読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「遂に」というべきか、「いよいよ」というべきか、「ポケモンGO」で初の交通死亡事故が…(;゚д゚)

ツッコミ 雑談 さだまさし(?)

スポンサーリンク

「ポケモンGO」初の死亡事故=39歳男、運転中プレー女性はねる-徳島県警:時事ドットコム

先月の今頃、サブの方のブログでこんな記事を書いてたんすけどね。

nyoin.hateblo.jp

…と、冷ややかに見つつ、結構心配していた交通死亡事故(駅のホームから転落して死傷事故みたいな話は多かれ少なかれあったのもしれないが、ここまでロコツにポケモンGOをしながら運転してて死んだor相手を死なせた)が、この一か月の間、そういえば無かったなーと思ってた矢先に、遂に。

23日午後7時35分ごろ、徳島市方上町の県道で女性2人が車にはねられる事故があり、病院に搬送されたが1人が死亡、1人が重傷を負った。徳島県警東署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、運転していた自称農業の五王敬治容疑者(39)=同市南二軒屋町=を現行犯逮捕した。県警によると五王容疑者は、スマートフォン用ゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」をしながら運転していたと供述している。

 警察庁によると、運転中にポケモンGOで遊んでいたことが原因とみられる交通死亡事故は初めて。

 県警によると、美容師中西幸子さん(72)=徳島市北山町=が頸椎(けいつい)損傷などにより病院で死亡が確認され、パート従業員井川佳代子さん(60)=同=が重傷を負った。2人は道路を横断中に、走行して来た五王容疑者の普通貨物自動車にはねられた。県警が詳しい事故の状況を調べている。(2016/08/24-18:43)

つまり、トラックを走らせながらポケモンGOをやってたのかこの運転手…。

いやあ前をロクに見ずにスマホ見ながらモンスター探しか。しかも夜7時半に。いったい何やってんだろうな、この運転手は…。

ただ、このニュースを聞いたうちの嫁さんは少しだけポケモンGOをやってるんですが(今夏息子が入院してたので見舞いの折に私が運転してたその後ろの後部座席でスマホでたまーにやってたそうですけどね)、

www.muroktu.com

www.muroktu.com

そんな嫁さん曰く、

「んな、運転しながらできるもんなの、あれ?」

と、思いっきり首をかしげて不思議そうにしてたんですけど…え、そんなもんなんすか、このゲーム?? 

ちなみにこれの少し前には、

www.muroktu.com

本人ではなく「ポケモン探し」してた娘さんを乗せて運転してた父親が女子高生をはねてひき逃げした、という交通事故というか事件はあったんすけどね。 

いずれにしても愚の骨頂、というかバカというか…。たかがゲームで人の命を奪っちゃって。どうやって償いをするつもりなんだろう。

昔、さだまさしが「償い」という歌を作ったことがありまして…。

だいぶ前に、さだまさしが「夢の轍(わだち)」というアルバムを出した際に、その中の曲で、交通事故を起こして人を死なせてしまった青年が毎月お給料を亡くなった奥様に送り続けていて、その奥様から「あなたの気持ちはわかりました。だからもう送らなくて結構です」という手紙を貰って号泣する、という「償い」という歌があったんですが、これを後年、少年犯罪の裁判で東京地裁の裁判官がこの歌を被告人に教えて諭した、という話が話題になってたんですね。

いや、この「償い」の中の青年が交通事故を起こしたのはある意味で不可抗力なうえでの話だったんですけど、今回の事故は原因が「ポケモン探し」だもんなあ…。亡くなった女性の遺族もまさかこんなくだらないゲームのせいで身内がこうした事故・事件に巻き込まれるだなんて思わなかったろうし、この事故を起こした運転手もあまりに理由が理由だけに償いきれないような気がしてならないですわ…。

いや個人的にはゲームの存在自体が悪いだなんて、そんな某やくみつるみたいなセコなことは言いたくないけども、それでもマジでゲームをやるなら最低限のメリハリはつけましょうよ。特に車の運転とかをする"大きなお友達"の皆さんは…。

償い (さだまさし絵本シリーズ)

償い (さだまさし絵本シリーズ)

  • 作者: さだまさし,おぐらひろかず
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る
 
夢の轍

夢の轍