読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

Jリーグが来年から動画配信サービス「DAZN」でJ1・J2・J3の全試合を生中継することを発表したそうで…。

千葉ロッテ 雑談 ヴァンフォーレ甲府

スポンサーリンク

ヴァン君

J超大型契約10年2100億円 英企業競り上げた - サッカー : 日刊スポーツ

甲府サポとしてはこれで多少は、万年経営に苦労している甲府に少しでも放送権料的なお金が入ってきて経営が楽になってくれれば、と思うですわ。あとJ3まで生中継が見られるようになるのは嬉しいですね。

※凄いなFlickrに↑な写真も(爆)

Jリーグは20日、東京・JFAハウスで会見し、17年からの放送権について、スポーツのデジタルコンテンツ事業を展開するパフォーム・グループ(本社英国)と10年、2100億円超の契約を結んだと発表した。当初、5年総額500億円とみられたが、最終的に期間は2倍の10年、放送権料についてもJリーグが中継制作を請け負うことで1年210億円超、日本のスポーツ界では類を見ない超大型契約となった。

  Jリーグが10年2100億円超の放送権契約を結んだ。現行のスカパーJSATなどとの年間約50億円から、1年単位の比較でも4倍超。Jリーグによると日本のスポーツ放送権料で過去最高額となる。

  パフォーム・グループが提供するスポーツのライブストリーミング(動画視聴)サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」内でJ1、J2、J3の全試合が生中継される。村井チェアマンは「スポーツの新しい観戦スタイル。いつでも、どこでも、何度でも見ることができる」。テレビ中継主体からインターネット配信へと一気に方向転換。世界のサッカー界でも前例がないという。スマートフォンや携帯端末で手軽に視聴できるようになる。ファン層の拡大も狙う。

  Jリーグは11月に法人化25周年の節目を迎える。新たなパートナーと、新時代に踏み出す。村井チェアマンは会見冒頭「大転換点」と強調した。巨額の放送権料はさまざまな良い変化を生む。クラブへの配分金はJ1勢に手厚くなる。規模や集客などに応じ傾斜配分することも可能になり、より強いビッグクラブを生み出す土壌もできあがる。

  高額年俸で手が届かなかった世界レベルの名将や名選手を、再びJリーグに呼び込むことも可能になる。経営面の不安からサポーターの支持を得られないまま15年に導入された2ステージ制に、こだわる必要もなくなってくる。中継の制作費はJリーグが受け持ち権利も保有する。地方局などが、地上波中継するハードルも下がる。キックオフも原則クラブが設定できるようになるという。

  理解を得られないほどの高額で白紙撤回された、以前の新国立競技場の総工費は約2500億円だった。それに迫る大きな額を手にするJリーグは、日本のスポーツ界を変えるほどの成長を示すことができるのだろうか。村井チェアマンは「巨額の投資、実力以上の期待を頂いている。身の引き締まる思い」とした。

「パリーグtv」みたいに気軽に見れるようになると嬉しいんすけどね。

ま、最初はネットから中継見る際にディレイが気になるなーとは思ってたが、実際に去年今年とロッテ戦は「パリーグtv」で見るようになってから「いや、それほどでも」と思うようになっただけに。むしろ地上波・BS・CSだとどこのチャンネルでやってるかがわからない。チバテレビだったり、BSのTwelveだったり、NHK-BSだったりと。FOXとかテレ朝チャンネルとかだとそもそも地元のケーブルテレビだと見れない時もありますしね。ゆえにパリーグtv、物凄く助かってますわ(ただし巨人・阪神以外のセリーグ主催試合を除く)。

※ちなみに我が家は地元のケーブルテレビ(多摩ケーブルテレビ)のインターネットサービスを使ってます。なのでどうもプロバイダーはau系列らしいんすよね…。

スカパーも良いんだけどさ…いかんせんオンデマンドがな。

もっともその前は「えー、スカパーで殆どの試合やるの?ケーブルテレビに入ってても意味ないじゃん→でも仕方ねえから自宅の寝室のテレビにスカパーを導入」から始まってるのと、スカパーのJリーグパックを申し込んでると、オンデマンドでも無料で見られるんですが、これが始まった当時に「いちいちクレジットカードの番号を打ち込んで申し込みボタンを押さにゃならん」みたいなのに辟易して結局テレビで見てるので(最近は知りませんが、知人の話ではあまり変わってないという話も)。

まあ別にスカパーからこのパフォームとかいうオンデマンド会社に切り替えても別に…って思っている次第。自分としてはやはりその間にロッテ戦で「パリーグtv」を経験してるのが大きいのかなあとは思いますけどね。

で、全国ネットは無理かもしれないけど、地方局レベルでは要所要所の試合はうまくJリーグがあっせんして各地域の中継はやってほしいかな、とは思いますけどね。Jリーグが中継制作するようになるんだったら、そこらへんの融通は利きそうな気も。

それと「DAZN」は幾らぐらいになるんだろう。確かスカパーが、チューナーのレンタル代等の基本料金にJリーグパックを足して月に4000円ぐらい(Jリーグの全試合が見れます)、パリーグtvが各チームのファンクラブに入っている割引特典で月1000円ぐらい(交流戦とCS、日本シリーズの一部の試合を除くパリーグ全試合が見れます)。

できれば3000円/月ないし4000円/月程度でJ1-3の全試合がまんべんなく見れれば言うことないんですけどね。

たぶん来年はツール・ド・フランスなんかも…。

今年はスカパーで途中まで見てましたが、今年なんかはJ Sportsのオンデマンド中継でツールの放送がかなりおもしろかったそうで。我が家は寝室のテレビにスカパーを入れてるんで、2歳児の息子が寝てる横で深夜にテレビで見る羽目になるんですね(で、テレビに向かってiPhoneのカメラで撮ったりして)。一方でオンデマンド放送だったらパソコンで見れますし(プリントスクリーンとかも使えますしね)、どうも画面が4-5つぐらいあってそれをチョイスして見れるとか。

www.muroktu.com

これの「瞬間」も、幾つかある画面の中でばっちり見れたそうですしね(苦笑) 

となると、我が家からスカパーが消えるかもしれないな…。

となると、来年、スカパーを解約するかもしれませんね。チューナーやパラボラアンテナを電気屋さんに回収してもらったりとかで。我が家的にはスカパーの導入がJ2の試合も遠慮なくバンバン見れるようになり、これが甲府にハマったそもそものきっかけ(それまでは浦和をメインに応援していて、甲府は中継が見れなかったんですわ)でしたし。

我が家にスカパーを導入した頃に、埼玉の友達が自宅に遊びに来て、一緒にお菓子喰いながらなんとなくスカパーで当時のJ2の栃木対甲府戦を見てたら、物凄い点の取り合いで3対3の引き分けに終わったんですが(最後に甲府が強烈な同点ゴールを決めたような記憶が…)、

「J2おもしれー、これは最高におもしれー」

と友達と物凄く盛り上がったのを覚えてますわ。

…ま、本当は地上波でいつでも誰でも気軽に、それこそ興味がない人でもひょんなきっかけで見られるのが理想なんでしょうけどね。こればかりはさすがになんともはや。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ