読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

もうちょっと芸能史・邦楽史を識ってから「一発屋」を語れよ、馬鹿(爆)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/64524019@N07/6279356219

photo by badgreeb RECORDS - art -photos

アーティストの墓場 〜1曲だけで消えた一発屋アーティストまとめ〜 | HARMONIC [ハーモニック]

おいおい、TOM★CATやCCBを入れねえで、何が一発屋まとめだ、馬鹿って記事。

つーか、

岡本真夜と稲垣潤一が「一発屋」か?

だったら一発屋の基準は「1回だけミリオンヒットを出した歌手」であって「その後10万単位程度のヒット曲はヒット曲として換算しない」って定義に替えた方がいいぞ。そしたら、さだまさしも谷村新司も松山千春も一発屋だわ(誤爆)。

※つーか、全邦楽歌手の中でミリオンヒットを達成したのは何パーセントいると思ってんだろうか。

てか、この手の記事。全てが悪いとは決して言わないが、最近ブログ系(ここのブログは違うみたいだけど、「はてなブログ」なんかは特に)でこういう記事大杉。

例えば「俺様が認める漫画100選」とかデータをダーッと羅列するだけで手間暇の大変さは労いたくなるし、楽しませてもらうと頭が下がる思いでいっぱいなんです…が、その反面、明らかに「よそでアクセス数稼いでいるから、うちでも真似しよう。パクっちゃおう」的な、いかにもPV狙いで中身がスッカスカ、みたいな。

そこの柳の下に20匹もドジョウはいねえんだよ、と(爆)。

本当に「おお、この人はそのジャンルの歴史や経緯をわかって記事を「作って」いるんだな」というのは素人でも読めばわかる。質量的にチョイスやその解説からして「重厚感」が違うもの。

ただ、「書くな」とは言いませんけどね。だけど、「俎板」に上げるんだったらまずはれ(「知れ」ではないです。知識の「識」の方ですね)」と言いたいですね。生半可以前の事しか書けねえで恥を知れって感じ(たぶんこの人、俎上に上げた歌手の曲の半分も聞いた事ないでしょうね。検索してYouTubeのリンク貼ってはいおしまい、みたいな感じなんでしょう)。

それにそれぞれのファンにも失礼だしね、これ。リスペクトも何もない。

 

※なお例によって意見には個人差があります(byさだまさし←をい) 

一発屋

一発屋

 
誰が一発屋やねん!!

誰が一発屋やねん!!

  • アーティスト: オムニバス,リック・ディーズ,アレッシー,C.W.マッコール,バリー・デ・ボーゾン,フリジド・ピンク,マウス&マクニール,コーベン,ティン・ティン,ボビー・ブルーム,クレイジー・ワールド・オブ・アーサー・ブラウン
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1997/12/21
  • メディア: CD
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)

お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫)