読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

あまりの資金難にあえいでいる、男子五輪のナイジェリア代表に高須クリニックの院長が"粋な"申し出を…。

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

Argentina v. Nigeria (4)

高須院長「僕が面倒みる」資金難のナイジェリア五輪代表を援助へ ― スポニチ Sponichi Annex 社会

いやあ粋だね、高須院長。世の中には偽善とか売名とか言う奴はいるかもしれないが、(ま、多少援助の話に裏があっても(苦笑))本当に援助してくれてそれで助かる人やチームがいるんだったらそれでもいいじゃないか、と思うんだけどね…。

リオ五輪の男子サッカーで資金難に直面しているナイジェリア代表に、高須クリニックの高須克弥院長(71)が援助を申し出た。

 同代表は、シアシア監督らスタッフ、選手に対する給与や手当が支払われていないことに抗議し、13日の準々決勝デンマーク戦(日本時間14日早朝)をボイコットする可能性が報じられていた。

 このニュースを知った高須氏は自身のツイッターで「僕が金銭的な面倒みる。メダルとったらさらにボーナス」と表明。「全員にもれなく、金メダル300万円、銀メダル200万円、銅メダル100万円を手渡す」と続けた。

 この書き込みがリツイートされ同チーム関係者へ届いた。高須氏は「僕の思いが伝わった。ナイジェリアサッカー協会口座に月曜日に20万ドル(約2000万円)振り込む」と報告した。

つーか、選手やスタッフへの給与・手当の未払いもひどいけど、五輪とはいえ優勝を狙えるぐらいの国の代表を「金がない」とか言って遠く離れた米国から南米のブラジルまでチャーター機で当日輸送、なんて思いついてそれを実行させる方がおかしいわ。そもそも国内外からそれなりのスポンサーを募って予算を集めるってのが、その国のサッカー協会の役割なんじゃね?と。

※あ、FIFA等で「当該国内の企業、もしくは当該国内に法人がある企業じゃないとダメ」っていうルールがあったとしたらそれは無理でしょうけどね。もしそうだとしたらすんません。

でもこれもナイジェリアのサッカー協会とか政府の役人どもからすれば国のメンツとか云々で渋りそうな感じもするんだけどな…。だとすればこれを足掛かりに、高須クリニックのナイジェリア国内に分院(と同時に現地法人)でも作ることにすれば。そうすりゃ高須クリニックのCMで高須氏とか西原理恵子がよくわかんないけどナイジェリア国内で仕事してるCMだって(以下略)

ところで2年ぐらい前に、あまりの経営難を見かねて、高須院長が支援を申し出てた、名古屋の大須演芸場はどうなったん…と思ったら、あっさりと演芸場の所有者サイドが断ってたんか(で昨年、どうにか営業再開したそうです)。

それにしても、なんとももったいねえ話。そこで高須院長も含めてひとりでもお旦(タニマチorスポンサー)になってもらって、更にうまく話題にして「客がなかなか来ない演芸場がどうにか世間で話題になってできるだけ客が来るように」しないとねえ(汗)。

ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 (コミックス単行本)

ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲 (コミックス単行本)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ