ユナイテッド航空「補償金を「最高で」1万ドルにします(キリッ」

スポンサーリンク

ユナイテッド航空、席譲ると最高1万ドル 補償金アップ(朝日新聞)

あくまでも「最高で」1万ドルだからなあ。商店街の福引とかでいうとこの「(何人か合わせて)総額で1万ドル」だったりしてね(皮肉)。

米シカゴ国際空港でユナイテッド航空機内から搭乗済みの男性客が引きずり出された問題を受け、同航空は27日、定員を超えた場合に席を譲る乗客に支払う補償金の上限を今の1350ドル(約15万円)から1万ドル(約110万円)に引き上げるなどの新対応策を発表した。

 改善点は計10項目。席数より多く予約を受け付ける「オーバーブッキング」の量を減らす。すでに着席した乗客に対しては、本人が希望しなければ席を明け渡すよう要求はしない。男性客を引きずり出したのは空港の治安当局だったが、今後は安全上の理由以外では当局に助力を求めない、などとしている。

スポンサーリンク

いかにも「子供の言い訳」みたいな泥縄式な…。

今回はたまたまその様子を動画で撮って全世界に流されたことと、アホなCEOが面従腹背的なメールを従業員にこっそり送ってたのがバレたからここまで大騒ぎになったんであって、それらがなかったら、

「乗務員様は神様です(キリッ」

みたいな体質は全く改まらなかったんだろうしね。いや、実際はこんな「新対応案」なんか、あれもこれも口先だけで、「最高で1万ドルってのは、あくまでも最高であって必ず払うものではない」でしょうし、乗客との「交渉」だって無理やり「あなたが選ばれました。降りてください」って話し合い云々ではなく航空会社側の言い値、すなわち最低金額だけ客に札束投げつけるようにポイって払って終わりそうな気がするんですけども。

で、しばらくはオーバーブッキングだの席の明け渡しなどは極力しないか、見せ金のように1万ドルを簡単に渡すパフォーマンスはするだろうけど、ここまで腐ってるとたぶん上層部から現場サイドに「補償金は月に×××万ドル」みたいな逆ノルマみたいなのが定められて、似たようなことが起きたら、お客さんの方から、「ユナイテッド航空は話し合いもせずに自分を無理やり下ろして、しかも500ドルしかくれなかったみたいな話を暴露されるような気がしてならんのですがね。その都度、CEOは社員を庇うメールを送ってそれを暴露されて謝罪する羽目に(以下略)

でも「社員の割り込み搭乗をやめるとはいってません」「それに伴う航空会社職員の強制措置もやめるとはいってません」…なんだろ? っかし、この幼稚園児や小学生が「ママや先生に叱られたくないからそうならないように「だけ」決めました。根本的な改善は知りません」的な新対応案。とりあえず何ヶ月ノートラブルで業務が遂行できるか楽しみにしてるわ、よっ殿様商売。

あれ、アホなメールを従業員に送りつけたムニョスCEOはちゃっかり会社に居座るつもりなん?(皮肉)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク