読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【VF甲府】FWニウソン契約解除、および、MFのマルキーニョス・パラナが「3度目の」加入ということに(^^;)

ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

115 Series (Kofu, Yamanashi, Japan)

【甲府】再々加入のパラナ、23日・名古屋戦出場も : スポーツ報知

マルキーニョス・パラナ39歳。誕生日の日に復帰発表とは…しかも三度目の(;゚д゚)。

J1甲府は20日、ブラジル人MFマルキーニョスパラナ(39)が復帰することを発表した。2013年4月、15年4月に続き、3度目の加入となる。ブラジル人FWニウソン(25)は契約解除となった。

マルキーニョスパラナはこの日、山梨・中央市の山梨大医学部グラウンドで行われた紅白戦で、主力組のボランチに入った。選手登録は22日に完了する見込みで、23日のアウェー・名古屋戦(パロ瑞穂)の出場は可能。佐久間悟監督(53)は「名古屋戦に出られるよう、(選手登録などを)頑張りました。半年試合から離れているため、今日は105メートル、68メートルのコートで戦術的なことを落とし込みたかった。(起用は)これから判断していきますが、選択肢が増えたことは前向きな事だと思います」と話した。

 また、ブラジル人FWダヴィ(32)が来日し、21日の練習から参加することも決まった。コンディションなどを見極め、獲得を判断する。

確かに甲府は守備が一昨年・昨年に比べてもう崩壊状態で、特に山本キャプテンが怪我してからの「惨状」を考えると、大ベテラン39歳とはいえ、甲府、しかも佐久間監督のサッカーをよく知っているマルキーニョス・パラナを獲得、というのは「攻撃チャンスよりも守備機会」の確率を思うと、まあよくフリーで空いてたよな、と言ったところなんだろうね。ここ数試合は勝てはしなかったし、失点もそこそこはあったんですが、まあ多少は…といった感じなんすけどね。

しかしさあ、まあこれがサッカーの、プロスポーツの契約社会そのもの、と言えばそこまでだけど、マルキーニョス・パラナ氏にはもし今季限りで現役引退とか契約満了となったとしても、来季も甲府に残ってもらって佐久間監督の、もしくはGMの、もしくは副社長の右腕役でもいいから、将来にわたって残ってもらってもいいんじゃねえのか?と思うような3年連続3回目のチーム加入。いや、去年も春先に外国人選手ガチャで戻ってきたんすけどね(爆)。新規のスポンサーを獲得した資金とかもあったそうで…。

※で、日本国籍取ってもらって、もし後年、甲府がピンチになれば外国人枠気にせずに復帰も(をい)

その一方で、外国人枠の兼ね合いでFWのニウソンが契約解除ということに。なかなかチーム合流時から苦労を重ねてきて、最後がこういう形で…というのは申し訳ない限り。新天地での活躍を祈ってやまない次第です。

…で、ダヴィも「来日」はするらしいんすけど?

記事の最後に書いてあったのは、とりあえずダヴィを日本に呼んで練習に参加してもらって実戦で使えるかどうかを試す…ということらしいですね。もしこれで実戦で使えることが判明した場合は、おそらくボランチのビリー・セレスキーか、FWのチュカと入れ替えということになるんでしょうかね。可能性としてはたぶん後者になるんでしょうかね。

ダヴィは2012年シーズンに城福監督1年目の時、J2得点王に輝いたぐらいの凄まじいFWだったんですが、厳密には新加入したのはその前年の2011年の後半戦の時からで、この時はまだ体調が万全ではなくてシーズン0得点だったんですよね。で、2年目大ブレイクしたらあっさり他チームに移籍されちゃったんすけど(大汗)、ここらへんはどうなるんだろうなあ。正直、何とも言えねえなあ…。

もしダヴィが実戦で使えるような存在で、ドゥドゥと二枚看板で攻めることができて、更に昨年来の守備の堅さが戻ってくれば、ひょっとしたら残留も…ということになるんでしょうけども。1-0とか2-1あたりのヒリヒリした試合展開でうまく勝ち点を積み重ねられれば、と。

ただ、外国人選手の当たりはずれの難しさはわかるけど、毎年恒例の甲府の外国人選手ガチャ。もうちょっと見定めがしっかりできるようなスタッフも育てるなり招聘するなりしなさいよ…(泣)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ