手加減を知らないというか(呆)<用具を部員に投げつけて怪我させて逮捕された部活の顧問

スポンサーリンク

After training.........

部員に運動用具を投げつけ大ケガ 顧問の臨時教諭を傷害容疑で逮捕/岩手 (IBC岩手放送) – Yahoo!ニュース

立派な「体罰」だけどな。学校としては内々に穏便に済ませたかったんだろうが…。

岩手県北部の高校に勤務する臨時教諭がおととし、顧問をしていた運動部の生徒に運動用具を投げつけて大けがをさせていたとして1日夜、傷害の疑いで逮捕されました。

 逮捕されたのは岩手県二戸市福岡の高校臨時教諭・岩崎龍一郎容疑者28歳です。岩崎容疑者はおととし8月、県北部の高校で顧問をしていた運動部の男子生徒に対しクラブ活動の後に運動用具を投げつけ、頭に全治2週間の大けがをさせた疑いが持たれています。

 警察によりますと、去年6月に県教育委員会からこの事案について相談があり、去年11月には男子生徒から被害届が出されたことから捜査を進め、逮捕したということです。岩崎容疑者は容疑を否認しています。
 岩手県教育委員会の小田島正明県立学校人事課長は「体罰ではないと聞いているが、けがをさせた事実は重大」と話しています。逮捕を受けて県教委は、2日午後3時から会見を開く予定です。

っかし今時、生徒にキレる部活の顧問ってのもなあ。一昔前の、管理教育全盛の頃の、団塊の世代やそのジュニアぐらいの頃の生徒が佃煮にするぐらいうじゃうじゃいた時代ならまだしも。生徒側だって埒が明かなきゃ教委でも警察にでも相談に行くでしょうよ。むしろ昔の方がメンツや世間体とかでそれがなかったのがおかしかったぐらいで。

スポンサーリンク

で、結局何を投げつけたん?

で、この教師は何を投げつけたんだろう。鉄アレイとか竹刀とか金属バットとかなのかなあ(運動部系だけど、吹奏楽部だって楽器を、文芸部だって本を投げられたら怪我しますしね)。全治2週間は決して軽くはないだけに、頭に当たって大事になるようなブツを投げてストライクしちゃったわけですな…愚か者が。

なぜ学校での体罰はなくならないのか:教育倫理学的アプローチで体罰概念を質す

なぜ学校での体罰はなくならないのか:教育倫理学的アプローチで体罰概念を質す

それでも、体罰は必要だ! (WAC BUNKO)

それでも、体罰は必要だ! (WAC BUNKO)

↑いかにも言いそうな二人で名前見てお茶吹きそうにw 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク