補償金大幅増額もいいけど、常日頃のサービスももっとしっかりしろよ、デルタ航空。

スポンサーリンク




By: m01229

デルタ航空、座席譲る乗客に百万円 定員超過時の補償金(CNN)

競業他社のユナイテッド航空が最悪手を打った後だし、こういうのでアピールする必要はあるんだろうね。無論、会社都合のオーバーブッキングを引き起こさないってことが大前提なのは言うまでもないけど。

ニューヨーク(CNNMoney) 米大手のデルタ航空は14日、定員超過となった便で乗客が座席の譲渡に応じた場合、最高約1万ドル(約109万円)の補償金を提供するとの新たな方針をCNNに明らかにした。

この種の補償金の従来の上限額1350ドルからの大幅増額で、最高額で9950ドルとなる。

搭乗ゲートなどの担当者はこれまで必要な事態が生じた場合、補償金800ドルを出す権限が与えられていたが、この金額を2000ドルにも増やす。

米国社会では現在、大手のユナイテッド航空がシカゴ国際空港で同社従業員を搭乗させるため男性乗客を強制的に引きずり出し、負傷させた騒動が大きな問題となっている。デルタの今回の増額方針はこの騒ぎを意識した格好ともなっている。

ユナイテッドは後続の便での搭乗や補償金1000ドルを提示したが、志願者はいなかったなどと説明。ただ、現場にいた乗客は提示された補償金は800ドルだったとも証言している。

米運輸省によると、航空会社が乗客の意思にかかわらず降機を求めるのは合法的な措置となっている。ただ、この場合、当該の乗客は最高で1350ドルの補償金受け取りが保証されている。

デルタは先週、拠点とする米ジョージア州アトランタで激しい悪天候に襲われて運航便の混乱が5日間続き、3500便以上を欠航する苦境に遭遇していた。その後、影響を受けた数十万人規模の乗客へのおわびなどのしるしとして200ドル相当のサービス券か2万マイル追加のボーナス特典の提供を申し出ていた。

スポンサーリンク

自社社員ファーストすぎる会社は淘汰されるべきだろうね。

もっともデルタ航空もユナイテッド航空と同じぐらい評判がアレ、という話もあるんですが、それでも競争意識もあるし、ライバル会社のていたらくを見てこのような方針を打ち出したってのはある程度の評価はしてあげたいような気もする。でも、たぶんデルタ航空も似たような話(自社の社員を乗せるためにオーバーブッキングをやらかした)というのは多かれ少なかれあるでしょうしね。たまたま今回みたいに「大騒ぎ」にならなかっただけで。

てか、保証金増額もいいけど、それ以前に荷物なくしたり、オーバーブッキングをどうにかしろよ。中国とかのLCCじゃないんだからさ。

今度はユナイテッド航空の飛行機の中でサソリが(爆)

と思ったら、同じCNNにこんなニュースも。

米ユナイテッド航空、今度は機内にサソリ 乗客刺される

うーわー最悪(・・;)。

(CNN) 乗客が強制的に引きずり降ろされた問題を巡り非難の的になっている米ユナイテッド航空の旅客機で、今度は乗客が機内でサソリに刺される騒ぎが起きた。
サソリに刺されたと訴えているのは、9日に米ヒューストンからカナダのカルガリーに向かう便でビジネスクラスに搭乗していたリチャード・ベルさん。妻のリンダさんによれば、機内で昼食を取っていたところ、頭上の手荷物入れからリチャードさんの頭の上に、何かがポトリと落ちてきた。
「夫は頭の上に何かを感じ、髪の毛に手をやると、それがディナーテーブルの上に落ちた。夫が尾をつかんだら刺された」。リンダさんはそう語る。

リチャードさんがサソリをテーブルから通路に払い落とすと、周りの乗客も気づいて騒ぎになった。
サソリはすぐに客室乗務員が捕まえて、機内のトイレに流したという。
サソリがどうやって同機に紛れ込んだのかは分かっていない。航空情報サイトによると、同機はこの日、中米コスタリカからヒューストンへの便に使われていた。
ユナイテッド航空は声明の中で、「サソリと思われるものに刺された乗客を、客室乗務員が介助した」ことを確認。乗員は直ちに地上にいる医師に連絡して指示を仰ぎ、生命に危険がないことを確認したとしている。カルガリーに到着すると、待機していた医師が診察した。
リンダさんによると、ユナイテッド航空からは12日に連絡があり、謝罪と補償の申し出があったという。補償の内容については明らかにしていない。

しかもビジネスクラスのお客さんが被害に遭うとは。

で、そもそも捕まえたサソリをトイレに流すって行為はどうなん?という説も。エコノミーのお客さんに暴力を振るうのも論外だが、「上客」とも言うべきビジネスクラスに乗ってるお客さんにこういう目に遭わせるのは…もうかなり重病なんだろうね、たぶん箍が緩み過ぎちゃって、もう手遅れなんでしょう<ユナイテッド航空

さ、このサソリ事件を「弁護」してもらおうか(皮肉)

そういえば今朝方、ヤフーでユナイテッド航空を擁護する記事を見かけたんですけど、

「オーバーブッキング」事件の何が悪かったのか

※注意:結構悪意に満ちた書き方をしてるんで胸糞悪いのが苦手な人は読まないほうが懸命です。

まあこれを書いた池田信夫という評論家の人にはぜひこのサソリ事件の一件もユナイテッド航空を「弁護」してほしいね(失笑)。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク