読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

自称「クレーマー処理の達人」の俳優・内山麿我氏、東京ディズニーリゾートを説得できず(爆)

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

f:id:tony_togo:20151123211518j:plain

内山麿我、ディズニーに怒り爆発「調子のってるんじゃねーか?」

そもそも入場規制がかかるような大混雑の日に行こうと思っちゃダメでしょ、しかも貰ったタダ券で(爆)

タレントの内山麿我(31)が23日、自身の公式ブログを更新し、東京ディズニーリゾートへの“怒り”をあらわにした。

 内山は「ディズニー、むかついた」の題でブログを更新。内山は9月に「東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ」で、3月に入籍した妻と挙式しており、「ディズニーで式を挙げると1日入場パスを、もらえる」と、その際に特典としてチケットを受け取ったことを説明。その上で「本当は挙式の日にミラコスタ泊まった時にディズニー行きたかったけど お腹にメロンちゃん(娘)いたからまた改めてくる事にした。それで行ったのが今日!!メロンちゃん連れて出産後初めての家族デート!」と、チケットを利用して入園しようとしたことをつづった。

だが「ウキウキでペアルックして、入ろうとしたら入場規制キョロキョロ 結婚式の特典のチケットだーい! 印籠のように見せたら、キャスト『こちら入場規制中は使えないチケットとなります』って」と、チケットは使用不可だったことを知ったという。あきらめ切れない内山は「事情を説明して、なんとか交渉。「これはそう言う特別なチケットで、その時は臨月で歩き回って陣痛来たら大変だから行けなかった。何百万も払ってあげた挙式で、一回挙式して我が物顔でしゃしゃり出てるわけじゃない。一度の結婚式で来れなかった入園パスを今日にしただけ。仮に僕らと同じ状況の人がたくさんいるなら僕らはわがままだと思う。けど、そんな事はない」と、係員を説得したものの、あっさり断られたことを明かした。

 内山は「別に挙式をあげたからって上客振るわけじゃない。ただそう言う特別なチケットを、特別な今日に使いたかっただけでそれすらもダメ」と怒り心頭。その後も交渉を続け、いくつか条件を挙げられたものの、結局は合致できずに断られ続け「なんだかんだ2-3時間使ってたし、それももっと早くちゃんとした説明をされてれば早く帰ってただろうに、2回も聞いてない話で断られた」とさらに怒りを増幅させた。

うーん、長い(爆)。更に話は続くようで、

その後、担当した係員の上司からも、規則のため入園を許可できないと告げられた内山は「あーーーー、そうか。そう言う態度で来やがるのか。とびっくりです。クレーマー処理の達人の俺としては、こいつは何一つ分かってない。一般企業ならまだしも夢の国を謳う世界で、マニュアル持ち出して愛情のない断り方をしやがって本当に腹が立った」と“爆発”。「僕らの言ってることは迷惑かも知れない、けど、僕らと同じ状況の人なんて5人もいないだろうと思う、僕らを許してしまったら100人200人に説明がつかないのとはわけが違う」と力説し、「こっちの要望が通らないだけならまだしも、向こうのスタッフのミスの責任すらも何も取らない。変な話、どうとでも出来る話です。横からコソッと入れたり、なんかサービス券渡したり、『気持ち』が見えれば納得できる話です。ただ、全くなかった」と、相手の対応に不満をぶちまけ続けた。

さらに「最近のディズニー、調子のってるんじゃねーかなー?って思う。俺たちは数字じゃない。感情を持った人間で、気持ちの受け渡しこそが全てだと思う。断るにしても断り方があるし、ミスを犯しても対応の仕方がある。そこに関してあまりにもあぐらをかいてるんじゃねーか?って事」と持論を展開。「ディズニー批判は叩かれるかも知れない。けどこれは俺は偉いんだーとか有名なんだーとかそう言う事とは全く違うし、俺は自分をそんな風に思ってない。ただ、人生の大事な式を挙げて、大事な子供が生まれて、言われた通りなんとか入れる状況を整えたのに向こうのミスで何度も入れなくて それなのに、なんの対応もない。丁寧ぶった言葉で謝って追い返された。それが夢の国を謳った会社がやる事なんかな?」と疑問を呈し、「皆はどう思いますか?僕がわがままですか??」と最後まで怒りが収まらない様子で締めくくった。

えーと、誤解を恐れずに言ってもよろしいですかね…?

あんた誰やねん(誤爆)

「上客振るわけじゃない」とか書いておきながら結構「上客振って」ますしねー。ま、入場規制自体は「お気の毒」な話なんですが、わざわざ「俳優」であるご自身の商品価値を下げるような事をブログに書く必要もないのも事実なわけで。

つーか、仮にゴネて入れてもらったとしても、入場規制かかっていてどこのアトラクションもン時間待ちとか、ファストパスが取れなかったりとか、メシ喰ったりおやつ買ったりするだけでも大行列とかだったりしたら、やはり「怒り出す」んじゃないのかね?この人。

…と考えると「別のすいてる日にゆっくりお楽しみくださいよ。わざわざこんな日にチケット勿体ないですよ」と入れてくれなかったのは…見方を替えればこれもディズニーリゾートの「やさしさ」だと思うんすけどね。いかにも視野が狭いからわかんねーかなあ(苦笑)。

そうそう、我が家は9月上旬の息子の誕生日の日に、嫁さんが応募した、明治の粉ミルクの懸賞が当たって、ディズニーランドホテル一泊+1日パスポートを頂いてしまったんですが、

raity.hateblo.jp

raity.hateblo.jp

その時に使った(記事の冒頭に貼った)1日パースポート券を見て視たら、

f:id:tony_togo:20151123211529j:plain

↑ちなみに赤線は私が書きました。念のため。

これは明治からのご招待で「スポンサーパスポート」というカテゴリーだったので、入場規制がかかってても入れる類のチケットだったらしいですね。で、わざわざこの一文が書かれているってことは、カテゴリー的には「混雑時には入れない」チケットというものもある、というわけで。なんだ結局「おまけ」で貰ったチケットなんじゃん(爆)

ま、さすがに「混雑時にも入園してもいいよ」と言われたとしても、私は2歳の子供連れてそんな入場規制がかかってる日にわざわざ行く無謀なことはしませんけどね。実は私自身、昔から過呼吸症候群持ちなんでだめなんですよ、こういうン万人が行き来するようなとこは…。ましてやベビーカーを押して歩くとかなんて。

 

…ま、賛否両論になって炎上して本人にとっては不都合な展開になって「謝罪」するのがオチなのかな、と。ま、それは本人いわく「クレーマー処理の達人」らしいんで「うまく」立ち振る舞えるんでしょうな。死なない程度に頑張ってください(棒読み)

 

※ま、よくよく文章を見るとこの人は、「クレーム処理」ではなく「クレーマー処理」なんで、「クレーマーを相手に」する方ではなく、「クレーマーとしてさんざんゴネて無理を通す」達人と言う説もあるんすけどね。でもTDL相手には失敗したようですがw

現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書

現場の悩みを知り尽くしたプロが教える クレーム対応の教科書

 
知識ゼロからのクレーム処理入門

知識ゼロからのクレーム処理入門

 
アイ ラブ 東京ディズニーリゾート 2016 (My Tokyo Disney Resort)

アイ ラブ 東京ディズニーリゾート 2016 (My Tokyo Disney Resort)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へにほんブログ村 サッカーブログ Jリーグ(J1)へにほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ