読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

ぜひとも闘莉王には、"現役最後の大仕事"として古巣の水戸ちゃんを初のJ1昇格に導いてほしい…。

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

Tokugawa Family Crest

「自分の中の火が炎に変わった」 名古屋を無念の退団となった闘莉王、来季J復帰に闘志燃やす (Football ZONE web) - Yahoo!ニュース

昨日の記事の続きになりますが…。

www.muroktu.com

結局、闘莉王は名古屋を退団することになりまして…いやいや、まだまだ現役引退には早いでしょう。

盟友に別れを告げブラジルに向けて出国 「グランパスを愛する心は変わらない」

 今季限りで名古屋グランパスからの退団が決まった元日本代表DF田中マルクス闘莉王が、8日に羽田空港からドイツ経由でブラジルに向けて出発した。今季は開幕前にチームを退団しブラジルで自主トレを続けてきたが、J2降格危機に瀕した古巣の窮地を救うべく8月に急きょ復帰。だが、名古屋は最終節で湘南ベルマーレに1-3で惨敗。Jリーグ発足時から参加している「オリジナル10」の一角は、クラブ史上初となるJ2降格の憂き目を見た。

 シーズン中に契約延長の打診を受けていた闘将だが、6日に名古屋の佐々木真一副会長からは選手としてではなく、アドバイザー就任の要請を受けて困惑。そして7日、契約を更新しないことがクラブから発表された。ブラジルに向けて旅立つ朝、名古屋市内の自宅には盟友の元日本代表GK楢崎正剛が、JR名古屋駅にはFW永井謙佑ら同僚が別れの挨拶を告げるためにやって来た。

  羽田空港に到着した闘莉王は「グランパスを愛する心は変わらない。J1に戻らなければいけないのに、今、クラブを仕切っている人は一体何を考えているのか……。悲しいし、残念です」と功労者に対するフロントの、あまりに冷酷な対応に無念の胸中を明かした。

  ブラジルで自主トレを行っていた闘将は8月に、ボスコ・ジュロヴスキー監督から直接電話を受けた。「自分たちが間違っていた。申し訳ない」との謝罪を受け、身重の夫人の反対を押し切り、スーツケース1つで単身で緊急来日。長女の出産に立ち会うことはできなかった。

「現役引退? それは考えていません」

 闘莉王が復帰するまで18試合未勝利だったチームは、3勝1分3敗と息を吹き返したが、小倉隆史前監督の残した“負債”があまりに重くのしかかった。

  だが、窮地を救おうとしたクラブから最後の最後に非情な扱いを受けた闘莉王は、逆に闘志を燃やしたようだ。

 「現役引退? それは考えていません。自分の中の火が炎に変わった。また日本で活躍する姿を見せたいと思っています」

  来季Jリーグに復帰したいとの希望を明らかにした闘莉王。今季はシーズン終盤の段階で、ブラジルでの自主トレから一気に佳境を迎える熾烈な残留争いに身を投じるという、心身両面での調整の難しさがあった。来季キャンプインからチームに合流できれば、“超攻撃的DF”と呼ばれた本来の姿を見せることができるかもしれない。

身重の奥さんがいて、本当はそばにいてあげたいのを「古巣のピンチだから」と、漢気で地球の反対側まではせ参じた漢に対してこういう「仕打ち」をするんだからなあ…あの世界のトヨタ様の会社は(呆)。

古巣の水戸ちゃんをJ1昇格に導いてやってほしい(泣)。

闘莉王、グラ昇格阻止する:グラニュース:中日スポーツ(CHUNICHI Web)

で中日スポーツにはこんな記事が。

佐々木副会長と面談した6日、引退勧告とも取れるアドバイザー就任を打診され、ショックを受けた。しかしこれが闘将のプライドに火を付けた。「引退は考えていない。自分の中の火が炎に変わった。新しい挑戦をする。日本が自分の人生のすべてに近い。日本で活躍する姿を届けたい」。

 闘将退団の報を受け、早くも複数クラブが動きだしている。本紙には「いろいろ話は出てきている。来年どこかが取ってくれるみたいなこと」と明かした。J1はもちろんJ2でもやぶさかではない。古巣の水戸はメインスポンサーのケーズデンキが“闘莉王資金”を用意しようとした過去がある有力候補。京都も興味を示しているとみられ、まずはブラジルでオファーがそろうのを待つ。

 J2となれば、グランパスに立ちはだかることになるが、フロントへのリベンジの気持ちは、炎をさらに燃え立たせる。「違った意味でその人たちがオレのやる気を戻してくれる。ナラさん(楢崎)から点を取らないといけないのは難しいけれど」と笑った。

確か闘莉王は、広島でデビューして、その後水戸にレンタル移籍した後に、浦和、そして名古屋と在籍してるんで、水戸とは深い縁があるんですよね…。DFなのに点を決めてたり、当時も水戸ちゃんは今もよりもずっと弱かったんでFWが点を決められなくて「このFW代えてよ!!」とぼやいたりして叱咤激励しながらプレーしてましたなー。ある意味で懐かしい。

で、調べたらDFなのにチーム内得点王で10得点、つまりシーズン2ケタ得点を記録してたんだそうですわ(;゚д゚)

ガルパン人気と、新練習場建設予定もあるわけで<水戸ちゃん

水戸ちゃんはJ2発足して2年から参入してるんで、いわゆる「J2オリジナル10」ではないんですけども(その後に参入してきた最初のチームなんですね)、その10チーム、具体的には札幌・仙台・山形・新潟・大宮・FC東京・川崎・甲府・鳥栖・大分…と、すべてのチームがJ1昇格を経験していて、更に後発の徳島や松本山雅などにも先に越されてしまった、という経緯が。ま、まあそのうち、大分は残念ながらJ3に落ちてしまいましたけども(大汗)。

それに水戸ちゃんは、地元の「ガルパン人気」も加わってますし、更に

www.muroktu.com

物凄く広い練習場やクラブハウスも郊外の城里町に移転する計画もあって、年末から改装工事に着手して2018年から使用開始する計画もあるそうですしね。水戸ちゃんは最初は地元の水戸市(の当時のサッカー嫌いの市長と)と険悪な関係から始まってますから、それに比べれば地元の市町村が「うちに来ない?」って誘ってくれるようになったんですから、たぶん闘莉王がいた時代よりも格段に良くなる可能性もありますしね。

ぜひともケーズデンキ様のご尽力を…。

いやあぜひとも闘莉王には「名古屋のJ1昇格を阻止」しつつ「水戸ちゃんのJ1初昇格に貢献」してほしいものですわ。日本を代表する企業の親会社を持つチームを追い出されるように去った漢が、親会社を持たない万年的に経営が苦しい小さなチームを率いてそれをやっつけて初のJ1昇格にも挑む。なんか闘将の現役最後の最大最難関のプロジェクトとしては一番理想的な話…のような気がするんですよねえ。

その為にも…うーん、

ケーズデンキ様、頑張ってくれ(号泣)

私自身、最近は地元のコジマばかりに行ってるけど、電球とか電化製品とか隣町のケーズデンキをメインに切り替えてもいいからさあ(をい)

※ちなみに今使っているノートパソコンは昨年末、昭島のケーズデンキで買いました(笑)

これまでの水戸ちゃんの過去最高は8位なんだそうで…。

ついでに書くと、水戸ちゃんつまりは水戸ホーリーホックの過去最高の順位は、2009年の8位が最高なんだそうです(この年はJ2は18チームが参戦しておりました。余談としては3位までが自動昇格で、仙台とC大阪が1-2位で抜け、最後の3位の枠を湘南と甲府が大激戦を繰り広げてた、という年でした)。現在は愛媛FCの監督を務めている木山監督が指揮を執ってた頃の話なんですけどね。

勿論、過去何回もJ1昇格を果たしている京都も魅力的なんだけど…あの闘莉王のハングリー精神とか気力気迫、古巣を見返してやるんだというリベンジとか…を水戸ちゃんに注入してどんくらいの化学変化が起きるかも見てみたいものですわ。

※もっとも、その前にJ1ライセンスを取れるようにスタジアムの改築も…(泣) 

[冒頭の画像説明]

水戸ホーリーホックの「ホーリーホック」とは英語で「葵(あおい)」のことを指しておりまして、水戸徳川家の家紋から命名された次第でして…。

大和魂

大和魂

 
鉄壁

鉄壁

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ