風邪ひいたんで晩飯は雑炊を…&同い年の友人の訃報を聞いて絶句してしまった。

スポンサーリンク

昨日は朝から風邪気味で結構お腹を下していまして「なんか温かいものが食べたいかな」と思い、車で西友まで買い物しに行きました。

スポンサーリンク

「いきなり!雑炊」を買って食べた。

で、買ったのが、先日やはり体調不良の折ににお試しで食べてみたら美味しかった、

「チキンラーメン いきなり!雑炊」を買いました。これを自分で作って、ついでに昨日の夜に嫁さんが作ってた大根と鶏肉を煮物と一緒に晩御飯で食べました。いやあおいしかったですし、身体がぽかぽかして幸いでした。お腹が下ってたのも夜には収まってましたし…。

先日の入籍記念日の代わりに…。

それと同時に嫁には「何かおやつ買ってきて。いちご系のスイーツでも」と頼まれてました。実はうちら夫婦は1月2日が入籍記念日ということで毎年何かしら、外食しにいったりとかしてたんですが今年は私が知人との新年会で出かけて何もしてなかったなあ…と思い出しまして、

同じ西友の2階にあるイタリアントマトに行って、

大ぶりないちごのショートケーキを買うことに。

で、帰宅したらまさかそんな豪華な(?)のを買ってくるとは思わなかったらしく「えー、あたし、食料品売場で売ってる150円ぐらいのロールケーキとかを買ってくるのかなあって思ってたよ」とか言ってましたが、帰宅後、おやつとしておいしく頂いて少し遅くなった13回めの入籍記念日を祝うことになりました(笑)

はくばくの「もち麦ごはん」が平常に戻ってた。

あ、そうそうたまたま通りかかって気づいたんですが、

先日通りかかったら品薄になってたはくばくの「もち麦ごはん」がまた通常ぐらいの品揃えになってました。このまま続くと良いんだけど…またどこかのメディアで「ダイエットに好いらしい」みたいな事を流れると、世の女性たちがドカンと(以下略)

同い年の友人の訃報に接して唖然とした…。

それと、昨年まで所属していたクイズサークル関係の知人から連絡があり、ここの会にもちょくちょく出入りしていた友人が亡くなった、という話を聞いてしばらく呆然としておりました。

この方とは4年弱ぐらいの付き合いで、ここのクイズサークルに遊びに来てくれたのが最初でした。連絡してくれた知人がボードゲーム系のサークルにも出入りしていて、そこでの20年来の友人だったことが縁でちょくちょく遊びに来てくれるようになった方でした。それと、幾つかのボードゲームのサークルや、クイズサークル、クイズの会とかにも顔を出していて、年に数回程度顔を合わせたり、よそのサークルでクイズをやったり、それとネットでのSNS(主にmixiとTwitter)での付き合いが主、でした。

何より気の良い人で、私自身とは水曜どうでしょうとか野球・サッカーなどの趣味が重なることが多く、(言い方が適切なのかどうかは悩むところですが)「座持ちが良い」陽気なキャラクターで、この人の悪口や批判は本当に一度も聞いたことがない、というタイプの人だったんで、最初に訃報に接した時には「いやいやいや…」と、顔は苦笑いという感じで言葉が続かなくなる絶句、という感じでした。どうも闘病生活を送っていたらしい、という話もあったんですが…。

実は私、趣味の世界では「同い年」の友人がなぜか少ないんですね。主に所属していたクイズサークル、そしてそのクイズサークルの前身である「さだまさしの深夜放送のラジオ番組のリスナー仲間の会(さだまさし研究会)」の中での話なのですが、私自身は昭和49年度なんですが一つ上(昭和48年度)と一つ下(昭和50年度)はトータルでそれぞれ10人以上いるのに、自分と同い年・同じ学年の人が20数年在籍していて、記憶に残ってるのがわずか5人しかいないのです。

※そのうちの1人は高3の時に人生初告白して失恋した人だったんですが大晦日に17年ぶりに再会した、という話はこちらに書きました(大汗)。逆に言えば年上・年下と常にいろんな世代が居たということにも。

で、この方は私と誕生日がほぼ2週間違いで、やたらと私が言うバカトークの際の古いネタが「わかる」んですね。クイズなんかをやっていてふとぽつりと言った言葉にうまく反応してくれたり、大ウケしてくれたり…と。

良い奴ほど先に…という格言は本当だったのか。

最終的にはいろんなサークルに出入りしたり、遠出をしたりするのが趣味の人でクイズサークルの正会員にはならずじまいだったので会うのは去年あたりはせいぜい年に5-6回ぐらいだったんですが(そして昨年の初夏に私もクイズサークルを辞めてしまいましたので)、顔を合わせると思わずニヤリとしてしまう、何か楽しいことが起きるような予感がする、という私の人生の中で稀有な友人のひとりだったので、「いや、マジか…」と、その晩はなかなか寝付くことが出来ませんでした。

一応、お通夜と告別式のお知らせも頂いたんですが、彼の住んでいる街は我が家からは最短距離でも2時間半ぐらいかかる所にあるのと、告別式の日に用事が入っていたので、「じゃ、お通夜に行こう」と決めました。私が所属していたクイズサークルに参加した人は私が在籍してた24年間で約150人(一度でも定例会に参加したのみを含む)。その人たちの中で(今はもう付き合いのない人もいるのでその人たちは別にしても)初めての物故者という事になり、やはり良くしてもらった縁と、同い年ゆえに「同じ時代を戦ってきた戦友を失った」感が非常に強いのです。そして42歳。本当に厄年ってあるんだな…と。そして良い奴ほど先に…という先人の格言も。

今はただご冥福を祈る次第です。というか、これを書いてても現実味が全く無く…。

以上です。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です