読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「人生、成り行き」

贔屓の千葉ロッテ・ヴァンフォーレ甲府を中心に、四方山話を書いている雑記ブログです。あとさだまさしとかも。

人生、成り行き

「障害児にはカネがかかる」云々とぬかしてた、茨城の教育委員兼画廊氏。発言を撤回してました。

ツッコミ 雑談

スポンサーリンク

障害児の出産めぐる発言を撤回 茨城県の教育委員:朝日新聞デジタル

今日の午後、記事で書いた話の続きなんすけどね。

raity.hateblo.jp

茨城県教育委員の長谷川智恵子氏(71)が18日に開かれた県総合教育会議の席上、障害児らが通う特別支援学校を視察した経験を話すなかで、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言したことについて、長谷川氏は19日、撤回するとのコメントを発表した。

 コメント(全文)は以下の通り。

 この度の私の総合教育会議での発言により、障害のある方やご家族を含め、数多くの方々に多大なる苦痛を与えましたことに、心からお詫(わ)びを申し上げますとともに発言を撤回させていただきます。

 言葉足らずの部分がありましたが、決して障害のある方を差別する気持ちで述べたものではありません。反対に、生徒さん達の作品を拝見し、多様な才能をお持ちでいることも理解しており、美術の世界で、もっとお手伝いができるのではないかと思いました。また、生まれてきた子どもたちの命は全て大切なものであると考えております。

 今後は、教育委員として今まで以上に研鑽(けんさん)を積み、よりよい茨城の教育の推進のために微力ながら力を尽くしてまいりたいと考えております。

いや、「差別」とは全く思わなかったけどな。「リアルタイムで育児してる親をナメんな」とは思いましたが。厳密にいえば「リアルタイムで(多かれ少なかれ)障害を持った子供を育児してる親をナメんな」…ですかね。

ただ、十歩ぐらい譲って、この教育委員氏の発言が全体の流れからどういった場面で「うっかり出た」のかは読んでいる限りではわからないのは事実ですし。

それこそ朝日新聞一流(?)の「都合悪いとこだけトリミングして記事にした」のかもしれないし、本当に単純に親から受け継いだ画廊を経営してるだけで教育のことなんかわかってもいないし関心もない世間知らずが「放言」しただけなのかもしれないし。

そこらへんは正直(朝日新聞じたいが全く信用できないし)、これだけでは判断できないので、ま、すぐに「撤回」されただけでも良し、だと個人的には思う。いやこれ、東京都知事時代の石原慎太郎氏とかだったらプライドだけが無闇に高いから謝罪・撤回したくないがために更に自論をこねくりまわして更に余計な「敵」を作る事しかできない奴もいますしね。それに比べればまだ…って感じ。茨城県の障害者教育に携わっている方々への物心両面のフォローをよろしく頼みますわ。いやマジで。

 

…で、茨城県知事はどっちのタイプなんだろうかね。先ほどは安易に擁護しただけに気になるわ(失笑)

障害児者の教育と生涯発達支援(第3版)

障害児者の教育と生涯発達支援(第3版)

 
巨泉の遺言撤回 「今回の人生ではOOしない」

巨泉の遺言撤回 「今回の人生ではOOしない」

 

↑撤回つながりで(をい)。ただ、巨泉さんも結構体調的にやばいらしいんすけどね…。