息子の発熱が40度前後から下がらないのでかかりつけの病院へ…。

スポンサーリンク

昨日の深夜に発熱して朝まで点滴を受けたうちの息子でしたが、緊急外来の病院で「もし夕方まで寝て熱が下がらなかったら、かかりつけの病院に行ってください」と言われてまして、やはり40度前後の熱が下がらない為、急遽、夕方に近所のかかりつけの病院まで行ってきました。

スポンサーリンク

解熱剤のシロップを全く飲んでくれず…。

病院でもらったのはシロップタイプの解熱剤だったんですがこれがめちゃくちゃ甘いらしく、経口補水液や水に混ぜて哺乳瓶で飲ませようとしても全く飲んでくれませんでした。

そこでかかりつけの病院に行けば注射でもしてくれるかも、と思いまして、

車で5分ほどのかかりつけの内科小児科の病院へ行きました。

で、本人、ただでさえだるくて悪寒すらしてるのに、さっきまでアイスノンを枕にして「冷えピタ」をおでこにつけて「爆睡」してたところにいきなり連れてこられたので実に不機嫌(汗)。こんな顔しながら脇に体温計を挟んでみると、

冒頭の写真にも貼りましたが39.8度という非常に高い体温が。病院に来る前に家で測ったら40.1度だったんでやはり高熱が下がらないってのは状況的には全くおんなじでした。

で、「次の患者さんが呼ばれるまで座っている」診察室前の椅子のとこではもううつらうつらと。実はここに座ってからがビミョーに長くて(前の患者さんのお子さんが治療してたそうなので)、15分ぐらい待ちました。受付から体温計で体温はかってここに座るまでは5分もかからなったんですけども、これはさすがに順番なんで仕方がない。

座薬の解熱剤&試供用の経口補水液をくれました。

で、診察の番になりまして、先生と症状のお話をしたり、聴診器を胸に当てたりなどをした結果、喉の奥は赤くないし、胸の音もきれいだったそうです。ただ、脱水症状が心配なのと、シロップが飲まないんだったら…ということで座薬の解熱剤を処方箋で書いてくれました。

それと「これ、試供品なんですけど、よかったら」と勧められたのが、

乳幼児用の経口補水液でした。「へー、こんなのあるんですね」と私はびっくり。さすが患者さんのほとんどが地元の子供さんという小児科メインの病院なものでこういう試供品も届くんだそうです(といっても内科もやってて昨年春に亡くなったおばあちゃんもお世話になってたし、3月末に私が息子にインフルエンザうつされた時も診察してもらってましたので大人の患者さんもいるんですけどね)。

で、窓口で処方箋などを受け取ったりして、病院隣の調剤薬局で座薬の解熱剤を貰い帰ってきました。そしてただちに息子に座薬の解熱剤を入れまして…これで熱が下がるといいんですけどね。

以上です。私ももうくたくたなんで今日は早寝しようかな…と。うーん、今、お腹の調子がよくないんですよね。また3月のインフルエンザ同様、息子にうつされてそうだ(泣)

※ということで今日は千葉ロッテやヴァンフォーレ甲府などの通常記事はお休みさせていただきます。すんません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク