読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

本当に、永六輔が大橋巨泉を「あの世に連れて」行きやがった(汗)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

タレントの大橋巨泉さん死去 82歳 がんで闘病 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

永くはない、という話は聞いてたが…永六輔さんが連れていっちまったか、巨ちゃん。

 「11PM」などの人気番組の司会者として活躍し、がんで闘病していたタレント、大橋巨泉(おおはし・きょせん、本名・克巳=かつみ)さんが12日午後9時29分、急性呼吸不全のため死去していたことが20日、分かった。82歳だった。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻、寿々子(すずこ)さん。後日、「しのぶ会」を開く予定。

 東京都出身。早稲田大学在学中から、当時、ブームだったモダンジャズ・コンサートの司会者として活躍。大学時代は俳人としても活動し、芸名は当時の俳号から取った。

 大学中退後、ジャズ評論家や放送作家を経て、テレビ司会者に転身。「巨泉・前武のゲバゲバ90分!」「11PM」「クイズダービー」「世界まるごとHOWマッチ」などの司会を務め、軽妙な弁舌で人気を集めた。「はっぱふみふみ」などの流行語も生んだ。

 「野球は巨人、司会は巨泉」のキャッチフレーズは有名で、愛川欽也さん、長門裕之さんなど同じ昭和9年生まれの芸能人らと「昭和9年会」を結成。馬主でもあり、競馬評論でも知られた。

 マルチタレントとして活躍したが、平成2年に「セミリタイアする」と宣言し、テレビ、ラジオのすべてのレギュラー番組を降板。カナダなどで土産物チェーンを経営する事業家に転じ、その後はオーストラリア、カナダなどと日本を行き来して過ごす生活を送った。

まあ、週刊現代のコラムの最終回を読んで、これは余命いくばくもないってのはわかってたが…。昔は将棋の升田幸三が大山康晴を、先年は俳優の高倉健が菅原文太を道連れにするようにそれこそ1年-1か月の間に立て続けに亡くなって唖然とした記憶が強いんですが、わずか5日のタイミングで永六輔が大橋巨泉を連れてった、と言っても過言ではないこのタイミングに、「さすがだわ(苦笑)」と、自分の最期は自分で決めたようなこのタイミングの凄さに永六輔と大橋巨泉の凄さを見たような気がする。

私自身は、こないだ退会したクイズサークルでの司会者としてのお手本は巨泉さんでした。生放送一発撮り、撮って出しのようなクイズ企画で、当意即妙なアドリブで盛り上げ、ちょっと自分が有利な演出方法で進行しつつ、他の連中から「うるせえオヤジorジジイ」とツッコミを受ける、と言う四半世紀弱の経験はやはり巨泉さんの番組を見てた影響がかなり大きいです。そして雑学や知識も自分から吸収しなければいろんな人と絡んでいけないのも。

私にとっては、大橋巨泉・立川談志・ビートたけし・さだまさし・伊集院光…の各氏に影響を受けて今に至るんですが、いずれも共通するのは幅広い雑学への知識ならびに探究心、そして好奇心とアドリブの凄さ…だと思っている次第です。

つまり、彼がいなければ今の私は居なかったと思ってます。それゆえに「言いたい事を言って、やりたいことをやって、そして死んでいく」というこの人生は凄いな、としか言えませんわ。むしろビートたけし氏風に「じじい、ようやくくたばりやがった」と言ってた方が最大の餞けになるんではないのか、と。

合掌ともご冥福をお祈りしたい、とも言いません。私があの世に行った際に巨泉さんの番組を見るのを楽しみにしています。そしてできればどこかあの世の街角で出くわした時に声をかけさせてもらえれば。本当にありがとう、お疲れ様でした。

巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」

巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」