読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

サガン鳥栖は、「ドイツの鬼軍曹」マガト監督を招聘するらしい…大丈夫なん?(汗)

スポーツ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/19407337@N00/15263315627

photo by Morten Skovgaard

鳥栖新監督にマガト氏就任へ BミュンヘンなどV - J1 : 日刊スポーツ

確か鳥栖は2期連続赤字で次赤字になったらJ3降格になるってんで、Jリーグから経営状態の是正を求められてた記憶があるんだが…大丈夫なのか?(;゚д゚)

J1鳥栖の来季新監督にブンデスリーガの強豪、Bミュンヘンなどで監督経験のあるフェリックス・マガト氏(62)の就任が有力となっていることが1日、サッカー関係者への取材で分かった。契約の細部を詰めている段階で、今月中にも来日する方向で調整している。
  ドイツ人のマガト氏はBミュンヘンやウォルフスブルクでリーグ優勝の実績を持つ。選手に厳しい練習を課すことで知られ、ウォルフスブルクで長谷部誠、シャルケでは内田篤人の日本代表選手を指導したこともある。
  鳥栖はJ1で4年目の今季、森下仁志監督(43)が率い、年間11位で残留を決めたが後任について人選を進めていた。

まあとにかく練習が厳しいらしいですわ。で、検索して調べてみたら

あのマガト監督のスパルタ・トレーニング:Never Give Up:So-netブログ

うーん、サガン鳥栖の選手たち、ついていけるのか??

ま、あまりに厳しすぎて選手と首脳陣との軋轢もいとわないって意味では、先般、ラグビー日本代表を率いて南アフリカに大金星を挙げたりしたエディー・ジョーンズ氏と近いのかもしれませんね。

実際、ラグビーの方も、「日本代表の選手たちは少しぐらい心身ともに追い込んでも大丈夫」てな感じで、あまりにトレーニングがハードで(国内外のトップリーグの主力として活躍してる選手をして「きつい」と言わしめるレベルだったそうで…)、本当にチーム内での諍いも少なからずあったらしいですし…。 

となると、たぶんラグビーに例えると、親会社がなくて予算があまり多くないクラブチームの釜石シーウェイブスが、南アフリカのプロチームから引き抜いたイングランド代表のヘッドコーチに就任したエディー・ジョーンズ氏…を更に引き抜いたぐらいの衝撃度(意味不明)。決して年俸だってお安くない金額でしょうし、たぶんラグビーのチームでいえばこんぐらいのチームの運命をかけた大挑戦・大ギャンブル…を、サガン鳥栖は「仕掛けた」んだろうなあ。

同じような予算があまり多くないチームであるヴァンフォーレ甲府を応援してる自分としては「いや、鳥栖ちゃん、本当に大丈夫?」って感じですわ…。

限界を超える―サガン鳥栖躍進の秘密

限界を超える―サガン鳥栖躍進の秘密

 
世界一観客の集まるサッカーリーグ ブンデスリーガ事情通読本

世界一観客の集まるサッカーリーグ ブンデスリーガ事情通読本

 
エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡――

エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡――

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ