千葉ロッテの「五右衛門」石川投手が今季初勝利(笑)

スポンサーリンク




ロッテ一挙5点!田村「何とか石川さんに勝ちを」(日刊スポーツ)

今日はDAZNとtvkの中継を見てました。いやあ五右衛門、よく復活してくれたわー(安堵)

<日本生命セ・パ交流戦:DeNA1-8ロッテ>◇13日◇横浜

 ロッテが1-0の6回に5点を追加した。

 まず、2死満塁で三木が死球をもらい、押し出しで勝ち越し。さらに、田村龍弘捕手(23)が須田から右越えに走者一掃の適時二塁打を放ち、3点を追加した。「打ったのはカットボールですかね。しっかり踏み込んで打ったので、いったかなと思ったのですが(笑い)。いい追加点が取れて良かったです。とにかく、今日は何とか石川さんに勝ちを。それだけです。最後までしっかりリードしていきたいです」と話した。

 次の荻野貴司外野手(31)も左中間への適時二塁打で続き、この回5点目を挙げた。初回の第1打席には左翼線二塁打を放っており「打ったのはカットボールです。今日はしっかりボールを引き付けて打とうと意識して、それがいい形になっていると思います。ボールがしっかり見えています」と話した。

今日の五右衛門はどうも投げるフォームを修正できてたようで、5回裏に3者連続三振とかを決めてましたね。ストレートのキレもよくて、今季不調の原因だった「シュートが真ん中に入ってしまう」のもうまく修正してたような気がします。まあ7回に多少疲れてきたのか、その「シュートが真ん中に」入ってしまって、2連打で1失点食らってしまったんですが、その後は変化球主体の攻めに切り替えて、2アウトから荒波選手に対して、

変化球でカウントを作っていって最後はストレートでびしっと空振り三振を奪ったのは「さすが」でした。

スポンサーリンク

田村捕手の3点タイムリーはあわやホームランかと…。

それと、打線の方は今日は五右衛門を見事に援護することに成功してくれまして…

満塁からの田村の3点タイムリーが効きましたね。ま、その前に満塁から三木がデッドボールで押し出し死球というシーンもありまして、tvkでは「ターニングポイント」はそこだった、と言ってましたけど(苦笑)

いやーは今日は申し分ない試合でしたね。雨の中、よく戦ってくれたなあって選手の皆さんに感謝感謝、ですね(感涙)。

これで五右衛門もある程度の「契機」になれればいいなあ、と。少しずつ借金を返していければ。個人的には昨年の交流戦、千葉ロッテはDeNAに3タコを喰らった(筒香にサヨナラホームランとか打たれてましたし)相手だけに、千葉ロッテにとっても後半戦に向けてのいいきっかけになってくれれば、と。

▼ランキングに参加してます。クリックよろしくおねがいします。
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

スポンサードリンク