読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

大泉洋が車寅次郎を演じる「男はつらいよ」は、一度は見てみたいような気がする(笑)

雑談 水曜どうでしょう

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/92316257@N00/388070946

photo by cinefil_

山田洋次監督 大泉洋の寅さんに太鼓判/芸能/デイリースポーツ online

つーか、「主人公・寅さんを演じてほしい俳優」のアンケートなんか取ってたのか、リサーチ会社。いい仕事するじゃないか(爆)

「男はつらいよ」シリーズの山田洋次監督(84)が19日、東京・葛飾柴又にある寅さん記念館のリニューアルセレモニーに女優の竹下景子(62)と登壇。リサーチ会社による、同シリーズの主人公・寅さんを演じてほしい俳優ランキング1位となった大泉洋(42)について「いいんじゃないかな」と“太鼓判”を押した。

 故渥美清さんに継ぐ“2代目寅さん候補”のアンケートが行われていたことに「初めて聞いた」と苦笑い。喜劇俳優としての評価も高い大泉だけに、山田監督は「(オリジナルとは)別な寅さんができるんじゃないかなぁ」と、まんざらでもなさそうだった。

 シリーズで3度マドンナ役を演じた竹下も「私も見てみたい」と納得の結果。倍賞千恵子(74)が演じた寅さんの妹にも思いをはせ「さくらは誰になるのかしら」と楽しげだった。

6回目のリニューアルとなる記念館には、新たに「旅」をテーマにした鉄道コーナーが完成した。名誉館長を務める山田監督の発案で「寅さんの時代の汽車は遅く、席も固く、でも旅の味わいが深かった」と昔懐かしい空気感を再現している。

山田洋次監督をして「まんざらじゃない」って感じのが凄いな、大泉サン(苦笑)。

渥美清氏が亡くなって来年で20年ですか…。

確かになー、あの路線でできそうなのが渥美清氏の後は、風貌とかキャラクターを考えると、「釣りバカ日誌」の西田敏行氏か、せいぜいお笑い出身の片岡鶴太郎氏ぐらいしかいなかったからなあ(ちなみに西田氏も鶴太郎氏は渥美氏が亡くなった直後に2代目寅さんの噂が出たそうで…)。

そういえば、大泉サンとは大学時代からの友人でもあり、チームナックスの盟友でもある「ヤスケン」こと安田顕氏は、何かの番組で「男はつらいよ」が大好きなんだそうで、「つらい時も何かあった時も、「男はつらいよ」を見るんすよ」とか言ってましたね。(YouTubeで見た(←ん?))「ハナタレナックス」だったかで。でもあの映画にヤスケンが出ていても全く違和感がないんだけどな…。幼馴染のタコ社長とかで(笑)

ぜひやるんだったら「昭和」を舞台にやってほしい。

ただ、山田監督のご年齢を考えると、たぶん「ない」とは思うけど、もし大泉サン版の「男はつらいよ」をやるとしたら、現代劇ではなく、昭和40-50年代の日本を舞台にやってほしいなあと思いますね。「ALWAYS 3丁目の夕日」みたいに。

さすがに平成の世に、腹巻姿の口先八丁手八丁の的屋は似合わないなあ(苦笑)。寅さんがのびのびと「闊歩」できてた、あの時代を再現してほしいって感じですね。旅に出る時のSLの車内のシーンとか。

うちの親父が「男はつらいよ」が大好きでしてねえ…。

ついでに書くと、我が家では親父が、寅さん大好きで数年前にNHK-BSで放送された「男はつらいよ 全48作見せます」みたいな特集を全部録画してたぐらい大好きでして、その影響で、私もちょくちょく見てましたわー。

日ごろ、テレビを見ても本当に好きなお笑い芸人(これがドリフ、ダチョウ倶楽部、TIM、安田大サーカスという「わかりやすい、ベタな」芸人が大好き)しか笑わないんですが、何度も何度も「男はつらいよ」を見ていて、もう筋書はわかってるのに同じとこでゲラゲラ笑ってますしねえ。

たぶん大泉サンもリアクションを含めても実に「わかりやすい」芸風(?)なんで、実現すれば速攻で気に入るんでしょうね。きっと。 

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ [DVD]

松竹 寅さんシリーズ 男はつらいよ [DVD]

 
男はつらいよ 予告篇集

男はつらいよ 予告篇集

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ