7億円超の金塊盗んだ犯人「1億数千万円返すから示談してくれ」←は?(;゚Д゚)

スポンサーリンク

<博多金塊窃盗>被害者に示談1億円提示 手配の容疑者、逮捕恐れ(西日本新聞)

うーん、ちょっと何いってんのかよくわかんないんすけど(←サンドウィッチマン富澤氏の口調でw)

福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、窃盗容疑で指名手配中の野口直樹容疑者(43)らが事件後、被害男性側に1億数千万円を提示して示談を持ち掛けていたことが24日、捜査関係者などへの取材で分かった。福岡・愛知両県警の捜査が進む中、逮捕を免れようとしたとみられる。

 捜査関係者などによると、今年に入り、野口容疑者の代理人の弁護士を名乗る人物が、東京都内で貴金属販売会社を経営する被害男性側に接触してきた。この人物に、被害者側の弁護士が依頼人について問い合わせたところ、野口容疑者らの名前を挙げたという。

報酬を巡りグループ内で仲間割れ

 容疑者側は1億数千万円の示談額を提示して「被害届を取り下げてほしい」と要望。事件後、報酬を巡ってグループ内で仲間割れしていることも明かした。

 被害男性は野口容疑者らについて「面識がなかった」といい、この交渉を通じて初めて名前を知ったという。被害男性は示談を拒否し、福岡県警にこのやりとりを伝えた。

 事件後、県警は犯行時に着用していたとみられる警察官風の上着や、金塊などを入れていた複数のアタッシェケースを山口県内で発見。服に付着したDNA型を鑑定するなどして実行犯らを特定していた。捜査の手が迫る中、逮捕されることを恐れて示談を持ち掛けたとみられる。

 事件は昨年7月8日午前9時半前、被害男性らが金塊売却のため、JR博多駅筑紫口近くの貴金属店に向かっていたところ、警察官風の服を着た複数の男に約160キロの金塊などが入ったケースを盗まれた。

 両県警はこれまでに窃盗や盗品等処分あっせん容疑で愛知県などに住む男7人を逮捕し、野口容疑者ら3人を指名手配している。

=2017/05/24付 西日本新聞夕刊=

スポンサーリンク

せめて全額分以上の提示をして「示談」を申し入れてこいよw

てか、この窃盗犯、こんな示談の方法なんかしてきやがって、

「お前ら、本当に馬鹿じゃねーの?」

としか言い様がないんだけどな。

だってこれ、電器屋とかの万引きに例えれば、20万円の商品(まあパソコンでもカメラでもなんでもいいっすわ)を万引きしたにも関わらず代理人の弁護士が「3万円の示談金で逮捕は勘弁してくれないか」って言ってくるようなもんでしょう?そりゃ店長「はい、いいですよ」…って言うわきゃねえだろ、と。

もちろん貴金属屋からすれば、いくら積んでも示談もする気はないし警察に突き出すのは当然としても、「示談」するんだったら等倍の金額か、その数倍の賠償金を持ち掛けてきて…ってのが当然じゃねえの?この弁護士も依頼されてそれを実行する際に内心は思ったんだろうな。「そんなもん、相手側が応じるとでも思ってんのか?」って。逆に貴金属屋からすれば被害額のン分の1の提示額で「逮捕だけは勘弁してくれ」なんて言ってこられたら、「足元見られた」「舐められた」って(窃盗やられて最悪な気持ちのところに、更に)気分を害してると思うけどな。そりゃ即警察にお電話するわ。

それに応じたら「保険金詐欺」を疑われるしな。貴金属屋が。

で、よしんばこの貴金属屋さんがそれ(舐めたかのような数分の一程度の示談額で)を応じたとしたら、次に疑われるのは「おい、貴金属屋。お前グルじゃねえの?」だろうしな。

たぶんこの金塊には少なからず「保険」は掛けられてたと思うし(まあ仮にこの金塊自体がイリーガルなものだったらその限りじゃないけどさ)、奪われて多少の保険によるケアがあった後にこの示談の交渉はいかにもタイミングが良すぎるし、ましてやこの商品価値のン分の1程度の示談に応じたとしたら、まあ警察は確実に思うだろうね。

お前ら、もしかして「保険金詐欺」のグルだろ?

と。ゆえに絶対に応じちゃいけないし、世の中には頭がおかしい「模倣犯」「愉快犯」もたくさんいるわけでそいつらのターゲットになっちゃうかもしれないしで。貴金属屋からすると単純に金塊を奪われただけじゃなくて、警察の取り調べにも応じたり、現場検証に立ち会ったりして商売的には時間も体力も気力も相当「削がれて」いるのは言うまでもないでしょうしね。もし保険をかけていて多少の「戻り」があってもそれじゃ全然気持ちの上じゃペイできねーよって思うのは当然でしょう。コンビニ強盗に遭ったコンビニが現場検証などで営業ができなくなって当日からしばらくは商売あがったりになるのと同じですやね。

仲間割れの自爆テロだったりして(爆)

…と、これを書いてて思い出したのが、オウム真理教の坂本弁護士一家殺人事件で、ご一家全員の遺体の埋めた場所などを供述した元幹部が、罪の意識にさいなまれた…のではなく、単純に自己保身の為に「供述」して、結局裁判では「自首」とは認められずに最終的には最高裁で死刑が確定したって話を。あの幹部は教祖からカネをだまし取ってたり、それどころか教祖をその件で脅してたりしたそーですし。

そんな事を思い出してふと考えたのが、「この示談を持ち掛けた馬鹿、もしかしたら仲間割れによる自爆テロを仕掛けたんじゃねえの?」と。ついでにこいつが被害者側に尻尾つかませて警察に捕まればこいつのリアクションがきっかけで逮捕劇につながり、結果的に「自首として認定されて、他の連中よりかは罪が軽くなるかも」みたいな助平心(?)も働いてたりしてね。

ま、たぶんそうはならないと思うけどね。だったら自分から事件発覚後に自首しに行けばよろしいわけで。いやあ刑事裁判が楽しみだ。

余談:手越…。

それとついでに話題になってたのが、

いやあ柏木由紀のお泊りの時は「うまく」事務所の力関係等で逃げ切れたけど、今回はどーなんだろうな(失笑)

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク