読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

W杯最終予選・豪州対日本戦「よくも悪くも原口元気」、な試合でした。あと大量のカモメが…。

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

IMG_0423

ハリルJ、豪と敵地でドロー 元気弾で先制も追いつかれる ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

息子を風呂に入れたりしてたので全部は見てませんでしたが、得点シーンだけは見れました。いやあアウェーの豪州戦とはまたハードな…。

サッカーの18年ワールドカップ(W杯)ロシア大会出場を懸けたアジア最終予選が11日行われ、B組4位の日本(FIFAランク56位)は同首位のオーストラリア(同45位)と1―1で引き分け、通算成績を2勝1分け1敗とした。

 日本は前半5分にMF原口元気(25=ヘルタ)が1994年の三浦知良(現J2横浜FC)以来22年ぶり史上2人目となるW杯最終予選3戦連続先制弾を決め、前半を1点リードで折り返し。だが、後半8分、その原口がジュリッチを倒して与えたPKをジュディナクに決められ、1―1の同点に追いつかれた。

 オーストラリアが後半24分に過去日本戦で8戦5発の“宿敵”カーヒルを投入してくる中、日本は後半34分に小林が足を負傷。36分には小林に代えてイラク戦で大活躍した清武、39分には1トップで先発していた本田に代えて浅野を投入し、勝ち越し点を取りに行った。だが、直後に浅野が絶妙なタイミングで抜け出したかに見えたプレーはオフサイド。3分が掲示されたロスタイムも得点ならず、1―1のドローに終わった。

にしても原口元気の先制弾は目が覚めましたわ。長谷部→本田△からのスルーパスはお見事でしたね。原口元気の良さをよーくわかってるなあ、って感じのシーンでした。

まあその後、その元気のファウルでPK与えちゃったのはご愛敬って奴だったんすけど(大汗)。

それにしても気になったのは「うわー、ハリルホジッチ、どこかの甲府の監督(?)みたいに交代の決断が遅せえなあ」ってのと、

「なんだこのロート製薬のCMの鳩みたいな鳥の数は?」と(どうもカモメだったらしいんすけどね)。

思わず「♪ロート、ロート、ロート…」って口ずさんじゃいましたわ。ちなみに私のイメージとしては「巨泉のクイズダービー」ですな(←そこはどうでもいいわw) 

なお、次のW杯最終予選は11/15、ホームの埼スタでサウジアラビア戦だそうです。

追記:

ゲラゲラゲラ(爆笑)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ