読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「酒に酔ってふざけて書いた」…という「最悪手」な言い訳を<「同性愛は異常」の海老名市議(爆)

ツッコミ

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/77351046@N00/5572524452

photo by edd.ie

“同性愛は異常”海老名市議「酒に酔って」(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

とことんわかってない奴なんだな。つーか、むしろ鎮火するよりも延焼させるつもりでやってるんではあるまいな?(失笑)

神奈川県海老名市の市議会議員が、ツイッターに同性愛の人たちを差別する書き込みをしていたことが分かった。取材に対し議員は「酒に酔ってふざけて書いた」と話している。

  書き込みをしていたのは海老名市議会の鶴指眞澄議員で、ツイッターに「マスコミに報道された人物は優越感が出る。一例が同性愛だ。生物の根底を変える異常動物だ」などと、差別的な書き込みをしていた。これに対しツイッター上では批判が相次ぎ、鶴指議員はすでに書き込みを削除している。

  鶴指議員は29日夜、日本テレビの取材に対し「酒に酔ってふざけて書いた」と釈明した。

  鶴指議員「大変ご迷惑をおかけしたこと、深くおわび申し上げます。申し訳ございませんでした。夜中過ぎに(ツイッターを)掲載したときでございまして、だいぶそのときはお酒を飲んだときでありましたし、まぁ、少々ちょっと飲みすぎました」「本当に私自身としては軽はずみに、ふざけ半分でちょっと掲載してしまった」「普段は全く(同性愛について)深く考えてもいませんし、一切、ツイッターで掲載したような考えは一切持っておりません」「本当に軽はずみで書いてしまったということでありますので、辞任する気持ちは全くございません」

  鶴指議員は、議員辞職はしないとしている。

はいはい、最後は議員辞職するという「フラグ」なんですね、わかります(爆)。

それにしても本当にこの人は「わかってない」んだなあと思うのは、こういう事をやらかしたこともさることながら、撤回はしない、と言い始めたり(結局大事になって撤回しましたが)、そのあげくに「酒に酔って(やったから日頃の素面の私には責任はない)」という言い訳をして「どうなるのか」が、全く読めてないし考えたこともない。そんな「愛国無罪」みたいな事を言ってシャレで済んだ奴らが何人ぐらいいるのか…ってちょっと自分の持ってるスマホとかでグーグル検索でもすればわかるってもんだろうがよ、と。

…もっとも、この人は、撤回する前の前段階では、NHKの首都圏ニュースの項目に出た段階では、「自分の意見は撤回しない」と、のたまってたわけですが、それはいわば「酒に酔ってたとしても俺の意見は俺の意見だ」と言ってるのと同じなわけで、ははーん、確信犯ですね、と(苦笑)。

つーか、本当にこの人が酒を飲んでツイッターに書いたのかどうかすらわかってねえし。まあこの手の事をやらかす人が必ず陥る、「いつものパターン」だね、これ。

悪用禁止! いますぐ使える大人の言い訳大全

悪用禁止! いますぐ使える大人の言い訳大全

 
脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)

 
いい訳しない生き方。

いい訳しない生き方。