読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

そりゃラグビーで対戦相手に噛みついちゃったら、長期間出場停止のペナルティも喰らうっつーの(爆)

スポーツ ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/68704767@N00/163006560

photo by jessica @ flickr

かみつきに厳罰処分 トップL東芝・徳永に6試合出場停止 ― スポニチ Sponichi Annex ラグビー

しかも対戦相手も随分と屈強としてる腕っぷしだったのにね。マウスピースしてなかったんかい。

マイク・タイソン&スアレスも真っ青のかみつき行為の処分は重かった。日本ラグビー協会は18日、東芝のNo.8徳永祥尭(23)を公式戦6試合の出場停止にすると発表した。12日に秩父宮ラグビー場であった第5節パナソニック戦の後半20分に、同選手は相手フランカー劉永男の腕を噛んだ。これがスポーツマンシップに反する行為として厳重処分を科された。
 劉は試合中に腕を噛まれたと主審に訴え、主審が東芝の選手を集めて注意をしていた。だが、その時点では東芝の誰に噛まれたのか判別しなかった。入社1年目でレギュラーをつかんだ徳永だったが、愚かな行為によって今季残り試合の出場の道は断たれた。

それにしても6試合出場停止は重いわ…。

通常のラグビー・トップリーグは、ほぼ全チームとの総当たり戦か、最初にA・Bのグループに分けて、総当たり戦→後半戦はそれぞれのリーグの上位/下位同士の総当たりのリーグ戦で行われるので、少なくてもトップリーグ16チームは15試合(自分とこのチームとは試合がないので)行われる…ハズなんですが、今年のラグビートップリーグの公式戦はW杯開催に伴う変則(短期)日程で、最初にグループを2つに分けての総当たり戦なのは同じなんですが、更にそれぞれの各グループ上位4チームは優勝決定戦のトーナメントへ、下位4チームは順位決定戦のトーナメントを戦って、更に自動降格とか入れ替え戦…という、はやばやと負けると、いつもより後半戦の試合数が少ないので、この6試合の出場停止は痛すぎる。ヘタすると、トップリーグのプレーオフや日本選手権などの6試合消化する前にシーズン終わっちまいそうな(汗)。

 

そういえば、今、テレビや雑誌など、いろんなとこに顔を出してものすごい人気があるヤマハ発動機の五郎丸歩選手も、早稲田大からヤマハに入った、社会人になりたての頃に、試合中のラフプレーがきっかけで、公式戦6-7試合ほど出場停止を喰らったことがあった記憶があったんですわ。彼も思えば、大学時代の恩師だった清宮監督がヤマハに来てからさらに凄い選手になったんだなあ、とこれを書いてて思いますなー。

ちなみにサッカーに比べると、ラグビーでレッドカードが出るというのは本当に稀で、大概は注意→シンビン(10分間出場停止。審判からイエローカードが提示されます)で済むんですが、ずいぶん前に、トップリーグが始まって数年の頃に、たまたまCSで中継見てたら、トヨタだったか東芝だったかの選手が対戦相手を審判の見てる前で思いっきり踏みつけて(たぶんスクラムから次のプレーに入る時だったんでしょうね)、レッドカードを提示されて「え、ラグビーにもレッドカードがあるの?」って驚愕しましたねー、あん時。

で、サッカーでもレッドカードを喰らうと、次の試合出場停止に加えて、後から数試合出場停止が加算されることもあるんですが(J3の相模原の森選手もシーズン終了まで出場停止というペナルティを喰らったことは以前ここの記事にも書きましたが…)、ラグビーはサッカー以上にペナルティが厳しいですね。数は多くないだけに、それこそ今回みたいにシーズンを棒に振るぐらいの出場停止とかも…。

あ、思い出した。確か今、サッカーのFC岐阜の監督をやってるラモス瑠偉氏も、読売クラブ時代に何かのペナルティで出場停止1年ってのを喰らったって話を聞いたことがありますわ。確か少年マガジンとかの「ラモス瑠偉物語」で読んだんかなあ。ある意味で懐かしく、ある意味でインパクトが残ってる話で記憶に刻まれてるなーと(苦笑)。

ラモスの黙示録

ラモスの黙示録