ユナイテッド航空の不手際を見ると、雪印事件の社長の「私は寝てないんだよ」発言を思い出すわ。

スポンサーリンク

米ユナイテッド、乗客強制排除で改めて謝罪 男性は入院(CNN)

昨日の話の続きになりますが…。いやあこれは完璧に「詰んだ」かな?ユナイテッド航空…。

(CNN) 米ユナイテッド航空便に搭乗した乗客が、定員オーバーを理由に無理やり引きずり降ろされた問題で、オスカー・ムニョス最高経営責任者(CEO)は11日、改めて謝罪の談話を発表し、徹底検証を行うと表明した。

乗客は弁護士を通じ、引きずり出された際に負傷して病院で手当てを受けていることを明らかにした。ユナイテッド航空に対する抗議の声は止まらず、株価は11日の取引で4%急落、時価総額約10億ドル(約1000億円)相当が吹き飛んだ。

騒ぎは9日の米シカゴ発ケンタッキー州ルイビル行きの便で発生。降りることを拒んだ男性乗客が保安要員に両手足をつかまれて通路を引きずられて行く姿を映した動画が公開され、ユナイテッド航空に非難が殺到していた。航空関係者によると、この男性はデービッド・ダオさんという医師だった。

ムニョスCEOは11日の談話の中で、「強制的に降ろされた乗客と、搭乗していた全乗客に謝罪する。誰であれ、これほど不当な扱いを受けることがあってはならない」と強調した。

ダオさんの弁護士は11日、ダオさんがシカゴの病院で手当てを受けていることを明らかにした。「ダオさん一家は、気遣いや支援の言葉が多数寄せられたことにとても感謝している」「ダオさんが退院するまでマスコミの取材には応じない」としている。

スポンサーリンク

この「前段階」でCEOがアホなメールを送りつけてた事が判明し…。

実はこの記事の前の段階で、

ユナイテッド航空CEO「乗客、けんか腰」 社を正当化(朝日新聞)

とまあ、CEO自ら社員に送った「手紙」で自分らの行為を「正当化」しちゃって更に世間から顰蹙を買った始末でして。

↑お借りしてきました(多謝)。

しかもこの手紙、というかメールが「流出」して世間にバレた、というこれまた最悪手をかましちゃったもんだから…。

雪印の食中毒事件の社長の「発言」を思い出すわ。

で、まっさきにこの一連の流れ、特にCEOのメールを見て思い出してしまったのが、2000年に発生した雪印の集団食中毒事件でしたねえ。

この時、報道陣に雪印の社長が記者会見を勝手に打ち切っちゃって、詰め寄ってきた報道陣に対して「私だって寝てないんだよ!!」と放言したのがきっかけでこれが全国ニュースに流れちゃって更に世間から非難を浴びてブランドのイメージが一気に失墜した上に、(後に子会社の不祥事も追い打ちをかけて)完璧に雪印の経営が悪化して、グループ全体の再編まで余儀なくされたってことがあったんですね。

↑YouTubeで探したらなんとありましたわ。わずか数秒程度の動画でしたけど…。

で、冒頭のCNNの記事の続きとしては、

この問題では当初、ユナイテッドのムニョスCEOが社内文書で乗員の対応を称賛していたことも明らかになった。

同文書によれば、乗客は引きずり降ろされた後も抵抗を続けて機内に駆け戻っていたといい、「乗員は定められた手順に従って対応した」とムニョスCEOは評価。「こうした状況になったことは遺憾だが、私はあなた方全てを断固として支持する」と強調する一方で、「この経験から学ぶべき教訓もある」と指摘していた。

誤解を恐れずに言わせてもらえば、

あーこれは完璧に詰んだな、ムニョスCEO…。

もしかして、ネット社会や世間を知らねえな?ムニョスCEO(呆)

それにしてもなんか、あたかも「これが俺らのルールだ。無理やり降ろされた方が悪い」みたいな言い方してるけどさ、もともとはお前らの同僚が乗るために4席必要になって、「勝手に」オーバーブッキングにして、お金を払ってる乗客に迷惑をかけてるだけじゃん。なんかあたかも「降ろされた乗客」の方に非があるような言い方をするとはなんつー殿様商売。

というか、周りの乗客がそれを「黙って」眺めてるわけねえだろ?と。その場でスマホで動画も撮るかもしれないし、(機内は電源を切るべきなのかもしれないけど)TwitterやSNSなどでそれをすぐに書き込んだりする乗客もいるかもしれないしで。そりゃ中国政府や北朝鮮国家のような独裁政権みたいにむりやり「周りも恫喝してなかったこと」にする奴らもいるかもしれないけど、こういうネガティブな話であればあるほど、世間への伝播力は半端ないのは、少しでも新聞やネット等のニュースを眺めてたらわかるじゃないか、と思うんだけどなー。まあこんだけ「世間知らず」なCEO殿の下に働いてるユナイテッド航空の職員は全員そんなことも知らないマヌケどもだったんだろうかね?いや、むしろ「決断」をした上司がこんなマヌケなCEOに影響されて判断を鈍ったとしか言い様がないような?しかしそれに釣られて保安要員も実にマヌケ野郎しか揃ってねえだな、ほんとに。

とりあえず降ろされた方には莫大な賠償金が入ることを祈るわ。

ま、ユナイテッド航空は株価が下落してるし、下手すると2001年の9.11テロの後に経営不振で破綻まで起こしてる会社なんで(どうにか経営再建に成功して、更に他社との合併で今に至ってるわけですが)、その二の舞いになるかもね。まあどうせどんなにヘボな経営陣がやらかしてもアメリカ政府とかが助けてくれるんでしょう?(皮肉)

それはともかく、今回無理やり降ろされて痛い目にあってしまった乗客の方にはユナイテッド航空が目が飛び出るぐらいの莫大な賠償金が入ることを心から祈ってますわ。弁護士さんもついてるようですし、思いっきり頑張ってくれ。二度とあそこの航空会社がこんな愚かしいことをできなくなるぐらいの賠償金をドーンと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク