読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

理系の知識が無くて「悩んでる」お話(泣)

雑談 クイズとお菓子

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20160308114541j:image

理系の間違いが指摘しやすいからって日頃の鬱憤晴らしてんじゃねえよ - ポジ熊の人生記

今、息子の通院の付き添いで都内の病院にいるんですが、待ち時間が長いんでブログの記事でも、と思ったら、ツイキャスでおなじみの(?)ポジ熊氏がこんな記事を書かれてました。

ま、この記事と直接関係ある話ではないんですが、いやあ「理系の知識は一知半解で語ると、その道のプロから見ると腹立つらしいからなあ」って感じなのを、今、現在進行形で味わってる始末でして(大汗)

ここしばらく、3月20日に行う予定のクイズサークルの例会用に450問ぐらい問題を作ってるんですが、私は高校以来、ガチガチな文系で、理系問題を作るのが苦手なんですね。これに悩んでるんすわ。
 
というのは、遊びながらも勝負事なんで、例えば問題に不備があると、空気が壊れかねないんですね。ま、私がプレイヤーだったら場合によっては怒りますもの。ま、実際に怒って企画者をびびらせたことも(すんません(泣))

www.muroktu.com

↑の場合は、「使った問題集の答えがそもそも間違っている。のだが、問読みの人がそれに気づかずに」という例。こういうこともあります。

で、一番難しいのが、「別解がある」クイズ問題なんすね。名前がいくつもあるとか。一応、出題者としては、「それが正解として設定されてる理由を理路整然と、それらしく説明して」ナンボだと思ってる次第なんですが…それが理系問題だと、予備知識も基礎知識も全くないもんですから、私には「怖くて」理系問題が出せない、ということになるわけです。

と、なるとどうなるか、というと、「問題のジャンルが偏る」ということになるわけですね。つまり悩みはこれに尽きるわけです。おおまかに書くと、中学理科程度の理系問題が450問中、わすが12問。うーん、少ねえ(泣)
 
ちなみに最近は私が指摘してやらなくなってくれたんですが、中には「厳密野郎Aチーム」と、私が揶揄するぐらい、嬉々として「人の間違いを指摘するのが生き甲斐」みたいな輩もいたんですね。二、三人ほど。ま、こいつらのドヤ顔が嫌で、そういう問題を回避してきたんですが。今回のクイズサークルの例会は、私にとっては20年間の集大成のようなもんで、「あいつの出すクイズ問題は傾向と対策がわかりやすい」みたいな事にはしたくないんすよねえ…と、なると、いっそ中学理科の知識問題であと60問ぐらい作った方がいいのかなあ、と、悩んでる次第です。
 
うーん、もうちょっと物理と化学をまじめに勉強してりゃあ良かったなあ。中学理科の記憶が殆ど残ってねえ(泣)
図でわかる中学理科 1分野(物理・化学)―中1~中3 (未来を切り開く学力シリーズ)

図でわかる中学理科 1分野(物理・化学)―中1~中3 (未来を切り開く学力シリーズ)

 

 

 

2時間でおさらいできる中学理科 (だいわ文庫)

2時間でおさらいできる中学理科 (だいわ文庫)

 

 

 

やさしくまるごと中学理科: DVDつき

やさしくまるごと中学理科: DVDつき