読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「細かすぎて伝わらない」冒頭陳述(をい)<元ボクサー対ち×こ切られた弁護士の事件の裁判

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

http://www.flickr.com/photos/63316539@N03/6129855811

photo by cali.org

男性と妻が肉体関係、トラブルに 弁護士傷害事件 - 社会 : 日刊スポーツ

いいじゃねえか、全てオープンにして裁判でシロクロつけようや…ぢゃ駄目なのね(爆)

弁護士の男性(42)の下腹部を傷つけたとして、傷害と銃刀法違反の罪に問われた元法科大学院生小番一騎被告(25)の第2回公判が26日、東京地裁であり、検察側が初公判で認められなかった冒頭陳述をやり直した。
  冒頭陳述によると、被告と妻は2012年に結婚。妻は14年から男性の法律事務所で専属事務員として働いていた。男性と妻が肉体関係を持つようになったことからトラブルに発展し、被告が事務所を訪れ、事件になった。
  10月の初公判で被告は起訴内容を認めたが、検察側が冒頭陳述をしようとした際、弁護側が内容について不相当だと主張。安東章裁判官が「詳し過ぎで、事件との関連性は薄い」と見直しを求めていた。
  起訴状では、8月13日午前7時40分ごろ、東京都港区虎ノ門2丁目の法律事務所で男性の顔を数回殴った上、はさみで下腹部を傷つけて大けがを負わせたとしている。(共同)

ま、この事件、

raity.hateblo.jp

「よほど生々しくてオープンにするのがきつい」のか「ち×こ切られた弁護士の非の方がありすぎて、オープンにすると明らかに被告人側(=奥さん寝取られてち×こ切った方)に有利になる」のか…と思ってたら。こんな理由で冒頭陳述が流れたのか(苦笑)。 

ま、でもこの被告人大したもんですわ、どこかの県議と違って、正々堂々(?)、ドタキャンしないで裁判に来るんだしなー(←そこを褒めるなw)

raity.hateblo.jp

※ま、たぶん拘置所とかに勾留してる可能性もあるんでそしたら「当然」なんすけどね。 

以下はあくまでも「憶測」ではありますが…。

しかし実際はどうだったんだろうね。「奥さんの虚言でキレたダンナが弁護士を襲った」のか「単純に弁護士が女ったらしで、手のつけた女性の、そのダンナがたまたま元ボクサーみたいな怖い人だった」のか。にしても「詳しすぎて、事件との関連性は薄い」って、まさに「細かくて伝わらないモノマネ」じゃないんすから(爆)。

でもさ、こういう刑事裁判の原則にも「疑わしきは被告人の利益に」っていうのがあるぐらいなんだから、うーん、よっぽ被害者側に「何か負い目」があるのかなぁと勘ぐってしまうわー。これで判決が「(ち×こ切られた被害者側に配慮しすぎて全てをぼかしにぼかしまくって)なんかよくわかんないけど、何はともあれキレた元ボクサーが悪いになりそーで怖い。いや、話し合いの最中にブチ切れてフルボッコにした挙句、ち×こ切った方もそりゃ悪いんだけどさ、そもそもこの事件に至った因果関係は?、とね(;゚д゚)

 

…あれ、この事件がきっかけで名言となった「ち×こを切られた弁護士」ってキーワードは勿論今年のユーキャンの新語・流行語大賞に(←やめなさいw)

日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた

日本人の9割が思い違いをしている問題にあえて白黒つけてみた

 
有罪×無罪

有罪×無罪

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ