読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

そもそも「電話一本で結婚式二次会を予約。以後、下見にも来ない」という客からして「おかしい」だろ(呆)【追記あり】

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/92203585@N00/26544008

photo by jetalone

【悲報】イタリアン料理店に40名の予約が入るも深夜まで待っても誰も来ず 泣く泣く料理を無料で配ることに:キニ速

そもそもこの客、結婚詐欺師だったんじゃね?というぐらいのていたらくにびっくりさ。

イタリアンレストランのTwitterの投稿がちょっとした話題になっている。そのツイートは27日のもので次の様に投稿。

“【悲報】本日19時半~の貸切のご予約のお客様が22時を過ぎても誰一人来ない。。。
40名様分のお料理が泣いています。0時くらいまで片付けながら待っているので、タッパーなり持ってパンチャに引き取りに来てください。勿論お代はいただきません。心を込めて作った料理や食材様が可哀想。”

どうやら40名分の予約を入れた客が時間を過ぎても来ないというのだ。料理は既に準備しており、19時に来るはずの客は現れずこのときの時間は既に22時過ぎ。仕方なくタッパを持ってきた人に無料で配るとツイート。
その後、料理は全て無くなり無駄はなくなったようだが、お店としては赤字である。

何故このようなことになったのだろうか。実は予約を入れていたのは結婚式の二次会に使おうとしていた人達。お店の人曰く、新郎が予約を入れたのではとしている。

予約のやりとりは電話で行われ、当然1週間前に人数変更が無いかなども予約客に電話で確認。しかしこれが相手は仮予約だと思っていたようだ。

結局その後、客とは連絡が取ることが出来たようで、客側は代金を払うとしている。

このことはお店のブログにも顛末が書かれている。

てな事態に。

ちなみにお店のブログを見ると、もっと凄いことが書いてあって、

blog.pancia.net

土曜の19時半から、パンチャは貸切りのご予約をいただいておりました。
ご来店予定は40名。
待てども待てどもお客様がみえない。。。心配になり何度も何度も電話をかけるが出ない。。。
あきらめかけた20時半、やっと電話が繋がり「結婚式が遅れました、スミマセン!向かいます!!」とのこと。
ほっと胸を撫で下ろし、更に調理を進め待つこと1時間…来ない。。。電話も出ない。。。
22時になりあきらめたものの、テーブルには冷めてしまった料理の数々…

いや、それもう「確信犯」だろ(-_-;)

つーか、電話一本で予約→あとは当日で。は、ありえない。

友人筋でも結婚式のあとに二次会を開いたり、もしは披露宴だけで二次会はやらなかったりとかいろんなパターンの人がいましたが、うちら夫婦の場合は、結婚式・披露宴は親戚と親しい友人のみ、それに招待できなかった友人筋には二次会へ…という流れでやりました。というか、嫁さんの方が友人が多かったんすけどね(汗)。

一方、私の方は、主にさだまさしファンの友達と、サークル関係の友人、それとクイズサークル関係の友人…が中心で、さださんの歌をみんなで唄ったり、当時購入したばかりの早押し機使って早押しクイズやったり、ビンゴやったりと(共に上位の方には賞品を出しました)、嫁さんには悪いんですが、披露宴の準備よりも二次会の準備に頭の中身を占めていましたわ(爆)

ちなみに披露宴会場、これは嫁さんが大江千里氏の大ファンで彼の歌の歌詞で「東京タワーの見えるとこで結婚式を挙げたい」みたいなフレーズがあったんでそうで、嫁さんのリクエストで、東京・芝のメルパルク東京という郵便貯金関係のホテルでやりましたんで、二次会会場は近隣のパーティーができるようなとこを借りましたね。

勿論、両方とも電話でアポ取って、担当者の方に話聞いて案内してもらって、幹事をやってくれた面々と一緒に下見もしてもらったり…とか、結構何度か足を運んで、それなりに打ち合わせをして…とか大変だった記憶があるんですけどね。

結果、どうなったかというと、10月9日、という体育の日のハッピーマンデーの3連休の初日・土曜日にやったんですが、この年は10月だけでも2本大型台風が日本列島を襲撃した年でして、当日、首都圏に台風が直撃してえらいことに(自爆)。70人ぐらいでしたかねえ。中には、当日移動で上京された方で「新幹線が止まって東京にたどり着けなかった」という方も何人かいらっしゃったましたね…。

f:id:tony_togo:20160228195552j:plain

2次会での一枚。お店の御好意で、披露宴に続いて2次会でもケーキを用意してくださって、ケーキカットをやらせてくれました…しかもアポなしで(笑)。

で、日頃テキトーな友人の結婚式・二次会でも…。

この結婚式・二次会の約半年後、同じサークルのメンバーである「三好」さん(←あ、ハンドルネームです。本名は全く違う名前ですので念のため)のご夫妻も10年近いお付き合いの末、渡辺美里ファンつながりでできた彼女と結婚式を挙げることになり、やはりうちらと同じで披露宴と二次会を同じ日に開催することになりました。

ただ、三好さんの方は結婚式のプランそのままのような形で予約して、とりあえず酒が飲めればいいや、みたいなノリで品川プリンスホテルで披露宴をあげるんで、同じ施設内の中華レストランの個室を抑えちゃえ、ということになったようです。

ところがいざ乾杯して、腹を減らした参加者一同(確か新郎新婦を含めて30人弱だったと記憶してます)が、どっと、前方の中華料理の各種に手を付けて、料理がほぼ一瞬で「なくなった」あと…実は補充ありのバイキングではなかったんですねー。乾杯後開始5分で食い物がなくなり、あとはちびちびとお酒かソフトドリンクを飲むだけ、という凄い会になってました。

と同時にこの三好さん、日頃からテキトーな言動で皆を盛り上げている御仁でして、

f:id:tony_togo:20160228200347j:plain

後半は「証人喚問タイム」に(爆)。なんだこのピコピコハンマーわw

www.muroktu.com

そういえば以前書いてましたね、この結婚式二次会。「テメ、司会も決めてなかったんか!!」で新郎がつるし上げられそうになった、という話でしたが(失笑)。

そういえば、両方の二次会とも、料金は後払い、でしたね。

で、これを書いてて思い出したのが、私自身の結婚式二次会の時も、この事実上の幹事を任された三好さんの結婚式二次会の時も、実は支払いは「後払い」でした。たぶんそれがこの業界の慣例なのかもしれないのと、人数が当日になると変わるってのがあるんでしょうね。

勿論、披露宴は手付金を払ったか、もともとセットになっているものを先に払った…記憶があるんですが、確かこの披露宴の前日・当日は、メルパルク東京のホテルで泊まったんですが、翌朝にチェックアウトする時に、精算したんですけど(遠路の友達が泊まれるように2部屋ほど抑えてたんですね)、確かそれで結構8万円だか9万円だかの支払いがあって「うへー」となったのも覚えてますね。

ま、二次会の話に戻すと、私が支払い会計担当になったのは単純に「新郎本人で、予約を入れた当人出し、酒を一滴も飲めないから、シラフで対応してるから」というのが一番大きかったんでしょうけど、 それでも事前に「え、手付金とか払わなくていいんですか?」って聞いたぐらいなんすよね。

だって、自分の時は70人超ですしね。私の時は料理がバイキング形式で(勿論補充ありでした。ここぞとばかりに鱈腹食べたフードファイターもいたようで(苦笑))、イタリア料理のパスタとかピザとかお酒のつまみなどが出てました(ま、私は忙しくて全く手をつけらんなかったんですけど)。最初に見積もりを出されて、そこにサインとかもした記憶があるんですが、やはり怖いじゃないですか。10人とかならばまだしも、他の客よりも先に場所・時間を抑えて、音響とかも借りて、料理も供されて…で、後払いだなんて。

でも結局、手付金とかを一切払わず、皆が会場を出た後に嫁さんの方の幹事の方と二人か三人で担当さんと支払いの手続きをしたんですけど、全くトラブルもなく、台風でこれなかった人の分はきちんと引いてくれまして(私は別に構わないって言ったんですけどね…いいお店でした)、少なからず明朗会計で助かったーってのを覚えてます。

ちなみに三好さんの方は、宴会プランの設定金額が、当日の会費の半額以下ということが判明し、その後に流れた3次会で「お前、利益出すぎ。ここの居酒屋代を1000円にしろ」と交渉して多少はキャッシュバックを果たした、というオチも(^^;)

なので店側は「最低一回は店に来てもらう」ぐらいは求めた方が…。 

んでこの店のトラブルの話に戻るんですが…いやあどうも結婚詐欺みたいなインチキくさい話にしか思えないんすよねー。仮予約だか正式の予約だか知らないけど、電話一本で料理メニューまで丸投げして、当日来ないってのはそれは確信犯なんじゃねえの?と。

ゆえに、ブログを見たら「料理分のお支払いの約束をいただいております。」って書いてあるんですが、安心しない方がいいですよ。ずっと音沙汰がないと思ったら携帯電話が通じなくなる可能性だってあるわけですから(;´・ω・)

ま、本当は客側からしても、手付金を払うとかの前金を出させてくれた方が万が一にも「忘れない」し、店側からしても必要最低限の取りはぐれで済むわけですしね。

てか、なんかコメント欄を見てると店側を非難してる奴もいなくはないんだけど…そりゃ店側も、「一度ぐらいは来て打ち合わせしようや」的なことをやんわり言う必要はあったかもしれないけどさ…でも傷口に塩を塗るような行為は気の毒すぎるわ、ほんとに。

たぶん高級店とかだったらやってる店はあるんだろうけど、2割の手付金とかの慣例はこういう業界も徹底した方がいいんじゃね?と思った次第でした。はい。

追記(2016/03/06更新)

後日談が載ってましたので記事にしました。

www.muroktu.com

ま、単なる「うっかりさん」だったそうで。これは結果オーライ…なのかな?(^^;)

結婚詐欺師

結婚詐欺師

 
信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実

信頼はなぜ裏切られるのか―無意識の科学が明かす真実

 
食い逃げされない恋愛88のルール

食い逃げされない恋愛88のルール

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ