読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「イギリス、EU辞めるってよ」(意味不明)

雑談

スポンサーリンク

London Docklands | England

英、EU離脱へ=欧州分裂、大きな岐路に―残留派に僅差で勝利・国民投票 (時事通信) - Yahoo!ニュース

「桐島、部活やめるってよ」のトーンで(←ちなみに私、図書館で軽く一度目を通したぐらいしかこれ知りませんが(をい))

 【ロンドン時事】英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票は、23日午後10時(日本時間24日午前6時)から全国382カ所の開票所で開票作業が行われ、BBC放送によれば、離脱支持票が僅差で残留支持を上回り、過半数に達する見通しとなった。

 1973年に前身の欧州共同体(EC)参加以来、43年にわたる英国のEU加盟に終止符が打たれる。域内2位の経済大国である英国の離脱で欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。また世界経済に大きな混乱を招くのは必至だ。

  この直撃を受けた東京外国為替市場は大混乱に陥り、「安全資産」とされる円に投資家の資金が逃避。一時1ドル=100円を突破した。英ポンドは売りが売りを呼ぶ暴落状態となった。日経平均株価も一時1300円を超えて暴落した。

  開票状況は24日早朝(同午後)現在、370地区の開票所の結果が判明し、離脱支持は51・7%(1652万7182票)で、残留支持は48・3%(1545万6908票)。離脱派を主導した英独立党(UKIP)のファラージュ党首は離脱派の勝利確実を受け、「6月23日を独立記念日にしよう」と歓喜の声を上げた。

  当面の焦点は残留派を率いたキャメロン首相の進退となる。首相は離脱となっても辞任しないと明言していたが、自ら実施した国民投票で屈辱的な敗北を喫した以上、首相の座にとどまるのは困難との見方が強い。

  イングランドの地方部で予想以上に離脱派が強く、注目区だった中部サンダーランドでも離脱派61%、残留派39%で大差となった。残留派はロンドン、リバプール、マンチェスターなど大都市部やスコットランドで強みを見せた。残留派の女性下院議員ジョー・コックス氏が殺害された事件が残留支持を後押しする可能性も指摘されたが、伸び悩んだ。

  今回の国民投票は、キャメロン首相が2013年、次期総選挙に勝利した場合に実施すると公約。昨年の総選挙で勝利し、今年2月のEU首脳会議でEU改革案に合意したことを受け、首相は残留支持を表明し投票に臨んだ。

  残留派は「離脱は英経済に大打撃となる」と主張。離脱派は、域内の移動の自由の原則により流入するEU諸国からの移民の脅威を強調した。運動期間を通じて、双方の支持率は最後まで拮抗(きっこう)する接戦が続いた。イングランド労働者階級の移民増加への反発の大きさを残留派が見誤った可能性がある。投票率は昨年5月の総選挙を超える72.2%で国民の関心の高さを示した。

確かに朝の時点では「残留派と離脱派の票数が拮抗している」というニュースを見まして「どうせ、大阪「都」構想の時みたいに残留で丸くおさまるんだろう?イギリスってお国柄は保守的なイメージが強いしな」とか思ってたら、株価が1000円以上も暴落したり「あれ?」って思ってたらこんな結果に。NHK-BSで報道特番やってて少しだけ見てたんですが、NHKのBBCも「マジか?(;゚д゚)」ってアナウンサーや解説委員の人がそういう顔をしてたのが印象的でしたわ。

「ダイアナ妃が死んだ日にクイズをしてました」

いやあ今でも思い出すのは、大学生の頃、夏休みの最後の日曜日に仲間内でクイズを、一日かけたちょっとした手間暇をかけたクイズ大会形式の企画をやっていた時に、借りてた和室会議室にテレビがあって誰かがふとテレビをつけたら「イギリスのダイアナ妃が交通事故で死亡しました」という臨時ニュースが流れてて「ええっ?」って全員でびっくりしたことでしたね。

しかもこの後、このクイズ大会の形式の企画は毎年恒例になるんですが(前年の9月が1回目で今回が2回目でした)、3年連続で「関東に台風がやってきて歌手の西川峰子の家が流された」とか「槇原敬之がいけない薬物持ってて逮捕された」だのと当日にそんなことが起きて、

「俺らがこのクイズ企画をやるたびに世間では何か事件が起きる」

というジンクスがしばらくネタになってたんですね…。最初の3年ほどは。

俺がクイズを辞めた翌日にイギリスで大事件が…。

で、この「一日かけたちょっとした手間暇をかけたクイズ大会形式の企画」ってのはこの年に意外に盛り上がり、毎年恒例になって長年続き、今年で20回目を迎えて私が「企画担当を卒業」したわけなんですね(ここ3年ほどは3月に開催されていたのですが、今年は新企画担当のもとで9月にも開催され、元の日程に戻ることになりました)。

そして、諸事情が重なり、そこの集まりじたいを退会すると決まったのが昨日だったんですが…。

www.muroktu.com

厳密に言えば「今月末から来年3月まで休会、来年4月の新年度をもって退会する…のを、休会・退会届を提出し、これが受理された」ということにはなるんですが、もう気持ち的には「(二度と行くこともないし)もう辞めた。だからたぶんクイズという趣味もこれが最後だろう」と思った矢先に、 まさか「むろかつ、えどきゅう辞めるってよ」の翌日に「イギリス、EUを辞めるってよ」となるとは(誤爆)。

いずれにしても経済的大打撃が心配ですわ。

しかしこれ、下手したらリーマンショック以来の経済的大打撃になるんじゃないんだろうか。現況では、中国経済も先行き不透明で、原油価格とかもなんとも不安定な中、「100年に1回の大不況」とか言われたリーマンショック級の大打撃を食らわないといいんですけどね…。株の投資家とか、FXでユーロ円やドル円で勝負してる人は大変そうだ。

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ