【千葉ロッテ】エース涌井、西武にも強風17メートルの風にも負けずに(感涙)

スポンサーリンク

【ロッテ】涌井、風ニモマケズ今季初勝利…最大17メートルの強風(スポーツ報知)

ほんとに幕張、試合中止になるんじゃねえの?って思ったぐらいのどえらい風でしたなー。

↑これですもん。往年の初芝清先生の守備みたいな(泣)

◆ロッテ1―0西武(15日・ZOZOマリン)

 ロッテ・涌井秀章投手(30)が、7回を4安打1失点。開催が危ぶまれ、センターポールが折れそうなほどの最大17メートルの強風にも動じず、今季初勝利を挙げた。今季初のお立ち台では「レインボーブリッジ、平井大橋、アクアマリンを通る時、気をつけて下さい!」とファンを思いやった。

 開幕から自身4年ぶりの連敗スタートも、4回にワンチャンスで奪った1点を継投で死守。「(初勝利を)ファンの皆さんより自分が待ってました。朝、大谷さんに『今日は大谷さんを使います』とLINEしたので、遠慮なく使わせてもらいました。(完封は)次回、乞うご期待です」。この日は今季初の「ALL for CHIBAデー」として、サンライズレッドのユニホームでプレー。貫禄のエースが、スタンドを赤く染めた2万156人の観衆を喜ばせた。

レインボーブリッジとアクアラインは強風で通行止めってありそーだけど平井大橋は通行止めはあまりないしな(←そこはどうでもいいわw)

それにしても涌井はいつもどおり淡々と投げてました。そしていつものように相手チームも野上投手というエース級を出してきたから打線の援護がなかなかない中で7回1失点ですし。四球が少なめでテンポが良かったのが印象的でしたね。

スポンサーリンク

サンキュー幕張!!(今季初)

ロッテ・細谷、四回に殊勲打「バント失敗があったので何とかしたかった」(サンスポ)

早くも今季2回目の殊勲打を。まさに「サンキュー幕張」(感涙)。

(パ・リーグ、ロッテ1-0西武、2回戦、1勝1敗、15日、ゾゾマリン)ロッテの細谷が殊勲打を放った。四回二死二塁から、野上の変化球を思い切り良く左前へ運んだ。

 二回無死一塁では送りバントを失敗し、捕邪飛に倒れた。名誉挽回の一打に「バント失敗があったので何とかしたかった。結果が出てよかった」とほっと息をついた。

あの強風じゃ送りバントも厳しい。ま、それを余りうるだけのいい仕事をしたんでありがとう、本当にありがとう。

↑絵になってるわー(笑)

余談

本編と話は全く関係ないんですが、おもしろネタ?をいくつか。

その1

落語家の名前を自動変換してみたら… 立川談笑(日経電子版 エンタメ!)

嫁さんが大爆笑してリツイートしてまして(苦笑)。「落語家の名前を中国語→日本語として翻訳してみた」というネタで談笑師匠、新幹線で悶絶。いいなあ(笑)。

その2

↑おい(爆)

じゃ、とりあえずこれからサッカー見に甲府に行ってきます。最高気温25度かー。4月とは思えねえ。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク