【VF甲府】対札幌戦。ゴラッソ2発で快勝だなんてここ3年は見た記憶がねえ…(感涙)

スポンサーリンク

【甲府】兵働弾で8か月ぶり連勝!連続完封で11位浮上(スポーツ報知)

昨日はクイズサークルの例会で埼玉まで出かけてましたんで中継は見られなかったんですが(帰りに少しだけスマホでスコアチェックはしてましたけど)…まさかゴラッソ二発も出て完封勝利まで果たしちゃうとは…(大汗)

どえらいゴールを決めてるよ兵働…(汗)

◆明治安田生命J1リーグ 第5節 甲府2―0札幌(2日・山梨中銀スタジアム)

 ヴァンフォーレ甲府は、ホームで札幌を2―0で下し、昨年8月以来の2連勝を飾った。今季新加入のMF兵働昭弘(34)が1得点1アシストと活躍。前半42分に左足で先制点を決めると、後半7分には左コーナーキックをDFエデル・リマ(31)に合わせ、追加点をもたらした。守備陣も最後まで粘り強く対応。攻守でかみ合い、今季初の複数得点に2試合連続完封となった。

 自慢の左足がさえ渡った。前半42分、MF松橋優(32)の右サイドから上げたクロスボールが相手DFにはね返されると、ペナルティーエリア外にいた兵働がダイレクトシュート。ドライブ回転のかかったボールはゴール右隅に吸い込まれた。

 柏所属だった2011年6月18日の福岡戦以来となるJ1通算17点目。「監督からクロスが入るときにはペナルティーエリアの中に入り過ぎるなと言われていた。思い切って打ちました。うれしい」。後半7分には、左からのコーナーキックをリマの右足に正確に合わせた。5月で35歳となるベテラン。自身6季ぶりのJ1となるが、まだまだ進化していることを証明した。

 30歳くらいから練習前後の時間を特に意識し始めた。「一日一日の練習も、準備をちゃんとしていないと、いいパフォーマンスが出せない」と練習前にはストレッチやゴムのチューブを使って補強して、グラウンドに出てジョギング。練習後も毎日約20分のジョギングを欠かさない。

 他のスポーツ選手のドキュメンタリー番組を見て学ぶこともある。「ダルビッシュ有選手は食事とかの知識も豊富だし、トップアスリートはそういうところまで本当に勉強してやっているんだなと」。準備、そして刺激を結果に結び付け、「J1で頑張っていけるんじゃないかなと思います」と手応えを口にした。

 主将のDF山本英臣(36)がコンディション面を考慮され、ベンチスタートとなった中、守備陣もGK岡大生(28)を中心に、昨年8月の2連勝時以来の2試合連続完封と勝利に貢献。「(大宮戦と)続けてホームでできたことも大きい。勝てたことは自信にもつながる」と兵働。順位も11位に浮上した。攻守で輝きを放った甲府が2連勝で勢いを増してきた。

スポンサーリンク

去年は全く見れなかったな、こんなミドルシュート(苦笑)

なんつーか、ほんとに今年は新加入の選手がびしっと「当たってる」感じ。兵働もそうだし小椋も、そして復帰した阿部翔平も。去年まではシュートのパターンがかなり少なく、ゴール前にクロスを上げて「打ちやすい」ボールを打つか、相手がクリアしたボールをゴール前に詰めて…というシーンが多くて「もうちょっとミドルシュートを果敢に狙ってもいいんじゃないのかな?相手も攻撃パターンを完全に見きってる感じだし」とよく思ったもんですが…開幕戦の時の松橋優のゴールといい、「そんな遠くから狙える時は狙っても構わない」というチームの統一見解がしっかりできてるのが、「うーん、今年のチームはどこか違う」って唸らされましたわ。

で、2点目のリマのゴールもまた凄かった。

あえて誤解を恐れずに書こうかな…、

こんな甲府、ここ3年ぐらい見たことねえ(爆)

すげえなあ、頭じゃなくて足で押し込むとはリマ…。で、またCK、あれも兵働だったんですが、リマもほんとは左利きなのに右足であんなゴラッソを決めるんだもんなあ(^_^;)

不調の山本キャプテンを「外せる」、そこが凄い。

で、昨日は昨年全試合出場していた田中ユースケが怪我でベンチに入らず、やはり怪我とか以外でベンチ入りした際にはほとんどスタメンで出ている山本キャプテンはコンディションが上がらずにベンチ入りはしたけど試合には出なかったんだそうですね。いや、去年までの甲府だと、多少の怪我とか不調でも無理くりに出場させて、それで更に怪我を悪化したり調子が崩れたりしてる選手が多く「野戦病院」と化してたのをよく覚えてるだけに、適材適所…じゃないですけど、「いやいや、無理しちゃいかん」と試合には出さずに調子が良い選手を起用する、という吉田監督のやり方は好感が持てますね。で、新加入した選手が過負担がかからぬようにプレーしてそれなり以上に活躍してるわけですから。ま、実際、センターバックに山本キャプテンがいなかったんで、多少バタついてたシーンもあったんですけどね。

【甲府】元豪州代表ボザニッチ、合格点デビュー!(スポーツ報知)

いやあようこそ甲府へ(笑)。

◆明治安田生命J1リーグ 第5節 甲府2―0札幌(2日・山梨中銀スタジアム)

 元オーストラリア代表MFオリヴァー・ボザニッチ(28)が合格点デビューだ。3ボランチの左で移籍後初先発し、的確なポジショニングとハードワークで堅守を支えた。「とてもエキサイティングな試合。しかも、勝つことができた。クラブ、サポーターに感謝したい」と笑った。

 札幌の右サイドにリオデジャネイロ五輪代表候補だったMF荒野が立ちはだかった。鋭い縦への突破を何度も仕掛ける相手に、左ウィングバックのMF阿部翔平(33)との好連係で封じ込んだ。「J1(の試合)はスピードがあったが、この1週間は相手の研究もしてきた。問題はなかった」と手応えを得た。

 今回はMF田中佑昌(31)の負傷により、転がり込んできた出番も、「チーム内競争が激しくなるのは歓迎だ。最善を尽くす」と闘志。献身的な背番号21が、甲府をワンランク上まで押し上げる。

長いシーズン、なかなか苦しい時もあると思うんですが…たぶん総力戦になるだろうし、何度もスタメンだったりベンチスタートになったりと繰り返すことになるとは思うんですけど、ほんとーによろしく。そして怪我には気をつけて。

…さすがに今夏はマルキーニョス・パラナ先生の再登場はない、かな?(^_^;)

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク