東京ドームのレフトスタンドの少年が山田選手の大飛球を「ナイスキャッチ」しちゃったもんだから(大汗)。

スポンサーリンク

侍山田、幻の本塁打…観客キャッチで適時二塁打に(日刊スポーツ)

ちょうど明日の朝食のお米を研ぎに台所に降りて、リビングのテレビをつけた数秒後にこのシーンが(汗)

Twitterからお借りしました(多謝)…が、これはまたどえらいタイミングでそこにいたな、少年…。

<WBC:日本-キューバ>◇1次ラウンドB組◇7日◇東京ドーム

 侍ジャパン山田哲人内野手(24=ヤクルト)が「幻の本塁打」を放った。

 同点の4回2死二塁。山田の打球は左翼スタンドインし、勝ち越しの2ラン本塁打かと思われた。しかし審判団が集まり審議。ビデオ判定の結果、二塁打と判定された。左翼スタンドの観客が打球をフェンスより前でキャッチしていたため、スタンドインが認められなかった。適時二塁打となり、勝ち越しには成功した。

 山田は「前の打席はチャンスで打てなかったので、今度こそはという気持ちで打席に入りました」とコメントした。

スポンサーリンク

いやいやいや(汗)。

「まーた、ジャストポジションなとこにいたな、少年」って感じ(失笑)

ま、何年かに一回はこういうシーンを見かけるんですけどね。今回はこの少年、フェンスのかなり前にグローブ差し出してポンとキャッチしちゃったから、たぶんこれ、触ってなかったらフェンスに当たって2ベースになってたんでしょうけど。

でもこれにテレビの視聴者とかは激怒してまして…早々と「正体を特定」されてる始末。いやいや、そういう仕事だけはやたらと早いんだな(爆)

そりゃまあ「つまみ出され」ますわな。

※一応、「少年の身元特定」してるまとめサイトもあるらしいんですが、そこはまあリンク貼らないでおきますわ。

出禁かなあ。勝ったら始末書で勘弁してやってくれねえかなあ。

もっともこの後に、ソフトバンクの松田選手のホームランも飛び出して「この少年のせいで負けた(=ヤクルトの山田選手のホームランがホームランだったら勝ってたのに)」という事はなさそう。いや、ないように頑張ってやってくれ。下手したらこの少年、出入り禁止になるかもしれないが、まあもし勝ったら始末書と説教だけで勘弁してやってくれ、と。

あとTwitter見ててお茶吹きそうになったのは、

ぶははははwww

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク