読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

五輪開催中のリオも怖いっすなー、報道関係者のバスも銃撃されるし、柔道のメダリストも海岸で殴られるしで…。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

Copacabana beach, Brazil

リオ五輪報道バスに銃撃か/国際/社会総合/デイリースポーツ online

「襲撃」ぢゃなくて「銃撃」だもんなー…。前々から治安は良くないとは聞いてたけど、開催中ですらこうなんだから…。

【リオデジャネイロ共同】五輪が開催されているリオデジャネイロで9日夜、報道関係者を乗せて移動していたバスの窓ガラスが割れ、少なくとも2人が軽傷を負った。大会組織委員会は「銃で撃たれたのか石だったのかはまだ分からない」としているが、ロイター通信は、銃弾が撃ち込まれたとする元米軍関係者の目撃者の見方を伝えた。

 6日には北西部デオドロ地区の五輪馬術センターで、報道陣用のテントに銃弾1発が飛び込む事案があったばかり。リオ五輪では治安維持が最大の課題となっている。

 ロイターによると、バスケットボール雑誌で働く元米軍関係者は「銃声が聞こえた」と証言した。

っかしこれまでも何度か夏の五輪はあったけど、ここまでってのは記憶にないなあ。ミュンヘンの時の黒い九月事件(「黒い九月」と称したパレスチナゲリラがイスラエル関係者を殺害してしまった事件)と、アトランタ五輪の最後の方に爆弾テロがあったこと…ぐらいかなあ。とはいえ、1972年のミュンヘンの時はまだ生まれてないんすけどね、私。

柔道の銅メダリストが強盗に殴られる | NHKニュース

まさか銅メダルを取るような柔道の達人まで…(;゚д゚)

リオデジャネイロオリンピックの柔道男子73キロ級で銅メダルを獲得したベルギーの代表選手が、現地で強盗事件に巻き込まれ、男に殴られる騒ぎがありました。

殴られたのは、ベルギーのディルク・ファンティヘルト選手です。

ファンティヘルト選手は8日、オリンピック柔道男子73キロ級の準決勝で大野将平選手に敗れましたが、3位決定戦で勝利し、銅メダルを獲得しました。

試合が終わったあと、ファンティヘルト選手が練習パートナーとともにコパカバーナ海岸に出かけたところ、パートナーが強盗に遭い、携帯電話を奪われました。ファンティヘルト選手は強盗の男を追いかけましたが、その際に顔を殴られたということです。

翌日、殴られた跡が残る顔で表彰台に上がったため、事件に巻き込まれたことを周囲に気付かれました。

リオデジャネイロではポルトガルの教育相など著名人も強盗事件に遭っていて、治安への懸念が深まっています。

いくら選手たちも「治安が悪い」と事前に言われていたかもしれないけど、まさか試合後のクールダウンか息抜きかは知らないけど、そこで行ったコパカバーナ海岸で練習パートナーが強盗に襲われるとは。しかも時間的には夕方の時間帯でしょう?

たぶん練習パートナーって言うぐらいだからこの人も柔道の有段者の可能性は高いわけで。むろん、強盗の方は襲う相手の素性なんか知らなくてやるわけだけど…ある意味で「お前、その気になったら半殺しどころか全殺しにされてもおかしくない相手だったぞ」というツッコミが禁じ得んわ。で、仮に正当防衛でもこの強盗をフルボッコにした日にゃ、この選手は法的には問題ないんだろうけど、アホなマスコミを含めて各方面から非難される可能性だってあるわけですしね。「黒帯の柔道家が素人に手をあげた」とかで。

…にしても本当に治安が悪いんだな。当局は何をしてんだか…。

余談

CNN.co.jp : ロシア副領事、リオで路上強盗を射殺か ブラジル報道

そりゃタイミング悪けりゃこんな感じで「正当防衛」みたいな感じで殺られるわ、路上強盗(大汗)。

(CNN) ブラジル国営通信は、ロシアの副領事が現地時間の4日午後、リオデジャネイロで路上強盗に遭い、相手の男を射殺したと伝えた。

地元メディアなどの報道によると、ロシア副領事は妻や娘と一緒に車の中にいたところを、自転車で近付いてきた強盗に襲われてもみ合いになり、相手の銃を奪って発砲したという。

ソーシャルメディアでは、この外交官が柔術を使って強盗を撃退したという未確認情報も出回っている。

一方、ロシアのタス通信はこうした報道内容を全面的に否定。在リオデジャネイロ・ロシア総領事館の話として、銃撃事件に外交官は関与していないと述べ、「リオデジャネイロに駐在するロシアの外交官や職員は全員無事で、一切関係はない」とした。

この事件について、リオデジャネイロ警察や軍警察は取材に応じていない。在リオデジャネイロ・ロシア領事館は、5日に詳細を明らかにすると話している。

ま、かの国は大統領からして全身凶器みたいなお国柄(?)ですから(苦笑)。