読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

【J2-3入れ替え戦第1戦】町田vs大分戦をスカパーで視てた。

雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/63518505@N00/8029404262

photo by Tie Guy II

町田ホームで先勝、4年ぶりJ2復帰王手!大分はJ3初降格が現実味 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

入れ替え戦の第1戦。J3の町田ホームでの試合でした。

J2の21位・大分とJ3の2位・町田が対戦する「J2・J3入れ替え戦」は29日、町田市立陸上競技場で第1戦が行われ、ホームの町田が2―1で勝って2012年以来4年ぶりのJ2昇格に王手をかけた。第1戦で敗れた大分は、J1で戦った13年からわずか2年でクラブ初となるJ3降格が現実味を帯びてきた。

 試合は立ち上がりからホームの町田が主導権を握り、前半7分にはFW戸島のヘディングシュートが左ポスト直撃する惜しい場面も。しかし先手を取ったのは大分で、同22分、MF松本の右FKをペナルティーエリア内でDFダニエルが頭で合わせ、アウェーで1―0のリードを奪った。町田は前半終了間際のロスタイム、左サイドでボールを受けたFW鈴木孝が左足で見事なハーフボレーを突き刺して試合を振り出しに戻した。

 町田は後半27分には、鈴木孝がドリブル突破から左へパスを送り、グラウンダーの折り返しをスライディングで押し込んで勝ち越しに成功。大分は同31分にDF若狭が警告2回で、終了間際の43分にはDF鈴木が一発レッドで相次いで退場となるアクシデントもあり、反撃の機会もないまま敵地で敗れた。

 大分は最下位に沈んでいた6月に田坂和昭前監督(44=前J1清水監督)を解任。後任に強化・育成部長を務めていた柳田伸明監督(44)が就任して最下位からは脱出したが、最後に4連敗を喫して入れ替え戦に回る21位でシーズンを終了し、試合後には青野浩志社長(59)が成績不振を理由に年内で引責辞任することを表明していた。

 大分が降格すると、J1経験チームのJ3降格は史上初。また、大分は2008年にナビスコ杯で優勝しており、国内主要タイトル獲得チームのJ3降格も史上初の屈辱となる。

大分にいるパウリーニョとダニエルは甲府が2010年にJ2で2位、2011年にJ1にいた時にプレーしてた選手でもあり、大分側目線で見ていた。

しかしまー、町田の逆転勝ちにも「おおっ」と思ったんですが、それ以上に

大分の2人退場にびっくりした(汗)

ただ、町田の攻撃のキレがよくて2得点とも「うまいなー」と唸らされた得点シーン。大分の2選手の退場はその後だったんすけどね。ただ1人目のスローインを邪魔したってんで2枚目のイエロー→退場は厳しいなーとは思いましたが。

 

で、次は大分ホームでの第2戦。勢いだけ見てると完璧に町田なんすけども、果たして一昨年にはJ1にいた、大分がこのままJ3まで一気に落ちてしまうのか…。それにしても3年前は、残念ながら最下位でJ3に落ちることが決まってしまった町田と、J1昇格プレーオフで6位ながらも京都に爆勝して、更に決勝で千葉に勝ってJ1に昇格した大分…が入れ替え戦で戦う事になるとは…。しかも町田は3年前は大分に全く歯が立たなかったらしいですしね。

なお、備忘録的に書いておくと、FC町田ゼルビアのゼルビアってのは、町田市の木であるケヤキの「zelkova」(ゼルコヴァ)と、花・サルビア「salvia」を合わせた造語…だそうです。※で、冒頭の画像は「zelkova(けやき)」で検索してきました(をい)

FC町田ゼルビアの美学―Jリーグ昇格を勝ち取った市民クラブの挑戦

FC町田ゼルビアの美学―Jリーグ昇格を勝ち取った市民クラブの挑戦

 
大分トリニータ シーズンレビュー2012 [DVD]

大分トリニータ シーズンレビュー2012 [DVD]

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ