えらく久しぶりに「ペルソナ・ノン・グラータ」って言葉を聞いたわ(爆)

スポンサーリンク

北朝鮮大使を追放 両国の決裂は決定的に(日本テレビ)

そりゃまあ、友好国の空の玄関で狼藉働いて、しかも開き直って「陰謀だ」とかぬかしてる国だからな…。

北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、マレーシア外務省は4日夜、北朝鮮のカン・チョル大使を国外追放すると発表した。

 地元の新聞は「北朝鮮の大使を追放する」と大きく見出しをとって報じている。発表から16時間余りが経過したが北朝鮮大使館にはこれまでのところ動きはない。

 マレーシア外務省は4日夜、事件の捜査手法などを非難してきた北朝鮮のカン・チョル大使を、「ペルソナ・ノン・グラータ」=「好ましからざる人物」として国外追放すると発表した。

 マレーシア外務省によると政府は先月28日金正男氏殺害事件を巡って非難を繰り返してきた北朝鮮側に謝罪を求めたが、その後返事はなく4日、外務省にカン大使を呼び出していたが姿を見せなかったという。これを受けて日本時間6日午後7時までにマレーシア国内から退去するよう求めたもの。

 マレーシア政府は北朝鮮国民のビザなし渡航の中止を決めるなど北朝鮮側の対応に反発を強めていたが、カン大使の追放で両国の外交上の決裂は決定的になった。

言い方は悪いけど、これ、ヤクザの世界だったら「A組(←暴力団)の跡取り息子候補のひとりを、友好があるB組との新年会の際に、B組の屋敷の玄関前でA組の別の跡取り息子候補のひとりが雇った鉄砲玉の三下が射殺しちゃって、B組組長が詫びを求めたらA組が「それはA組が因縁つけてきた話で俺らは知らない」っ開き直った」的な話ですしね。過去の暴力団の抗争の歴史とかを思えば、下手したらもう1ヶ月で10人ぐらい死人が出ててもおかしくない「抗争」になってるぐらいの話だし。

それを思うと、マレーシアの政府は大人だなあと思いますけどね。まあ周りの中国とか韓国とかの利害関係国の動きもよーくチェックして精査してるとは思いますけど。結構「んなくだらねえ兄弟喧嘩をなんで友好国のうちに持ち込んで…」って憤慨してるのは間違いないですなー。

スポンサーリンク

「ぺルソナ・ノン・グラータ」とはまた懐かしい。

「ぺルソナ・ノン・グラータ」という言葉。ラテン語で「好ましからざる人物」という意味の制度なんですが、当事国からして「好ましくない」外交官とかを「お前を入国させるのは嫌だ」と拒否できる制度だったりします。以前は、戦前や東西冷戦の頃の現代史の本とかを読むとたまーに出てくるんですが、現代でもこれを使うことってあるんだな…と。以前、大学でクイズをやってた頃にはこういうアカデミックな(?)単語の問題はよく出てましたわ。なのである意味で懐かしい。

昔だと、「日本のシンドラー」と呼ばれていた杉原千畝氏が、本来はモスクワの日本大使館に赴任する予定が、反政府的なロシア人と仲が良かったから、という理由でこの「ぺルソナ・ノン・グラータ」を喰らって赴任できずにフィンランドのヘルシンキの日本大使館に赴任したってこともあったそうです。あとはロコツにスパイ活動してた外交官とか、今回の事件みたいに捜査協力するどころか行政府を批判したり(かつて韓国がやらかした金大中拉致事件での韓国の一等書記官なんかもそれを喰らったそうで)…みたいな例でもあったんですが、最近では本当に珍しい、というか。

茶番…ぢゃねえよな?

それにしても世界中から総スカン状態になっている(国交があっても友好的ではない国がほとんど)の中、外貨獲得のための貿易国として友好関係を結ばせてもらってるマレーシアで「わざわざ」こういう狼藉を働こうとするんだから、まあ碌な連中じゃないんだろうなってのはわかりますわ。考えてみれば朝鮮戦争の頃からの「兄貴分」であり「宗主国」でもある中国に結構面従腹背だったし、最近は結構中国の逆鱗に触れるようなこともやってますしね。

となると、金正男氏の遺体も引き取られることはないだろう、と。外交官を追い出しちゃって、更に国交断絶まで行けば北朝鮮も手は出さないしな、と。さすがに中国様もここを仲介するほどお人好しではないだろうし、まあこうして北朝鮮は世界に「我々はアホですよ」とアピールしていくことになるんだろうなあ。夜郎自大というかなんつーか。

てなこと書いた後に、マレーシアが中国とかの圧力に屈して金正男氏の遺体をあっさり引き渡したらそれも失笑しちゃうけど。今のマレーシアの外務大臣や外務省の偉い連中に、日本でいうとこの昔の田中真紀子みたいな凡庸な外務大臣とかがいないことを祈るだけですわ。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク