式の翌日13日に配布したという。市教委の担当者は「同じようなことが二度と起きないよう、チェック体制の徹底に努めたい」としている。

いえ、完ぺきに故意だし「政治的意図もありました」ですね(爆)

つーか、そんな言い訳が通用すると思ってんのか?って感じ。子供ですらそんなウソついたら学校の先生は立たせて説教したりするんでしょう?大の大人がそんな見え透いたウソを言っちゃあ。

てか、チェックするハズの教頭や校長がそこで断固断らなきゃ。「子供をダシに使わないでください」とね。…いやまさか、女性団体の関係者に学校が直接お世話になってるPTAの偉い人とか、運動会や卒業式で来賓で来る革新系の市議とか民生委員クラスの「プロ市民」がいたんではないのかな…と。

じゃなきゃいったん断られてまた「配ってくれ」ってごり押ししてこないよな、フツー?(失笑)。

まあな、あいつらも「なりふり構わない」から…。

こないだうちの母校の高校では、

www.muroktu.com

定年退職とかで退任した教師がその翌年に盗んだ個人情報をもとに生徒300人に「憲法を守る」系の封書を送り付けて新聞沙汰になるも、「もうやめちゃった教諭だし処分するのは難しい」みたいな話がありましたけどね。

本当になりふり構わないんだなーって感じ。子供をダシにして恥ずかしいと思わないその精神構造が…ああ、だからこそこういう、60年安保の頃から全く一歩たりとも進化していない、セコなサヨク運動にどっぷり浸かるのか(皮肉)。

【余談】

ちょいと話違うんですけども…。

日本は韓国を植民地支配なんてしてないけど? - コバろぐ 日本は韓国を植民地支配なんてしてないけど? - コバろぐ

 はてなブログとTwitterで交流させてもらってる方の記事より。

これについて私は昨日こうツイッター(はてブ)にこう書いたんすね。

と。まあ歴史的解釈については十人十色ってことであえてこれ以外はスルーの方向で(ちなみにコバろぐさんからはTwitterで丁重なお返事をくださったのも追記してきますね)。

もっともこれ系の話は、もう20年ぐらい前に、大学時代にたまたま在日韓国人系の同級生の方とか、韓国からの留学生の方もいたんで、議論…ではなく意見交換という意味合いでいろいろと話をしたことがあるんですが、まあ難しい問題なわけですよ。立場によっては「良いこともあったが悪いこともあった」「悪いことばかりだったが良いこともしたという両面の意見がありますしね。それが歴史というもんでしょう、と。

ただ、私はクイズサークルでは「怪しい事件史はむろかつが確実に取る」と揶揄されるぐらいにこういう近現代史および事件史にはなぜか詳しいので(泣)、「うーん、1910年代に起きた朝鮮独立運動、いわゆる「三一運動」はなぜあんなに朝鮮半島全土におよんで、この騒動で5000人近くの朝鮮人が日本官憲に殺されねばならんかったんだろうかな」というツッコミをした次第です。

で、この時の意見交換した方や、過去、いろんな方面で飯の席、酒の席等でこういう話になった際に(20代の頃まではよくありました。結婚して30代以降になったらバカバカしい話しかしなくなりましたけどね。酒宴では)、

「ところで韓国・北朝鮮は日本の侵略、植民地支配について謝罪だのお詫びだの反省だのとよく言ってるけども、仮に日露戦争で、日本がロシアとの戦争に負けてあの半島全部をロシアに取られて同じような植民地時代に入り、その後WW2を経てなんやかんやで今のように南北2か国に独立できたとしたら、果たして両国はロシアに恨みがましいことを言ったんだろうか?

…という「素朴な疑問」をぶつけることがあったんですが、あれから20年。結構いろんな人に尋ねた記憶はあるんですが、「そんな歴史にifはないよ。」以外の返答を貰った記憶が殆どないんですね。これは俺がうがった見方しかできないせいかなあ…。

※ま、そしたらある時「日本め、ロシアに負けやがって」と謝罪とお詫びと反省を求めてくるんじゃね?」と返答した奴がいて、飲んでたウーロンハイを吹きそうになりましたけどね。それ言ったの弟でしたけど(爆)

ベ平連と市民運動の現在  吉川勇一が遺したもの

ベ平連と市民運動の現在 吉川勇一が遺したもの

  • 作者: 高草木光一,高橋武智,吉岡忍,山口幸夫
  • 出版社/メーカー: 花伝社
  • 発売日: 2016/04/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
グローバリズムへの叛逆―反米主義と市民運動

グローバリズムへの叛逆―反米主義と市民運動

 

▼このブログを書いているのはこんなヤツです(笑)

raity.hateblo.jp

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ